タイマーを見ると怒り出す息子、発想の転換で「切り替え上手」に!

2017/01/27 更新
タイマーを見ると怒り出す息子、発想の転換で「切り替え上手」に!のタイトル画像

ADHD当事者の私。息子も「発達障害の疑いがある」と言われています。そんな凸凹親子の日常を少しだけご紹介します。今回は、切り替えが苦手な長男のお話です。

モンズースーさんのアイコン
モンズースー
65559 View

上手くいっていた、長男の活動切り替え。でもとうとう…

タイマーを見ると怒り出す息子、発想の転換で「切り替え上手」に!の画像
Upload By モンズースー
次の活動への切り替えがとても苦手だった長男。

おもちゃで遊んでいるときにお風呂に入ろうと伝えても、切り替えができずに癇癪(かんしゃく)を起こします。

その他、就寝・買い物・食事…全てのきりかえ時に癇癪を起こす長男に、タイマーを使った切り替え法を実践してみました。

徐々にアイテムを使わず、口頭で伝えるだけで切り替えができることも増えましたが、切り替えはもともとあまり得意ではないようです。

いつしか、楽しい時間を終了にするタイマーが嫌いになってしまい、タイマーを見ただけで怒り出すようになってしまいました。

そこでタイマーは一旦封印し、しばらく使わないことにしました。
もうぐずぐずしない!子どもが「切り替え上手」になるアイテム4選のタイトル画像

関連記事

もうぐずぐずしない!子どもが「切り替え上手」になるアイテム4選

困った私は、OT(作業療法士)の先生に相談してみることに

タイマーを見ると怒り出す息子、発想の転換で「切り替え上手」に!の画像
Upload By モンズースー
OT(作業療法士)の先生からのアドバイスは目からウロコでした。

確かに今まで、長男の嫌な場面でしかタイマーを使っていなかった私。

それではタイマーを嫌いになっても仕方ありません。

作業療法士(OT)とはOccupational-Therapistの略で、看護師、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)などとともに活躍するコ・メディカルスタッフの一員です。

出典:https://h-navi.jp/column/article/35025586
タイマーを見ると怒り出す息子、発想の転換で「切り替え上手」に!の画像
Upload By モンズースー
タイマーを見ると怒り出す息子、発想の転換で「切り替え上手」に!の画像
Upload By モンズースー
今では楽しい時間の前でも終わりでも、普通にタイマーが使えるようになりました。

タイマーを使うときは、楽しいことから始めるのも良いかもしれませんね。
『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入園編』
モンズースー (著)
KADOKAWA
良かれと思った工夫が偏食の原因!?長男の好き嫌いが減ったワケのタイトル画像

関連記事

良かれと思った工夫が偏食の原因!?長男の好き嫌いが減ったワケ

ちょっとの工夫で効果てきめん!子どもがテレビに近づきすぎない方法のタイトル画像

関連記事

ちょっとの工夫で効果てきめん!子どもがテレビに近づきすぎない方法

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。