絵や字が書けなくても・・・美術の先生が教えてくれた大切なこと

2016/01/30 更新
絵や字が書けなくても・・・美術の先生が教えてくれた大切なことのタイトル画像

幼稚園で、美術展覧会の企画がありました。絵や工作などを出品する事になりましたが、我が子は、絵も字も描けません。出品する作品は無いと諦めていたその時、美術教師がとった行動に驚きと感動が…。そのおかげで、我が子は 立派な作品を出品する事ができたのでした。さて、その作品とはいったい どんなものだったのでしょうか?

F69a414c c14c 4741 9a36 8fd6f1a6fd52 s
シアン
31629 View

作品を展示しよう!でも息子は…

息子の幼稚園には、美術の先生が時々やって来て、子どもたちと いろいろな遊びをしていました。
ある時、子どもたちの美術作品を展示する事になり、それぞれに作品を作り始めました。

絵を描く子ども、文字を書く子ども、工作をする子ども。ですが、我が子は絵も字も書けません。
美術作品などできるわけがない、と私は最初から諦めて他人事のように思っていたのでした。

美術の先生が一言

息子は鉄道模型が大好き。
どんどん繋げて、長い長い線路を作って遊んでいました。そのレールの長さは、部屋いっぱいにどこまでも広がっていたのです。

その様子を見て美術の先生が一言。

「この線路そのものが、彼の作品ですね!」

そう言って、写真を撮ってくださり、展覧会で飾って下さったのでした。

息子は、みんなと同じように、自分の作品を展示する事ができたのでした。
私はとても驚き、感動していました。

作品とは、その子どもの行動や遊びの中にあるものなのだ…と。
絵や字が書けなくても・・・美術の先生が教えてくれた大切なことの画像
Upload By シアン

何気ない遊びも、しっかり見守りたい

プラレールを繋げる姿をみて、「作品を作っている」などと考えたことはありませんでした。
だからこそ、この一言に驚いたと同時に、遊びは子どもにとって大切な時間なのだと、気づいたのでした。

子どもが 一心不乱に遊んでいる時、時間が来たからと遊びを止めてしまう事は、よくある事だと思います。
同じ遊びの繰り返しや意味のない遊びに、つい親はイライラしたり怒ってしまったり。

子どもの何気ない遊びも、大切な「作品」。
子どもの遊びの中には、アートがたくさん詰まっています。 遊びそのものが、アートなのかもしれません。

そして、この遊びから何かを学び、心を育てているのだと信じて、優しい気持ちで見守っていけたら、とても素敵なことですね。
絵や字が書けなくても・・・美術の先生が教えてくれた大切なことの画像
Upload By シアン
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事に関するキーワード

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。