放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり

体験重視型放課後等デイサービス「ぴすと学舎・プラス」

近隣駅: 北18条駅、北12条駅 / 〒001-0018 北海道札幌市北区北18条西3丁目1-10 MIC BLD.3F
電話で聞く場合はこちら 050-3187-9243

障害種別 発達障害 知的障害
受け入れ年齢 小学生 中学生 高校生
専門スタッフ 精神保健福祉士 社会福祉士 児童指導員
支援プログラム ソーシャルスキルトレーニング(SST) 学習支援 個別療育 集団療育

一般就労や就労系サービスを目指す小・中・高校生に対して、将来的な『はたらく』を意識した、生活訓練のためのプログラムを実施します。
※現在は若干名受け入れ可能です!お問い合わせください!※

支援のこだわり

プログラム内容
学校でうまくいかなかったり行けなくなったとしても、「ぴすと」に行けば大丈夫。
そう思ってもらえるような事業所づくりを目指しています!

プログラムで意識しているのは、

人間関係を構築するときに役立つ【印象(コミュニケーション)】
何かをやり遂げるために必要な【集中(力)】
自分でも大丈夫・自分ならできると思える【自信】

の3つのスキルを身に付けることです。

職業体験や化学の実験・身体を使った芸術表現・調理など、実際に体験して様々なことに触れてみることに重きを置き、その中から自分の「好き」や「得意」を見つけることを大事にしています!
体験重視型放課後等デイサービス「ぴすと学舎・プラス」/プログラム内容
スタッフの専門性・育成環境
バラエティに富んだスタッフが在籍しています!

・社会福祉士や精神保健福祉士といった障害福祉サービス経験者
・作業療法士
・教員免許取得者(理科・社会・地歴・公民)
・北海道子育て支援員研修修了者
・マンガ/アニメ専門学校卒スタッフ
・JICA-国際協力機構で海外派遣を経験したスタッフ
・キャリアカウンセラー など

いろんな経験をしたスタッフたちだからこそできる、常識に捉われない、その方の良さを引き出し活かす支援をしています!(個別での学習の時間もあるため、学習支援についてもご相談ください)
体験重視型放課後等デイサービス「ぴすと学舎・プラス」/スタッフの専門性・育成環境
その他
個別で何かをするというよりは、通われているお子さん同士の交流に主軸を置いており、対人関係の楽しさや難しさといった経験をしながら、トライ&エラーを繰り返していくことを大切にしています!

その他、実際にさまざまな経験や体験を通じて、何かを感じたり受け取ってもらうことを大事にしており、通常のプログラム以外にも外出や職業体験にも力を入れています。

今後は頑張りに応じてオリジナルコインをプレゼントし、それを貯めて景品と交換しながら金銭管理も学んでいけるような機会も計画中^ ^

市内の子供たちを対象とした「吾輩は画家である絵画展」も企画しながら、地域に根ざした事業所を目指しています♫
体験重視型放課後等デイサービス「ぴすと学舎・プラス」/その他
電話で聞く場合はこちら 050-3187-9243

利用者の声

ブログ

ブログをもっと見る

在籍する専門スタッフ

児童指導員 社会福祉士 精神保健福祉士
スタッフ紹介
木村(管理者・児発管)
専門学校を卒業後、精神科の病院で相談員として13年間勤務。
ぴすとの「お母さん」的存在で、2児の母でもあります。
「相談員との経験を活かしつつ、『お母さんとしての気持ち』や、『もし自分の子供だったら・・・』ということも考えながら、愛情を持って支援していきたいです。」

安藤(児童指導員)
保有資格:中学校教諭1種理科/高等学校教諭1種理科
教育大学を卒業後、札幌市内中学校にて教員として勤務。その後、飲食店や専門学校で働いてきました。ぴすとではおもに理科のプログラムを担当し、毎回身近なものや現象をテーマに楽しく実験をおこなっています。学校現場で働いてきた経験を活かし、勉強が楽しくなる学習サポートやこどもたちの気持ちに寄り添う療育を実践していきます。

髙橋(指導員)
札幌のマンガやアニメの専門学校で2年間、キャラクターイラストの描き方やポスターや広告デザイン、パソコンを使ったソフトの使用について学び、高校では美術部として油彩画で高文連賞、道内U18にて入賞をいただき、予備校に通ってデッサンを中心とした作品づくりをしてきました!
絵の具と色んな道具を使った取り組みや、塗り絵、簡単なキャラクターイラストなどの美術のプログラムを主に担当させていただいてます!
子供と年齢が近い分、社会や学校などの環境に価値観の共感が沢山あり、時には子供と一緒に考え方や表現性を一緒に学んでおります。
よろしくお願い致します!

川口(作業療法士)
高校卒業後、病院に勤めながら准看護師の免許を取得。
出産・子育てでしばらくお休している期間もありましたが、40歳を過ぎ、以前から興味のあった作業療法士の道へ!
ぴすとでは、主に作業と保健体育のプログラムを担当しています。作業療法士や准看護師という視点から人体の仕組みや運動を通して子供達の心と身体の健康を目指していきたいと思います!

山本(児童指導員)
大学で社会福祉士の資格を取得後、医療ソーシャルワーカーとして2年間勤務。
ぴすとでは、主に書道のプログラムを担当させていただきます!文字を書くだけでなく、工作を掛け合わせるなど、楽しく書道を体験できればと思います!イラストや物作りが好きなので、子どもたちと一緒に楽しみながら作業していきたいです!
医療現場での経験を生かし、子どもたちの気持ちに寄り添いながら支援させていただきます!
よろしくお願いします!

施設からひとこと

2020年8月より、体験重視型放課後等デイサービス「ぴすと学舎・プラス」として運営します!

自分の居場所を見つけよう。

私たちが生活していく中で切っても切り離せないもののひとつに、対人関係があります。
私たちは人との関りの中から多くのことを学んだり身に付けたり、また自信に繋がるような経験を積んでいます。

もしかしたら、いまの自分は友達との関係づくりがうまくいかないこともあるかもしれません。
でも大丈夫。そんな自分でも受け入れてもらえると思えるような環境が、ぴすとにはあります。
「ありたい姿(未来)」に向けて、変わりたい気持ちを応援します。

ぴすとに行けば、自分のことを迎えてくれる仲間がいるという居場所としての機能と、またこれから訪れる新しい場所での関係性構築に必要となるコミュニケーション能力や社会性を身に付ける場所としての機能の、2つの側面から友達との関係性づくりの方法を身に付けていくことができます!

まずはお気軽に見学にいらしてみてください!

地図

〒001-0018 北海道札幌市北区北18条西3丁目1-10 MIC BLD.3F
体験重視型放課後等デイサービス「ぴすと学舎・プラス」の地図
お問合せ受付時間
13:00 ~ 18:30
13:00 ~ 18:30
13:00 ~ 18:30
13:00 ~ 18:30
13:00 ~ 18:30
08:30 ~ 15:30
祝日
長期休暇 08:30 ~ 15:30
備考 学校休業日、長期休暇中などは、土曜日と同じサービス提供時間となります。
※ 療育時間は、直接事業所にお問合せください

施設詳細情報

住所 〒001-0018
北海道札幌市北区北18条西3丁目1-10 MIC BLD.3F
URL http://pistejapan.com/
電話番号 050-3187-9243
近隣駅 北18条駅・北12条駅・北13条東駅・北24条駅・東区役所前駅
障害種別 発達障害・知的障害
受け入れ年齢 小学生・中学生・高校生
専門スタッフ 精神保健福祉士・社会福祉士・児童指導員
支援プログラム ソーシャルスキルトレーニング(SST)・学習支援・個別療育・集団療育
送迎サポート 送迎に関しましては、ご相談の上で決めて行きましょう!
(地下鉄南北線北18条駅1番出口より徒歩1分圏内です)

〜現在の利用者(各区別)〜
北区6名・東区5名・中央区4名・豊平区2名
うち送迎利用者14名
料金 長期休暇中(学校休業日)の昼食提供ができます。
必要な方は、1食100円にて提供させていただきます。
提供翌月に利用料と合算してご請求いたします。
(アレルギー等の特別食は対応出来かねます。)
現在の利用者
(障害別)
発達障害 10名
知的障害 4名
身体障害 1名
その他  2名
現在の利用者
(年齢別)
高校生 7名
中学生 8名
小学生 2名
(R3.2.25現在)
電話で聞く場合はこちら 050-3187-9243
施設アイコン

この施設の近くにある施設


掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。