学習障害(LD)は遺伝する確率があるの?兄弟、父親、母親との関係は?【専門家監修】

ライター:発達障害のキホン
学習障害(LD)は遺伝する確率があるの?兄弟、父親、母親との関係は?【専門家監修】のタイトル画像

学習障害は親から子どもに遺伝するのでしょうか?学習障害の遺伝確率についてはいまだに明確な解答はなく、様々な説はあくまでも推測にすぎません。今回は学習障害の原因と、遺伝に関する様々な説と研究に関する情報をご紹介します。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。
目次

学習障害の原因は何?

学習障害とは、全般的な知的発達に遅れがないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力のうちいずれかまたは複数のものの習得・使用に著しい困難を示す発達障害の一つです。英語ではLearning Disabilityと呼ばれ、LDと略されることも多いです。

学習障害の原因についてもまだはっきりとは解明されていませんが、論文『ディスレクシア‐知識の概要』を執筆した、スウェーデンのマッツ・ミルベリィ教授は、以下のように述べています。
ディスレクシアが遺伝的な資質ということは、疑う余地がない。またそこに環境要因も加わることを私達は知っている。それでは最も大きな要因は遺伝だろうか、それとも環境だろうか。現在のところはまだ研究者たちは、この質問に対し完全な答えは出していない。個々のケースに対して、困難がどのような要因によるものか正確に知ることは難しいからである。
出典:https://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/library/0806_se-dx-tpb/skriv5...
ディスレクシアとは読み書きをするのを著しく苦手と感じるタイプの学習障害です。ミルベリィ教授の主張するように、なんらかの遺伝的な要因が、胎児期や出生後の脳や心身が発達する時期に様々な環境要因と相互に影響し合ってなんらかの脳機能障害を発現させるという説が主流になっています。

学習障害の場合、この脳機能障害があるのは中枢神経だと考えられています。中枢神経は脳や脊髄など体の各部を動かす機能があります。つまり、体の中の司令塔です。この脳の部分に異常がある場合、学習障害などの障害になる場合が多いとされています。

以上が学習障害の素因と症状を引き起こす原因だと考えられていますが、まだ明確な根拠は実証されていません。どの遺伝子が関わっているかや具体的な環境要因についても様々な説があり、研究が進められている段階ですが、それらの要因も一つに限定されず、人によっても違うと考えられています。

また、かつて言われていたような出生後の親の育て方や教育は原因ではないとされています。

学習障害(LD)は親から子どもへ遺伝するの?確率は?

学習障害の原因は遺伝的な素因による先天的なの脳の機能異常、中枢神経の機能障害だという説が有力だとされています。遺伝的要因ということは、親から子どもへ遺伝するということでしょうか?

学習障害について親から子への遺伝に関する確率に関する研究結果は出ていません。双生児研究や家族間研究が盛んに行われていますが数値がまちまちだったり、明確な結果はまだ分かってませんが、なんらかの関連はあると考えられています。

ただし、学習障害は、特定の遺伝子が親から子へと伝わって発現するのではありません。たとえ学習障害になりやすい体質のもととなるリスク遺伝子を親から受け継いだとしても、それだけでは発症しないうえ、そのほかの様々な環境要因と相互に影響を受けて発症するのです。そのため学習障害は単純に親から子へ遺伝するわけではないと言えます。親が学習障害だからといって子どももそうなるとは限りません。また、両親が定型でも子どもが学習障害の場合もあるのです。

きょうだい(兄弟・姉妹)で学習障害になる確率は?

きょうだいで学習障害が発現する確率も現段階ではわかっていません。しかし、遺伝的要因が学習障害の原因ではないとは言い切れないため、確率は0%ではないという見解が多いそうです。

双子のきょうだい間での研究がさかんに行われていますが、発達障害全体については以下のような報告があります。
 遺伝子が完全に一致する一卵性双生児の場合、ふたりとも発達障害をもつ割合は75~85%といわれています。もし、遺伝子のみで発達障害が出現するのであれば、100%の確率になるはずです。
 遺伝子が異なる二卵性双生児の場合は、5~10%と低くなります。
出典:中山和彦、小野和哉/著「図解よくわかる大人の発達障害」ナツメ社2010/10/13
出典:https://www.amazon.co.jp/gp/product/4816349723/ref=as_li_qf_asin_il_tl?i...
これは遺伝子が近いほど発達障害が発現しやすいが、たとえ遺伝子が完全に同じであってもその確率は100%ではないことを示唆しています。きょうだいは遺伝的な要因となりうるリスク遺伝子を体質として共通してもっている可能性があるのでこのような傾向があるものの、その他の環境要因も影響するため必ずしも一致しないのだと考えられます。

学習障害の兄・姉がいる家庭で弟・妹が学習障害ではないという場合もたくさんあります。そのため、きょうだいが学習障害だからといって子どもが学習障害になるとは決めつけられません。
次ページ「学習障害は男女で発現率が違う?」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。