母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)

 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)のタイトル画像

フォトグラファー宮本直孝さんと、ダウン症児の親たちでつくるNPO法人「アクセプションズ」が主催する、ダウン症の子とその母のポートレート写真展「母の日 – I’m a mother of a child with down syndrome」のお知らせです。 photo: 宮本直孝

Db4163e0 07e9 4212 b276 d700f2517758 s
21955 View

カメラが捉えた母子の姿から溢れるさまざまな愛のカタチ

 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)の画像
photo: 宮本直孝
Upload By 発達ナビニュース
 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)の画像
photo: 宮本直孝
Upload By 発達ナビニュース
 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)の画像
photo: 宮本直孝
Upload By 発達ナビニュース
「ダウン症のある子とその母」に焦点を当てた写真展が、5月8日より東京メトロ表参道駅のコンコースにて開催されています。

写真家で、パラリンピックの選手や日本で暮らす難民の写真で知られる宮本直孝さんと、ダウン症児の親たちでつくるNPO法人「アクセプションズ」が企画を行いました。

母と子の写真は特大パネルで表参道駅内に飾られており、見る人たちにメッセージを伝えています。
 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)の画像
photo: 宮本直孝
Upload By 発達ナビニュース
共催であるアクセプションズ代表で、長男の裕起さんと共にモデルにもなった古市理代さんにお話をお伺いしました。

アクセプションズ代表で今回モデルにもなった古市さんにインタビュー

 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)の画像
古市さんと息子の裕起さん。 photo: 宮本直孝
Upload By 発達ナビニュース
―写真展がはじまってみて、反響はいかがですか。

予想以上に反響を頂いています。

私は初日から毎日開場に足を運んでいるのですが、当事者やそのご家族、お友達に加えて、オープンスペースでの展示なのでダウン症を全く知らない方も多く見てくださっており、頑張ってくださいなどといったお声をかけて頂いております。

告知用のウェブサイトにはあえて一部の作品しか掲載しなかったため、現場に足を運んで頂いた方からは想定以上にインパクトがある作品数と展示方法で驚いたと言われます。

眼力の強いモノクロ写真の羅列は印象的で、とはいえ温かみも感じられるとのお声も頂きました。
―撮影はどういった様子で行われましたか。

3月下旬から4月頭にかけて、21組の親子を何回かに分けて撮影を行いました。

PR用の素材として私が最初に撮影を行ったのですが、フォトグラファーの宮本さんは「作り笑顔ではない、素の写真を撮りたい」とおっしゃったんですね。

だけど子供と一緒にカメラを向けられると、つい親は良い顔をつくってしまうんです。

そこで親と子は別々に写真を撮るという、今回の撮影・展示方法がとられました。
―撮影された写真を見て、どのような感想を持ちましたか。

自分の中の今の気持ちがよく表れているなと感じました。

というのも最初は宮本さんに、もっと強い表情を、葛藤の中で乗り越えてきた表情を出してほしいと言われたので、口をきゅっと結んでみたりしたんですね。

だけど宮本さんには「何か違うんだよな」と言われまして。そして宮本さんに、「古市さん、今あまり辛くないんじゃない?」と言われ、その通りだったんです。

撮影の時はちょうど、息子は中学に入ったばかり。彼は新しい生活をスタートさせて、新たに色々な経験を積み重ねており彼の成長を感じていた時期でした。

悩みがないわけではないですが、これからの希望や楽しみの方が大きかったんです。

そんな私の思いが引き出された写真だなと感じました。
―アクセプションズの活動について、メッセージがあれば。

ダウン症のある人たちへの理解や啓発を行う私たちアクセプションズは6年目を迎えます。

その活動の中で、ダウン症というのはひとつの個性であり特性であること、多くの人にダウン症についてもっと知ってほしいと思って活動しています。

ダウン症を知って頂き、ふれあって頂き、ダウン症の人とそうでない人がお互い理解を深めてほしいと考えています。

ですから私たちの活動に当事者でなくてもどんどん参加して頂けるとうれしいです。

写真展の開催概要

写真展「母の日 – I’m a mother of a child with down syndrome」は、表参道駅構内B1出口付近にて、5月14日(日)まで。
 母の日に寄せて-表参道でダウン症の子と母の写真展が開催(5/8-5/14)の画像
Upload By 発達ナビニュース
ダウン症とは?症状や具体的な特徴、生活の様子などのタイトル画像
関連記事
ダウン症とは?症状や具体的な特徴、生活の様子など
「ダウン症って不幸ですか?」その問いに答えるのは、ありふれた日常の光景のタイトル画像
関連記事
「ダウン症って不幸ですか?」その問いに答えるのは、ありふれた日常の光景
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

発達凸凹のわが子に「今、なにができる?」と戸惑うママへ。不安や疑問に寄り添うヒントが詰まった新刊を紹介!のタイトル画像

発達凸凹のわが子に「今、なにができる?」と戸惑うママへ。不安や疑問に寄り添うヒントが詰まった新刊を紹介!

子どもの発達凸凹に気づいたり、発達障害の診断を受けた子どもの今や将来に不安があったり…。そんな思いを抱く保護者や支援者などにヒントをくれる...
発達障害のこと
8772 view
2018/08/08 更新
障害がある人の「どう生きる」を考える!当事者も支援者も。この夏の学び、どれに参加する?のタイトル画像

障害がある人の「どう生きる」を考える!当事者も支援者も。この夏の学び、どれに参加する?

【8月の発達障害ニュース】 8月に入り、子どもたちの夏休みも中盤。楽しい思い出もいっぱいつくりながら、2学期や今後の新しいスタートのために...
発達障害のこと
7764 view
2018/08/03 更新
NHK: ドラマ10「透明なゆりかご」7/20放送開始!発達障害のある原作者が見つめた命の物語のタイトル画像

NHK: ドラマ10「透明なゆりかご」7/20放送開始!発達障害のある原作者が見つめた命の物語

2018年夏、発達障害があることを公言している漫画家・沖田×華さん原作のドラマがスタート!看護師見習いとして働いた実体験をもとにした「命」...
発達障害のこと
35677 view
2018/07/20 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。