PECSとは?絵カードによるコミュニケーション支援の効果と内容、対象者まとめ

PECSとは?絵カードによるコミュニケーション支援の効果と内容、対象者まとめのタイトル画像

PECSとは、コミュニケーションに困難のある人を対象とした、絵カードを用いた代替/拡大コミュニケーションの手法です。この記事ではPECSの対象者や実施方法を中心にご紹介します。また、ABAやTEACCHといった他の療育方法との関係についても説明していきます。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
42666 View
目次 PECSとは? PECSはどんな人に必要? PECSの構成 PECSによる指導の土台となる、ピラミッド教育アプローチとは PECSと、TEACCHやABAとの違い・関係は? まとめ 参考文献・サイト

PECSとは?

PECS(Picture Exchange Communication System)とは、絵カードを用いたユニークな代替/拡大コミュニケーション方法です。自閉症や、その他さまざまなコミュニケーション障害のある子どもや成人が、自発的なコミュニケーションを身につけるための学習方法としてつくられました。1985年にアメリカのデラウェア州にて開発され、PECSトレーニングマニュアルはすでに14カ国語で翻訳されていて、75カ国以上で使用されております。


教師、施設職員、家族などでも簡単に作成でき、様々な場面で活用できる点がPECSの大きな特徴です。早期からPECSを使用している幼児が、発語ができるようになったケースもあります。

PECSはどんな人に必要?

PECSによる支援の対象となるのは、発語や他者とのコミュニケーションに困難がある人です。それは、必ずしも言葉を話せない人だけではありません。

たとえば、
・発語はできるけれど、誰もいない部屋で話すなど、コミュニケ―ションが他者に向いていない
・何かを聞かれたら話せるが、自分から他人に話しかけることはない
などのケースも、PECSによる支援の対象となります。

このような人たちは、PECSによって対人接近や自発的なコミュニケーションを習得することができます。すなわち、PECSとは発語できない人にとっては代替コミュニケーションの方法であり、言葉を話せる人にとっては、拡大コミュニケーションのシステムであるといえます。

参考までに、以下のチェックリストもご覧ください。質問項目を以下の番号順でチェックしていき、「いいえ」がつくかどうかでPECSの必要性を判断することができます。

①その人は何らかのコミュニケーションができますか?
②そのコミュニケーションのやり方は初めて会う人にも伝わりますか?
③その人は自分からコミュニケーションを始めますか?
④その人の言葉の使い方は適切ですか?どのように言葉をつなげるのか?
⑤その人は適切な語彙数を持っていますか?

PECSの構成

PECSは、6つの指導段階で構成されています。絵カードを用いてコミュニケーションを自発的、持続的に行うことから、対象を弁別し、文章や言葉によって要求することへと進んでいき、最終的には質問に対して自発的なコメントを促すといった流れでコミュニケーションを学んでいきます。

1. コミュニケーションの方法

まず、コミュニケーションパートナー(療育者)が、対象者が欲するアイテムの絵カードを1枚提示して始めます。対象者は、欲しいものを交換するために絵カードを拾い上げ、コミュニケーションパートナーに渡します。コミュニケーションパートナーは、そのアイテムの名前を言いながらアイテムを渡します。このフェイズを教えるためには、2人の支援者(コミュニケーションパートナーと身体プロンプター)が必要となります。

このトレーニングを行う際は、アイテムが子どもにとって本当に欲しいものになっているかどうかがポイントとなります。また、子どもが自発的に行動をしてから交換をするという点に気をつける必要があります。

このフェーズでは、コミュニケーションを自発的に行うことを目的としているため、この時点で絵カードが何を意味しているのかを理解したり、区別できていなくても大丈夫です。

2. 距離と持続性

このフェーズでは、フェーズ1で学んだ内容を般化(どんな場面でも応用できる状態に)することを目指します。対象者は、いろんな場所、距離にあるコミュニケーションブックやコミュニケーターに対して、自ら移動して絵カードを交換しに行きます。

さらに、支援者は、持続的にコミュニケーションするよう対象者を指導します。このフェーズにおいても、絵の理解や区別はできていなくて結構です。

3. 絵カードの弁別

フェーズ3では、対象者が好みのものを弁別(区別)し、選択できるようになることを目標とします。

弁別トレーニングは通常、マジックテープのついたバインダーで作ったコミュニケーションブックを使用し、2つ以上の絵カードから、好みのものとそうでないものを弁別することから始めます。その後、好みのアイテムを違う絵柄でも弁別できるように、段階を進めていきます。

4. 文構成

このフェーズでは、好みのアイテムの絵カードと「ください」と書かれたカードをつなげて、簡単な文をつくることを学びます。はじめは「ください」と書かれたカードをあらかじめコミュニケーションブックに貼り付けておき、そこに欲しいアイテムの絵カードを置くところから始めます。

次に絵カードと「ください」と書かれたカードの両方を貼ること、文カードを指さすことへと段階的に指導していきます。この時点で、コミュニケーターは文カードを読み返して、ある程度発語を促します。ただし、強制しないように注意が必要です。

5. 応答による要求

ここでは、コミュニケーターの「何が欲しいですか?」という質問に対して、PECSを用いて応答できるようになることを目指します。

はじめは、質問をする際に文カードを指さす身振りを行いますが、段階的にこれを外していき、様々な質問に答えられるようにしていきます。

6. コメント

最後は、周囲で起きた出来事についてコメントできるようになることを目指します。

コミュニケーターが行う「何が見えますか?」「それは何ですか?」というような質問に対して、対象者は「見えます」「聞こえます」「です」などの述語カードを使って応答を行うところから、段階的に進めていきます。

PECSによる指導の土台となる、ピラミッド教育アプローチとは

PECSの指導をより効果的にするための方法として、ピラミッド教育アプローチがあります。

ピラミッド教育アプローチとは、応用行動分析学(ABA)に基づいた、自閉症や関連する発達障害を持つ子どもや、成人の方への効果的な指導方法のことです。ピラミッド教育アプローチは、「指導内容」と「指導方法」という大きく2つの要素に構成されています。

「指導内容」では、指導のゴールやその測定方法、強化や弱化に関するシステムづくりなどを行います。

「指導方法」では、以上の内容をより効果的に伝えるための授業の種類や、般化や維持を行うための方法論、エラーが起きた時の対処・修正方法などを策定します。また、指導法を改善していくうえでのデータの収集・蓄積もこれに含まれます。

PECSと、TEACCHやABAとの違い・関係は?

自閉症の方々への支援の方法として、応用行動分析(ABA)やTEACCHというものがあります。この項では、それらとPECSの関係性について説明します。

まず、応用行動分析(ABA)は、人間の行動を個人と環境の相互作用の枠組みの中で分析し、実社会の諸問題の解決に応用していく理論と実践の体系です。応用行動分析(ABA)に基づく療育は「行動療法」とも呼ばれます。

応用行動分析(ABA)は、上述のような理論や実践の体系全体を指す言葉であり、この考えを用いて、具体的な指導方法や教育方法が数多くつくられています。PECSは、この応用行動分析(ABA)という考え方を生かした、具体的なアプローチ方法のひとつです。

一方、TEACCHは米ノースカロライナ州で1972年以来行われているASD(自閉症スペクトラム障害)の当事者とその家族を対象とした生涯支援プログラムのことで、ASDの人々の自立とQOL向上を目指す包括的な「支援の枠組み」であるため、厳密にはPECSとTEACCHを同列に比べることはできません。

TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介のタイトル画像
関連記事
TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介
発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめのタイトル画像
関連記事
発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめ

まとめ

発語やコミュニケーションに困難のある人たちが、自発的なコミュニケーションを育むことができるツールとして、PECSをご紹介しました。

家庭でも低コストで簡単に作成し、様々な場面において活用できるすぐれものである一方、単に「絵カード」を用ればいいという誤解を生みやすいのも事実です。PECSを用いて効果的な療育を行うためには、その背景にある応用行動分析(ABA)の理解が必要となります。

ぜひ、応用行動分析(ABA)の理解も踏まえて、PECSを有効活用してみてくださいね。


【記事制作協力】ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社

参考文献・サイト

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!のタイトル画像

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!

「カナー症候群」とは知能や言葉の発達の遅れ(知的障害)を伴う自閉症の通称です。現在の医学的な診断名としては「自閉症スペクトラム」と呼ばれる...
発達障害のこと
56808 view
2017/06/21 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
966698 view
2016/09/29 更新
アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?のタイトル画像

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?

アスペルガー症候群の治療や薬にはどんなものがあるのでしょうか?何歳から始めたらいいのか、どんな内容で治療を進めていくのか、子どもと大人の治...
発達障害のこと
111427 view
2016/01/18 更新
TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介のタイトル画像

TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介

米ノースカロライナ州で行われているASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を対象としたプログラム、「TEACCHプログラム」とは?その理念、...
発達障害のこと
83125 view
2017/06/28 更新
広汎性発達障害(PDD)の治療法は?薬は効果的なの?のタイトル画像

広汎性発達障害(PDD)の治療法は?薬は効果的なの?

広汎性発達障害の原因はまだ解明されていませんが、治療はできるのでしょうか?療育法や治療薬にはどんなものがあるのでしょうか?今回は広汎性発達...
発達障害のこと
46739 view
2016/08/17 更新

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説しますのタイトル画像

相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説します

相貌失認があると”誰の顔なのか"を認識できません。親や子どもなど近しい人の顔が分からない人もいます。2013年にブラッド・ピットが相貌失認...
発達障害のこと
7429 view
2017/11/13 更新
スクールカウンセラーとは? 具体的な仕事内容から相談できること、相談する時のコツをご紹介!のタイトル画像

スクールカウンセラーとは? 具体的な仕事内容から相談できること、相談する時のコツをご紹介!

スクールカウンセラーとは、学校現場で子どもや保護者などの心のケアや支援を行う人です。教員とともに親子をサポートするほか、教員への指導・心の...
進学・学校生活
3567 view
2017/11/01 更新
ワーキングメモリとは?生活に不可欠な役割、発達障害との関係、調べ方、対処法をご紹介!のタイトル画像

ワーキングメモリとは?生活に不可欠な役割、発達障害との関係、調べ方、対処法をご紹介!

ワーキングメモリは、作業や動作に必要な情報を一時的に記憶・処理する能力です。この機能は会話、読み書き、計算など日常のあらゆる判断や行動に関...
発達障害のこと
11701 view
2017/10/29 更新
特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
259583 view
2017/10/29 更新
発達障害に関するお薬総まとめ!薬に期待されること、種類、副作用など薬にまつわること一挙紹介します!のタイトル画像

発達障害に関するお薬総まとめ!薬に期待されること、種類、副作用など薬にまつわること一挙紹介します!

発達障害の診断を受け、治療の一環として薬を処方される方も少なくありません。しかし、薬物治療と言うと不安もあるでしょう。この記事では、薬と正...
発達障害のこと
15413 view
2017/10/20 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。