凸凹を楽しもう!親子で注意欠陥な私たちの生活の工夫とは?

凸凹を楽しもう!親子で注意欠陥な私たちの生活の工夫とは?のタイトル画像

アスペルガー症候群のみならず、ADD(注意欠陥障害)を併発しているわたしたち親子。「ひとつのことに気を取られて、他への意識が削がれてしまう」「気を付けているのに忘れちゃう」こんなことは日常茶飯事。これを楽しく乗り切る方法について、まだまだ模索する日々。そんなわが家のできごとです。

8ff123b1 89ea 4ab3 86ea 071175778769 s
18346 View

落とし物をたどると、私の居場所がわかる。

「あ、やっぱりのんさんだ」

これはわたしが飲食店のスタッフとして働いていたころの話です。こう言われ、振り返ると「のんさん」ことわたしの背後には、メモの束を手にした職場の先輩が立っていました。

「メモ用紙があちこちに落ちてたんだよね。それをたどって来たらね、のんさんがいた。はい、これ。落としたよね?」

「えっ、そんなヘンゼルとグレーテルみたいなこと……あれ?あれっ……?」

わたしはあわてて制服のポケットを探りました。入れてあるはずのメモ用紙が、1枚も入っていないのです。きっと、ポケットに入れていたボールペンを落とさないようにと気を付けるあまり、ボールペン以外の物への注意が、完全に削がれていたのでしょう。

こんなことは日常茶飯事。わたしはアスペルガー症候群だけではなく、ADD(注意欠陥障害)も併発しているのです。

「あれどこだっけ?」を連発する息子

息子・ハルも同じくアスペルガー症候群でADD。診断を受けた直後は、ADDの傾向が感じられませんでした。しかし、やはり親子…。

「ねえ、ハルの帽子知らない?」

かぶってます。

「ペンケース見なかった?」

目の前にあります。

「あの漫画どこにしまったんだっけ?」

あろうことか、尻の下に敷かれてます。

故・横山やすし師匠の鉄板ギャグ「メガネ、メガネ」を彷彿とさせるような言動が、少しずつ目立つようになりました。傍から見ていれば笑い話で済ませられることばかり。

とはいえ、歯みがきをしたかどうかも忘れるので、当人にしたら不便でならない模様です。

「何かいい方法を考えないとね…」

せっかくなら楽しんで解決しよう!

思いついたのは、簡単なタスクリストの作成でした。
文字にすれば忘れにくい上に、忘れてもリストを見直せばいいのですから、私たちにぴったりだと思いました。

「今日から、やることをココに書いておくね。終わったらチェックを入れるの。そうしたらハルも不安にならないよね?」

わたしの提案を聞いた息子はなんだか嬉しそう。

「それなら忘れても怖くないし、チェックするのも楽しそうだよね!」

最初は家にあった紙にペンでリストアップするという簡単な方法でした。

「のん、これでもいいんだけどさ、もっと楽しくする方法ないかなあ?」

「そうだなあ……ぬり絵にするとか?チェックじゃなくて、やるべきことの項目を絵にして色を塗るの。歯みがきカレンダーみたいに」

「それ楽しそう!あとさ、オセロみたいにマグネットを裏返すっていうのも面白くない?」

「いいねいいね!」

せっかくなんだから発達障害の凸凹も楽しんでいきたい!という気持ちを、その日のエピソードに絡めブログにアップしました。すると読んでくださった方からも様々なアイディアが届き、息子とふたりでニコニコしながら読んだものです。
凸凹を楽しもう!親子で注意欠陥な私たちの生活の工夫とは?の画像
Upload By 鈴木希望

だけどやっぱりADD。うちら陽気なADD。

つい先日、子育て中の友人と話していたときにタスクリストの話題になりました。

「前のんちゃんが言ってたあれ、いいよね!うちの子は発達障害じゃないけど市販のぬり絵を使って真似してるよ!」

「ああ、あれか…」

「のんちゃんはどんなふうにしたの?自分でイラスト描くの好きだし、オリジナル?」

…やってない

「え?」

「もうやってない。文字のタスクリストすら作ってない。っていうか、今の今までその話忘れてた…」

「えええええ!?」


いや、やる気はあったんですよ。あったのですが…。

ぬり絵を使い果たし材料を買いに行くも、買うことを忘れて帰宅してしまい、次回こそは忘れないように、とメモをするも、メモを忘れてしまう…。

そしてぬり絵なしのタスクリストに戻ると、ついつい口頭確認の日が増えていき…とまあ、そんな感じで自然に使わなくなっていたのです。息子もADDですが、親の私もADDですので……。

相変わらず親子でコントのようなやり取りを繰り返している昨今です。

息子も慣れてきたのか以前ほどの不安感はないようですし、わたしもイライラはしないので、口頭確認でも別にいいかなと思っています。提出物など、大事なことは手書きのメモで事足りますから。

発達障害と付き合う上で大事なのは、あまり頑張り過ぎないこと…ですかね。我が家の場合は、こんな感じで楽しく過ごしています。
発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!のタイトル画像
関連記事
発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

鈴木希望 さんが書いた記事

大事な予定もすっぽかすADDの私。手帳の存在すら忘れる私に革命を起こした●●の魔力のタイトル画像

大事な予定もすっぽかすADDの私。手帳の存在すら忘れる私に革命を起こした●●の魔力

注意欠如障害(ADD)のある私は、カレンダーや手帳に予定を書き込んでも、診察などの予定を忘れてすっぽかしてしまうことがしょっちゅう。さまざ...
発達障害のこと
4419 view
2018/01/16 更新
何度目かの「はじめまして」…私の相貌失認と、その対策のタイトル画像

何度目かの「はじめまして」…私の相貌失認と、その対策

私は人様の顔をなかなか覚えられない。関心がないわけでもないし、多分、バカなわけでもない。相貌失認という疾患を持っていてね、特にこんな顔を覚...
発達障害のこと
21931 view
2017/10/13 更新
”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになってのタイトル画像

”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになって

「好きこそものの上手なれ」なんて言葉があるけれど、本当かな?好きなら必ず得意になれる?不得意なら嫌いになっちゃう?そんなことを繰り返し考え...
発達障害のこと
6380 view
2017/07/30 更新
順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?のタイトル画像

順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?

注意欠陥障害(ADD)の特性が目立ち始め、忘れ物常習犯のアホ男子化が著しい我が家の息子。彼の言動や担任の先生との会話から、「失敗しないこと...
進学・学校生活
27993 view
2017/07/12 更新
アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言がのタイトル画像

アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言が

元気なお子さんの授業参観で、ヒヤヒヤすることのある親御さんはいらっしゃるかと思います。私も息子の参観日には冷や汗を流しているクチです。初め...
学習・運動
23561 view
2017/06/30 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。