アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?

2016/01/18 更新
アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?のタイトル画像

アスペルガー症候群が遺伝する可能性はあるのでしょうか。実はアスペルガー症候群は原因もまだ解明されておらず、遺伝に関する明確な根拠はないのです。ですが、少しずつ遺伝や要因についても研究が進んでいます。今回は現在わかっている段階での、遺伝の確率と家族間の関係についてみていきましょう。

発達障害のキホン
121677 View
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員

アスペルガー症候群(AS)は親から子どもへ遺伝するの?確率は?

アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?の画像
Upload By 発達障害のキホン
アスペルガー症候群(AS)は、アメリカ精神医学会による最新の診断基準『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)の定義では自閉症スペクトラム障害に含まれています。自閉症スペクトラム障害の遺伝的な要因については、医学的な根拠は現在も研究中であり、現段階では親からの遺伝が原因となって発現する可能性を確率によって明確に表すことはできませんが、ゼロであるとは言い切れないと考えられています。

例えば、自閉症スペクトラムに関して、双生児研究が進められていますが、以下のような研究報告があります。

自閉症スペクトラムを対象とした研究によれば、一卵性双生児での自閉症スペクトラムの一致率は約50~80%であり、二卵性双生児での自閉症スペクトラムの一致率は約30~40%と報告されています。

飯田順三/編・著『アスペルガー症候群の子どもたち』(合同出版,2014)p.95より引用

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4772611444
二卵性双生児と一卵性双生児を比較してみると、一卵性双生児のほうが自閉症スペクトラム障害の発現率は高いという報告です。これは
遺伝子が近いほど、自閉症スペクトラム障害が発現しやすいということを意味します。

これらのことから遺伝子要因が有力視され、いくつかの関連遺伝子も報告されていますが、明確な原因は解明されていません。また、単純に親から子に遺伝するわけではなく、両親の年齢や様々な環境要因が複雑に絡み合って現れると考えられています。

つまり先天的な遺伝子要因に何らかの要因が重なったとき、脳機能に障害が起こると考えられています。その際に両親の遺伝子配列が要因のうちの一部となっていることもありますが、それはアスペルガー症候群に限らず、すべての病気や障害に言えることです。よって、親が「アスペルガー症候群」だからといって、子どもにも100%同症候群が遺伝するとは限らないのです。
アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?の画像
発達障害の種類と概念図
Upload By 発達障害のキホン

アスペルガー症候群の原因は何?

原因ははっきりと解明されていないですが、アスペルガー症候群は脳の機能障害であるとされています。前述の通り、脳の機能障害には、遺伝的要因が関連するという考えが主流になっています。アスペルガー症候群のみを対象とした研究ではありませんが、最近の研究では、遺伝的要因とともに、さまざまな環境的要因も相互に影響を及ぼすと言われています。

アスペルガー症候群の症状から問題行動やトラブルになってしまうこともあり、トラブルを防ぐための環境調整や工夫、周囲の理解が必要になりますが、親のしつけや愛情が足りないことが原因ではないのです。

きょうだい(兄弟・姉妹)でアスペルガー症候群になる確率は?

アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?の画像
Upload By 発達障害のキホン
こちらも気になる点ではありますが、研究によって数値がまちまちで、明確な確率は出ていません。

アスペルガー症候群のみを対象とした研究ではありませんが、先ほど引用した自閉症スペクトラム障害における双生児研究の結果でも、遺伝子配列が同じ一卵性双生児間でも一致率は50~80%であり、必ず発現するものではないことがわかります。

症状のある家系とない家系を比べると、症状のある家系の方がきょうだいでアスペルガー症候群を発現する確率が高くなるという調査結果もあり、アスペルガー症候群の原因として遺伝的な影響が指摘されています。ですが、きょうだい全員が必ずアスペルガー症候群を受け継ぐということはないのです。

以上のことから、きょうだいでアスペルガー症候群になる傾向はあるとは言えますが、例えばお兄ちゃんがアスペルガー症候群だからといって、必ずしも弟/妹が同様になるとはかぎりません。研究によって数値が違うことは、アスペルガー症候群を引き起こす原因が一つではなく、そのほかにも様々な要因が相互にかつ複雑に影響することを示しているとも言えるでしょう。

アスペルガー症候群は男女で発現率が違う?

アスペルガー症候群は女児に比べて男児の方が多く、その割合については女児:男児が1:4と言われていますが、様々な説があります。

近年、女性のアスペルガー症候群の研究なども盛んになり、特性の現れ方に性差があることもわかってきました。女児は男児と比較するとコミュニケーション能力が育ちやすいため、幼いころはアスペルガー症候群の特徴が現れにくく、見過ごされてしまうことがあります。言動や普段の生活態度からアスペルガー症候群の診断を下すため、女性の場合、アスペルガー症候群でありながらもまだ診断を得られていない人もいると考えられるのです。そのため、実際は男女の発現率の差はもっと少ないとする説もあります。

アスペルガー症候群を検査する方法はあるの?

アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?の画像
Upload By 発達障害のキホン
アスペルガー症候群を出生前に診断することはできません。先天的な脳の機能障害が原因ですが、成長に伴って症状が現れ気づくパターンがほとんどで、出生前の羊水検査や超音波検査ではアスペルガー症候群は検査することができないのです。また、血液検査や遺伝子検査などの生理学的な検査でもわかりません。

同症候群を検査・診断する場合は、ある程度子どもが成長し、症状や特徴が現れてからとなります。成長に合わせてスクリーニングテストや心理検査、遊び方、話し方など複数の検査・観察を組み合わせて何度か面談を繰り返し、それらの情報から総合的に診断します。

アスペルガー症候群はまだまだ原因が解明されていません

アスペルガー症候群(AS)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?の画像
Upload By 発達障害のキホン
原因や発現率、遺伝についてなど、アスペルガー症候群はまだまだ解明されていないことが多くあります。ですがアスペルガー症候群の人の中には、世の中を変えるほど活躍している事例もたくさんあります。アスペルガー症候群は一つのことに熱中すると、寝食も忘れるほどの集中力を発揮します。研究員やスポーツ選手にもアスペルガー症候群でありながら活躍している人も多くいます。

早めにその特性に気づき理解し、一人ひとりに合った療育やサポート、トレーニングを受けることで、本人が生きやすいように症状を改善したり、過ごしやすい環境を用意することが可能です。

アスペルガー症候群については、データ解析や研究も引き続き行われています。何らかの関連がある遺伝子の特定も進められつつあります。原因が解明されるようになれば、さらに理解が深まるようになったり、将来的には治療法や検査法が見つかるかもしれません。
図解 よくわかるアスペルガー症候群
広瀬 宏之 (著)
ナツメ社
図解 よくわかる 大人の アスペルガー症候群
上野 一彦 (著),市川 宏伸 (著)
ナツメ社
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。のタイトル画像

関連記事

アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。

アスペルガー症候群(AS)の原因は?遺伝する確率はあるの?のタイトル画像

関連記事

アスペルガー症候群(AS)の原因は?遺伝する確率はあるの?

アスペルガー症候群(AS)の診断・検査の内容は?年代別の特徴や診断基準について詳しく解説します のタイトル画像

関連記事

アスペルガー症候群(AS)の診断・検査の内容は?年代別の特徴や診断基準について詳しく解説します

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?のタイトル画像

関連記事

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
254151 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
656744 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
3857 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。