「我が子は無条件に可愛いもの」その思い込み、一度捨てたらどうですか?

「我が子は無条件に可愛いもの」その思い込み、一度捨てたらどうですか?のタイトル画像

「やっぱり我が子がなんだかんだ言っても一番可愛いよね~」そんなママ友たちの会話に、あなたは笑顔で入ることはできますか?「我が子を可愛い」と思えない自分を「ダメなママ」だと責めてはいませんか?自分を責めて苦しんでいた私が救われた、従妹のこんなひと言をご紹介します。

3341b16b2e02679ecb3d3fccb14a5667fa751d0d s
22933 View

「子育ての時期なんてあっという間」は慰めにはならない

よく小さな子どもを連れているママにこんな言葉をかける年配の女性を見かけます。
「子育ての時期なんて本当にあっという間よ。今が一番可愛い時期だから子育てを楽しんでね。」

親切心や慰めで言っている言葉、悪気なんて少しもないのでしょう。でも、育児真っ最中の私はこう言われるたびに落ち込んでいました。

髪を振り乱して毎日子育てに奮闘していた私にとっては、1日1日が、とてつもなく長い時間に思えてなりませんでした。

「あっという間」は過ぎ去った人だから言えること。そんな言葉はなんの慰めにもなりません。

だって、私は「今」がただただ辛かったのですから…。

「確かに、今だけ。育児を楽しもう」と思える時はいいのです。そうじゃない状態の母親は今もきっとどこかにいるのではないでしょうか。

「我が子を可愛い」と思えない私は「鬼母」?!

私にとって一番の苦痛。それは「今が一番可愛い時期だから」と言われることでした。

「今が一番可愛い時期」といわれている目の前の我が子を、少したりとも可愛いとは思えなかったからです。

毎日毎日些細なことで癇癪を起こす息子。何をやってもその癇癪をなだめることができない自分。

イライラして、息子を怒鳴りつけ、
そんな自分は「鬼母」なんじゃないか
どうして私は他のママのように「我が子を可愛い」と思えないんだろうか…。

そんな自分を責める苦しい日々が続きました。

苦しかった私を救った、思いもよらぬ従妹の言葉

年の離れた従妹。昔から子ども好きで、3人の我が子も愛情深く立派に育てあげました。

「子どもを可愛いと思えない」そう呟いた私に、彼女が一言。

「手のかかる子どもを可愛いと思えないのは、当たり前よ」

この言葉を聞いた途端にガチガチになった肩の力が、いっぺんに抜けました。
目からは大粒の涙がポロポロと流れ落ちました。今まで頑張りすぎていたことに気づきました。

「手のかかる子どもが可愛いと思えないのは当たり前」今までこんな言葉をかけくれる人は、誰ひとりいませんでした。

「我が子は無条件に可愛いもの」という思い込みを捨てる

私たちは色々な場面で「思い込んでいる」かもしれません。

自分の実感のないことさえも、「絶対的に間違いない」と決めて疑わない状態。それによって苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

「我が子は無条件に可愛いものだ」というのも、「思い込み」の一つ。

我が子を可愛いと思える母親もいれば、思えない母親もいます。思えない時の母親は、過去の私のように毎日自分を責めて苦しみます。

育児で一番辛いことはなんでしょうか。子どもの世話に追われることや自分の時間がないことではありません。

「自分は、なんてダメな母親なんだろう」という自己嫌悪が一番辛い、私はそう感じています。


「我が子は無条件に可愛いもの、そう思わなければ」その考えを、思い切って一度手放してみていかがでしょうか。

手のかかる子どもが可愛くなくて当たり前。魔の2歳児に苛立つのも当たり前。上の子どもにイライラするのも当たり前。

こんな風に「思い込み」を手放すだけですっと肩の力が抜けていくかもしれません。

私は、そうでした。

あなたの育児の苦しみも、少し楽になっていくかもしれません。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

himiko☆ さん
2017/02/04 17:18
完璧な親なんて居ないよ。
母親だって人間。
母親ならどんな子でも無条件に可愛く思える…なんて事、少ないんじゃないですか?一生懸命向き合ってるからこそ、手がかかる子を可愛く思えない自分を責めてしまうんじゃないですか?
子どもに一生懸命向き合えるのは、愛してるからですよ。良いお母さんですよ☺

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。