アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?のタイトル画像

アスペルガー症候群の治療や薬にはどんなものがあるのでしょうか? 何歳から始めたらいいのか、どんな内容で治療を進めていくのか、子どもと大人の治療法は違うのかなど、わからないことがたくさんありますよね。今回はアスペルガー症候群の治療と薬について一緒に学んでいきましょう。

発達障害のキホン
179285 View
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
目次 アスペルガー症候群(AS)の原因は? アスペルガー症候群って治療できるの? アスペルガー症候群の治療の判断基準は?いつから始めるべきなの? アスペルガー症候群の治療法・療育法 接し方で大きく変わる! アスペルガー症候群の子どもへの接し方のポイント 特性を理解し、良いところを伸ばしてあげましょう

アスペルガー症候群(AS)の原因は?

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?の画像
Upload By 発達障害のキホン
アスペルガー症候群(AS)は社会性やコミュニケーションなどに困難のある障害です。アメリカ精神医学会の診断基準である『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)では自閉症スペクトラムの診断名のもとに統合されたため、診断名としては今後、減っていくことが予想される障害名ですが、行政や一部の医療機関ではICD-10の診断名であるアスペルガー症候群を引き続き使用しており、また、すでに確定診断をうけている当事者も多いことから、本記事では「アスペルガー症候群」について治療と療育法をご紹介します。

アスペルガー症候群が先天的な障害であることは確かですが、現代医学でもいまだにはっきりした原因はわかっていません。現在、研究やデータ解析が進められている段階です。

一番有力視されているのは「脳機能障害」で、脳内のネットワークの連結機能がうまくいかない、脳の部位の機能異常、脳内物質の異常などが考えられます。先天的に脳に何らかの障害が発現し、アスペルガー症候群を引き起こしているということです。ですが、この何らかの障害となる要因が解明されておらず、また複数の要因が複雑に影響し合っていると考えられることから、確かな原因は不明なままなのです。

アスペルガー症候群って治療できるの?

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?の画像
Upload By 発達障害のキホン
アスペルガー症候群は原因と要因が明確ではないため、現段階では医学的な根本治療はありません。

しかし、アスペルガー症候群の特徴を和らげたり、学校や職場でスムーズに対応できるようにトレーニングや療育を受けることはできます。また、二次障害を抑えるための治療やトレーニング、療育、サポート学習なども本人の生きづらさを減らすために有効です。個々の特性に合わせたトレーニングや療育を積むことで実生活が過ごしやすくなったり、コミュニケーションがスムーズに取れるようになったりします。

これらの治療を行うのと行わないとでは、普段の生活や本人が感じる生きやすさに明らかな差が出るとされています。なるべく早めに本人の困難や生きづらさに気づき、診断を受けるなど専門家のサポートを受け、環境調整や療育などで適切な対処法を続けることが何よりの治療と言えるでしょう。

アスペルガー症候群の治療の判断基準は?いつから始めるべきなの?

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?の画像
Upload By 発達障害のキホン
アスペルガー症候群は先天的な発達障害のひとつですが、そもそも診断自体、個々のケースによって障害が明らかになる時期がちがいます。

発達障害は、言語・認知・学習といった発達領域が未発達の乳児の時期には、特徴が分かりやすく出ることはありません。ですから、生後すぐにアスペルガー症候群の診断がでることはありません。またアスペルガー症候群の特徴は他の発達障害の特徴と共通し、併存することもあるので、診断が難しいことがあります。後から振り返って乳児期に目を合わせない、人見知りをしない、などの気がかりな徴候や何らかの育てにくさを感じたパパ・ママは多くいます。

そして幼児期以降、園などで集団生活が始まる頃になると、周りの子との何らかの違いやその子の特性が現れてきます。目が合っても笑わない、同年代の子と上手に遊べない、ストレートで他人を傷つけるような発言をするなどの特徴が顕著になり、困りごとが出てきた場合、家族がアスペルガー症候群の可能性に気づいたり、医療機関や保育士などに指摘されたりして、診断を受けるケースが多くなります。ただし、気づかないまま大人になってしまうことも大いにあり得ます。

ですが、アスペルガー症候群にとって、早期発見・早期療育が何より重要です。大切なのは、子ども本人が困っているという視点に立つことです。周りが「障害かもしれない」と気づき、そして専門家の助けをいち早く得ることで、本人の生きづらさが軽減できるのです。

早期療育は効果が出やすいとも言われています。なにより、本人や周りが障害への正しい理解をし、早く適切な対処法を身につけることで、その子にとってコミュニケーションがうまくいかず、つらい時間を短くすることができます。これらの特徴やトラブルが顕著であれば「気になる」時点で専門機関に相談し、できるだけ早く治療・療育を実行していくとよいでしょう。

アスペルガー症候群の治療法・療育法

アスペルガー症候群(AS)の治療と療育法は?薬は効果的なの?の画像
Upload By 発達障害のキホン

療育による対応法

アスペルガー症候群は現代の医療では、完全に症状を治療することはできません。しかし療育を受けることによってアスペルガー症候群の特徴を緩和させたり、困りごとを軽減したり、また、子どものよい部分を伸ばしていくことが可能です。療育は言葉や身体機能など発達に遅れのみられる子どもについて、生活への不自由をなくすよう専門的な教育支援プログラムにのっとり、トレーニングをしていこう、というものです。またその目的や分野についてはさまざまな種類があります。

会話が苦手な子であれば、絵を描くことでその子の感情を読み取ったり、話題になりやすいような工夫をしてあげることが可能です。絵本や図鑑などを見ながらその子の特性を把握したり、その子が興味を持つ事柄を探り当てたり、集中しやすい物事は何なのかを確認していく作業などが行われます。簡単な心理テストや適性検査を成長段階に合わせて行い、治療方向の確認や修正などをこまめに行っていくのが特徴です。

療育で行われる具体的なトレーニングは以下のようなものです。

■TEACCH(ティーチ、Treatment and Education for Autistic and related Communication handicapped Children)
自閉症スペクトラム障害の援助プログラム
※DSM-5において、アスペルガー症候群は自閉症スペクトラム障害に統合されています。

■ABA(エービーエー、Applied Behavior Analysis)
応用行動分析。広汎性発達障害に対する療育だけでなくスポーツ分野でも利用されている

■SST(エスエスティー、ソーシャルスキルトレーニング)
対人関係をうまく行うための社会生活技能を身につけたり、障害の特性を自分で理解し自己管理をするためのトレーニング

これらの療法の原理や要素を取り入れ、視覚的な支援や環境調整、動機づけをしたりやる気をあげたりするための支援など、様々なプログラムが行われています。
TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介のタイトル画像

関連記事

TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについてのタイトル画像

関連記事

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについて

発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめのタイトル画像

関連記事

発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめ

薬物による治療法

症状を緩和させるため、投薬治療が行われることがあります。また、統合失調症や強迫性障害といった併存障害の治療で薬物療法が取られる場合もあります。脳と精神状態を確認しながら適切な薬を処方されますが、感覚過敏を抑えるために気分安定薬が処方される場合があります。

しかし、薬には副作用もありますし、人によって合う合わないがあります。低年齢の子どもの場合はより慎重に進めるべきという専門家もいます。主治医の先生と信頼関係を築き、よく相談した上で納得して治療を進めるとよいでしょう。不安に思うことや懸念点などはなんでも聞くようにし、適切な用法や用量を守ることが大切です。また、ただ薬を利用して子どもを落ち着かせるのではなく、落ち着いている時には必ずスキルトレーニングなどを行いましょう。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
255547 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
661240 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
4262 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。