発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?

発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?のタイトル画像

発達障害がある子どもの療育においてベースとなる考え方のひとつに、「応用行動分析学(ABA)」があります。行動の前にはきっかけがあり、行動の後には結果があります。そこで、行動する前と後に、効果的な工夫をすることで社会生活上の問題を解決していこうという学問と実践です。その基本概念、研究成果、ABA療育の方法などを紹介します。

発達障害のキホンのアイコン
発達障害のキホン
297236 View
目次
  • 応用行動分析学(ABA)とは
  • 自閉症とABA早期療育の歴史
  • ABA療育は誰のため?
  • ABA療育の基本的な考え方
  • ABA療育のサービスを利用するにはどうしたらいいの?
  • ABA療育は家庭できる?

応用行動分析学(ABA)とは

応用行動分析学、通称「ABA」(Applied Behavior Analysis)とは、人間の行動を個人と環境の相互作用の枠組みの中で分析し、実社会の諸問題の解決に応用していく理論と実践の体系です。

応用行動分析学の土台には、米国の心理学者スキナー(1904-1990)が創始した、行動分析学という学問が存在します。従来の心理学では、行動を起こす理由をその人自体、つまり個人に求めていたのに対し、行動分析学では、人の行動や心の動きは、個人とそれを囲む環境との相互作用によって生じると考えました。

つまり、その人の気持ちや行動の原因を、周囲の環境との関係のなかで見ながら考えましょうというものです。応用行動分析学(ABA)は、行動分析学の研究により蓄積された知見を、実社会の諸問題の解決に応用しようと試みるなかで生まれました。

応用行動分析の手法は、教育、医療、福祉、看護、リハビリテーションなど幅広い領域で成果を上げ、現在も現場での実践と、研究が進んでいます。発達障害の子どもへの療育にも応用が進んでおり、様々な成果が出ています。

自閉症とABA早期療育の歴史

自閉症のある子どもが抱える社会生活上の問題を解決するために、ABAの手法を用いた早期療育(ABA早期療育)が開発され、これまでさまざまな研究が行われてきました。

1987年、UCLA(カリフォルニア州立大学ロスアンゼルス校)のロバース博士の研究チームは、2-3歳時の自閉症幼児19名に対して、ABAの手法を用いた療育を週40時間実施。その結果、19名中、9名(47%)が知的に正常域(IQ80以上)に達し、付き添いなしで小学校一年次を修了することができました。残り10人のうち、8人は軽度の遅れのある子のクラスに、2人が重度の遅れのある子のクラスに入りました。

この研究は、軽度または中度の知的遅れのある自閉症児の社会的自立のサポートに、ABAの早期療育が有益であることを明らかにしました。その一方、週10時間未満の療育を施したグループでは有意な結果が出ず、短時間での療育では結果を出すことが難しいということも示しました。とはいえ、週数十時間の療育を家庭で行うことは、専門家の確保や経済面でも多くの困難を伴います。

なお、北米やカナダの一部ではABA早期療育の公費化が行われていますが、他の地域での公費化の動きは財政面でも難しいという現状があります。

ABA療育は誰のため?

ABAの手法を用いた療育は、自閉症のある子どもの早期療育のみでなく、学齢期などより大きな子どもにも使われています。ここからは、自閉症のある子どもの早期療育に限らず、どのようなときにこの手法がとられているかなどを紹介します。

子どものため

ABA療育は、社会生活を過ごすことに問題のある子どもたちを対象として行われます。対象としては、自閉症をはじめとする発達障害のある子どもたちも少なくありません。しかし、発達障害があるからといって、その子どもの行動すべてが「問題」とされるわけではありません。「誰にとって」「どんな」問題が起こっているのかを、具体的に考えることが大切です。

ABA療育において、解決すべき問題と捉えられる行動を3つご紹介します。1つ目は、「他者を巻き込み、周囲の活動を制限する」行動、2つ目は、「本人の学習や社会活動への参加を妨げる」行動、3つ目は、「他者や本人に危害や損害を及ぼす」行動です。

①他者や本人に危害や損害を及ぼす行動
ある男の子が「お母さんや女性に抱きつく」という行動をしていたとします。この行動は、小さいころであれば問題にはなりませんが、成長して中学生、高校生の年代になっても続いていた場合はどうでしょうか。ハグの習慣のない日本では、周囲から問題だと捉えられる確率が高くなるでしょう。また、抱きつく対象がクラスメイトや通りすがりの女性のような不特定の対象だった場合、相手にとっても大変な問題になるだけでなく、本人への不利益も大きくなりがちです。このように、他者や本人に危害や損害を及ぼす行動も問題行動と捉えることが出来ます。

②他者を巻き込み、周囲の活動を制限する行動
例えば、ある子どもが、「毎朝、お気に入りの曲を聴くことができないと、かんしゃくを起こす」ことがあったとします。しかし、お気に入りの曲を毎朝聴くこと自体はなんの問題でもなく、好みの話です。一方、「毎朝、お気に入りの曲を聞いている時に、物音がすると、かんしゃくを起こす」ことがあったとします。この場合、他者を巻き込み、周囲の活動を制限することになるため、問題があると捉えられます。

③本人の学習や社会活動への参加を妨げる行動
「積み木遊びが好きで、夢中になる」という積み木あそびへのこだわりがあった場合、それ自体には問題はありませんが、「積み木遊びに夢中になりすぎて、指示が聞こえなくなる、友達から呼ばれても反応できない」ということになると、本人の学習や社会活動への参加を妨げられることになり、本人にとって問題といえるでしょう。

上記にあげたような例を少しでも改善したり緩和したりすることができれば、結果的に子どもの自由度を広げ、周囲を守ることになるでしょう。

親のため

ABAの理解を深めることは、親へのメリットにもつながります。ABAでは、行動の理由に目を向けます。そのプロセスのなかでなぜその子がその行動を起こすのかを理解することができます。

行動の原因がわかり、子どもの気持ちを分かることができると、なぜこんなことをするのか?なんでしてくれないのか?というイライラ、悩みを減らすことができるかもしれません。

ABA療育の基本的な考え方

個と環境へのアプローチ

ABAの基本的な考え方として、対象の個人だけでなく、環境と個人のお互いの作用が行動を行動や感情を形づくると考えます。そのため、個人だけではなく、その周囲の環境(モノ、人)にもアプローチします。例えば、感覚刺激に敏感な子が、学習に集中できない場合、部屋の色や音を減らしたり、周囲の人も会話や行動を変えることで、望ましい行動を引き出します。

問題行動を減らす、無くすためには、

①原因を理解/特定すること
②適切な手法を知ること
③その手法を実施し続けること


が必要になります。ABAではそれぞれの段階において、効果的な手法があります。それぞれ見ていきましょう。

問題行動の原因を理解

問題行動のほとんどは、以下の4つの強化子、言い換えると「子どもの望み」が原因となっていることが研究でわかってきています。
 
1.要求の実現
おもちゃが欲しい、何かをやりたい、など本人の要求が問題行動の原因となっていることがあります。例えば、おもちゃ売り場で、かんしゃくを起こし、おもちゃを買ってもらえた(要求が実現した)場合、今後そのかんしゃくの行動が増えることが予想されます。

2.回避と阻止
本人がいやな状態からその場を避けることができた時、不適切な方法でも回避できたという経験が問題行動の原因となります。例えば、友達に手を握られていて、手を握られるのが不快で、友達の手を噛むと友達が離れた。この時、「噛む」という行動で不快を回避できたため、嫌なことから避けるために同じ行動を繰り返すことになります。この行動は「回避」を原因とする問題行動にあたります。

3.注目要求の実現
相手や周囲、家族や保育士の先生などの注目が欲しいという欲求が問題行動の原因になっている場合があります。例えば、友達を急に叩いた結果、先生の注目が得られた場合、その「注目」が、問題行動を繰り返す要因となる可能性があります。

4.自動強化(感覚刺激)
問題行動が生み出す刺激自体が、快を生み出して、問題行動の循環に陥っている場合があります。手をひらひらさせたり、ぐるぐるまわる、つばを出したり入れたりするなどは、退屈や不安がまぎれるという感覚刺激自体が行動を繰り返させる原因になっている場合があります。

ABC分析

問題行動の原因は、大きく4つに分けられることを説明しましたが、実際の場面ではどうやって判断したらよいのでしょうか?ABAでは、行動を理解する際に、「ABCフレーム」で行動を見ることから始まります。

「ABCフレーム」の「ABC」とはそれぞれ「A」はAntecedent = 先行事象(行動の前の状況)、「B」はBehavior = 行動、「C」はConsequence = 後続事象(行動の結果)を表しています。例えば、おもちゃ売り場でおもちゃを買ってもらえずに泣く子どもの行動をABCフレームで分析してみましょう。
おもちゃ売り場で泣く子どもの行動をABCフレームで分析した図。おもちゃ売り場[A:先行現象]+(子どもの行動)泣く[B:行動]→おもちゃを買ってもらえる(お母さんがおもちゃを買う)[C:後続現象]
Upload By 発達障害のキホン
この例の場合、Aのおもちゃ売り場という前の条件において、Bの子どもが泣く、という行動を起こすことによって、Cのおもちゃを買ってもらえるという後の事象につながっていることが分かります。

Bの行動を行うことにより、Cのおもちゃをもらうという結果につながったため、今後、この子は泣くという行動が増加する可能性があります。おもちゃを手に入れることにより前述の「要求の実現」により行動が「強化」されるためです。

強化

人は起こした行動に対する結果が望ましいものだと、以降もその行動を繰り返しやすくなります。この望ましい結果(ほうび)を与えてその行動を増やすことを「強化」と言います、またそのほうびのことを「強化子」と言います。お菓子や、おもちゃ、褒め言葉など本人が喜ぶものはどのようなものでも強化子になります。
「強化」の一連の流れを、お手伝いの後[行動]+ほめ言葉をもらい[ほうび]→よくお手伝いするようになる[行動の増加]という例あげて説明した図
Upload By 発達障害のキホン

消去

人は行動のあとにほうびとなる出来事が得られないと、その行動が減少していきます。これが「消去」です。
「消去」の一連の流れを、お手伝いの後[行動]+ほめられず[ほうびなし]→お手伝いしなくなる[行動の減少]という例あげて説明した図
Upload By 発達障害のキホン

行動の直後に不快な出来事があると、以後その行動は減少します。
「罰」の一連の流れを、お手伝いの後[行動]+叱られて[不快な出来事]→お手伝いしなくなる[行動の減少]という例あげて説明した図
Upload By 発達障害のキホン
罰には積極的罰と消極的罰があります。きつく叱ったり、叩いたりするような積極的罰は避け、ほうび(快)を取り去るのが、消極的罰です。
例、テレビを消す、ゲームを預かる、など

ABAの療育では、基本的には罰の手続きは用いません。なぜなら、罰を与える人がいない時にその行動が増えたり、他の適切でない行動が増える可能性もあるからです。このようなときは、環境調整などによって対応していくほうがよいと言われています。消極的罰を用いるのは、子どもがまだ幼く、困った行動が起きてから期間がたっていない場合などに限ったほうがいいといわれています(後で説明する消去バースト等の理由により)。

おもちゃ売り場での対応例

おもちゃ売り場で泣いてしまう子を消極的罰で対応する場合は、どうなるでしょうか。
おもちゃ売り場で泣く子どもの行動をABCフレームで分析した図。
おもちゃ売り場[A:先行現象]+(子どもの行動)泣く[B:行動]→おもちゃを買ってもらえる(お母さんがおもちゃを買う)[C:後続現象]
Upload By 発達障害のキホン
■消去と強化の組み合わせ
問題行動に対応するには、①問題行動を減らしつつ、同時に②望ましい行動を増やすことが重要です。そのため、強化と消去の両方を使いながら、望ましい行動に導きます。
問題行動への対応は、「問題行動を減らし」かつ「望ましい行動を増やす」ことであることを説明する図
Upload By 発達障害のキホン
■消去で対応する(問題行動を減らす)
消去は、「求めているものを与えない、もしくは与えられない」という状況を作ることですので、この場合、おもちゃを買わずに毅然と無視し「おもちゃが手に入る」という強化子をなくします。これまで「泣く」→「おもちゃが手に入る」→「泣く」ということに循環になっているので、これを阻止します。
おもちゃ売り場で泣くことでおもちゃを買ってもらえる循環から、おもちゃ売り場で泣いてもおもちゃが手に入らない循環に変えることをABCフレームで説明した図
Upload By 発達障害のキホン
消去を行う際には、一時的にその行動が悪化する「消去バースト」(泣く強さが強くなる、暴れるようになるなど)が発生する可能性がありますが、これも反応せずにいるといずれ消去バーストは収まるので、人のいない静かな場所に連れて行き、泣きやむで待ちます。

時間がかかる場合もありますが、要求に反応してしまうと、逆効果なので一貫した態度で対応します。(下図参照)
消去バーストが起きた時に完全に無視し続けることができないと、その困った行動を強化してしまうことがあるからです。例えば、おもちゃ売り場でおもちゃを買ってもらえず大泣きしても無視しているとします。そこで、棚を倒したり、商品を棚から落として傷つけるなどして無視し続けることが難しくなり対応してしまうと、より派手で影響が大きい行動をすれば保護者に無視されないと学びます。そうすると、次回以降は最初から影響が大きい行動をするようになってしまうでしょう。

「おもちゃ売り場に行かない」「キッズコーナーで遊ぶ」などの環境調整で対応するほうが無理なく困った行動を防ぐことができると考えられます。
問題行動を縦軸に期間を横軸にとって、困った行動に対して消去を行った場合[A]と反応を続けた場合[B]のそれぞれの行動の変容を表した図。
Upload By 発達障害のキホン
■強化で対応する(望ましい行動を増やす)
問題行動を減らすことと同時に、望ましい行動ができた時に褒めたり、ごほうびを与えることで強化を行います。強化には、様々な方法がありますが、今回は「別の適切な行動を強化する」という方法を例に挙げます。「泣かずに3回お買い物できたらお菓子を買ってもらえる」というルールを設定し、事前に子どもと合意をとります。
おもちゃ売り場での子どもの行動をABCフレームで分析した図。おもちゃ売り場[A:先行現象]+(子どもの行動)泣かずに買い物をする[B:行動]→ほめてもらえる・ごほうびがもらえる[C:後続現象]
Upload By 発達障害のキホン
このルールを子どもにわかりやすく伝えるために、ノートやメモ帳を使って、お買い物が終わるたびにシールが貯まる仕組みを作りましょう。このように、ポイントが貯まることでほうびがもらえる仕組みのことを「トークンシステム」と言います。

シールが一定数たまったら、お菓子が買ってもらえるなどのご褒美(強化子)を用意し、実際にルールを守って買い物ができたときには褒めてあげながらシールを貼り、揃った時はお菓子をあげるようにします。
子どもの特性はひとりひとり異なること、また問題行動の種類や状況は様々であるため、対応の方法は異なりますが、これらのABAの手法により、どのような原因があるのか、どう行動を起こすべきなのかがより具体的になります。

ABA療育のサービスを利用するにはどうしたらいいの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。