自閉症についてもっと知りたい!4月2日は「世界自閉症啓発デー」2018年の注目イベントまとめ

自閉症についてもっと知りたい!4月2日は「世界自閉症啓発デー」2018年の注目イベントまとめのタイトル画像

4月2日は「世界自閉症啓発デー」です。毎年、世界中で自閉症の理解を広めようと啓発活動が行われています。日本でも、名所旧跡がシンボルカラーの青でライトアップされ、楽しみながら自閉症を身近に感じられる体験イベントや専門家などによる講演会も企画されています。この記事では、2018年の注目イベントを紹介します!

発達ナビニュース
12075 View

世界自閉症啓発デーってなに?

「世界自閉症啓発デー」は、2007年12月18日に開かれた国連総会で、カタール王国王妃から提案され、決議されました。毎年4月2日は世界中で自閉症の啓発活動が各地で行われます。

日本でも世界自閉症啓発デーの4月2日から8日までを発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップなどが実施されています。

世界自閉症啓発デーは、自閉症に関する理解を深め、身近に考えることで、すべての人が過ごしやすい世界を実現していくための日です。
毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?のタイトル画像

関連記事

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?

自閉症とは

自閉症は先天的な発達障害の一つで、育児の方法や環境など後天的な原因で生じるものでもありません。対人関係の障害、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りといった特徴が発達段階で現れると言われています。

具体的には、他の人の気持ちを理解することや、言葉を適切に使うこと、予定外の変化などが苦手な傾向があります。自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあります。外見からはわかりにくく、真面目に取り組んでいても、誤解や偏見を受けることもあります。

大人のなかでも、自閉症であるのにそのことに気づけずにいる場合もあります。そのため、必要な支援を受けられず、自閉症の二次障害であるうつや不安障害などの精神疾患にかかる人もいます。

一方で、自閉症のある人たちは関心のあることにまっすぐに取組むことが得意であることが多いです。鋭い感覚を生かせたり、記憶力が抜群な人もいます。そういった長所を得意な分野で生かして活躍している人もいます。

自閉症についての理解や支援が十分に広まることで、自閉症のある人がより住みやすい環境で生活することができるようになるでしょう。
自閉症とは?主な症状と具体的な特徴、診断基準や分類について詳しく解説しますのタイトル画像

関連記事

自閉症とは?主な症状と具体的な特徴、診断基準や分類について詳しく解説します

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

全国でイベント開催。自閉症をもっと知ろう!

自閉症についてもっと知りたい!4月2日は「世界自閉症啓発デー」2018年の注目イベントまとめの画像
Upload By 発達ナビニュース
2018年の世界自閉症啓発デーに合わせて企画された各地の注目イベントを紹介します。自閉症のある人だけでなく、誰もが自分らしく暮らせる社会とは?あなたも自閉症啓発デーに合わせて実施されるイベントに参加して、一緒に考えてみませんか?

世界自閉症啓発デー2018・シンポジウム

自閉症についてもっと知りたい!4月2日は「世界自閉症啓発デー」2018年の注目イベントまとめの画像
2017年のシンポジウム(画像提供:日本自閉症協会)
Upload By 発達ナビニュース
今年のテーマは 「知りたい、知らせたい 発達障害のこと ~こども、若者、スポーツ、アートの視点から~」。

「安心してください!地域のみなさん」、「やりたいんだ!アート・スポーツ・ミュージック」 、「知ってほしい!街の中の味方」という題材でシンポジウムが開かれます。

【日時】4月7日(土) 10:00~16:20
【会場】全社協・灘尾ホール(新霞が関ビル内)
【参加】要事前申し込み(定員250名)

WarmBlue2018キャンペーン

歌やダンスのパフォーマンスがステージで繰り広げられ、自閉症や発達障害を体感するブースなども設けられます。また、4月2日はSNSのタイムラインをブルーで埋め尽くそうと、「#WB2018」「#MAZEKOZE」のハッシュタグつきで写真の投稿も呼びかけています。イベントにはぜひ青い物を身につけて参加を!

【日時】4月2日 14:00〜18:30
【会場】東京タワー広場 特設ステージ

世界自閉症啓発デー in HAKODATE 2018

2月5日から4月13日まで各所で続々と関連イベントを開催。メインとなる4月1日、2日も多数の会場で「青いものづくり」「LD・ADHD等の擬似体験プログラム」といった参加型の企画されていたり、「自閉症啓発デー・アート展」が開幕します。主な会場ごとのイベントはこちら。

五稜郭タワー・アトリウム
【日時】4月1日(日)13:00
【内容】開会式&オープニングセレモニー、「Blueの音楽祭」

棒二森屋店
【日時】4月1日(日)10:00〜16:00
【内容】LD・ADHD等の擬似体験プログラム、「ハッピー」こどもイベントサークル、歌声ライブ&あおいろライブ

函館市芸術ホール
【日時】4月2日〜7日(月)10:00〜19:00
【内容】第5回自閉症啓発デー・アート展、発達相談、羊毛フェルトで作る「地球玉」(2日のみ、14:00〜17:00)

第10回世界自閉症啓発デーin ちば~みんな大切な仲間です

寸劇や疑似体験をはじめ、キャラバン隊公演や障害のある方々などによるバンド演奏とダンス、ミニコンサートなど。

【日時】4月7日 (土)11:00〜17:00
【場所】Qiball(きぼーる)1階アトリウム

少年画家 濱口瑛士の世界

自閉症の当事者であり、少年画家として活躍する濱口さんと交流できる小学生以上を対象としたワークショップです。濱口さんのインスタレーションとともに参加者も自由に絵を描きながら、絵で表現することを一緒に楽しみます。

【日時】4月8日(土)10:00~11:30、14:00~15:30
【場所】海老名市立中央図書館
【参加】3月24日から参加券を海老名市立中央図書館で配布。(各定員10人)

キミダケノオトでフリーセッション!そらコンサート

自閉症啓発デーの4月1日から8日までの「発達障害啓発週間」スペシャルイベントとして企画された、発達障害のあるミュージシャンによるコンサートです。手作り楽器で「キミダケノオト」を奏でて、気持ちを音に乗せて表現する楽しさも体験できます。

【日時】4月8日(土)10:15~11:30
【場所】三茶しゃれなあどホール
【参加】要事前申し込み 大人1,000円/小学生以下無料
このほかにも、全国各地で自閉症の啓発に関する活動が展開されています。各自閉症協会や自治体ごとの一覧も公開されているので、みなさんのお住まいの地域ではどんな活動があるのか、ぜひチェックしてみてください。

世界を包む青い光。「ライト・イット・アップ・ブルー」

世界自閉症啓発デーに合わせて、世界中のランドマークや名所旧跡を青色でライトアップするライト・イット・アップ・ブルー(Light It Up Blue)が、近年日本でも広がりをみせています。

青色は「癒し」や「希望」をあらわすとして、世界自閉症啓発デーのシンボルカラーになっています。自閉症はわかりにくい障害と言われ、障害を知らない人から誤解を受けたり、うまくいかないことに直面することもあります。

そんな自閉症の人の存在を多くの人に気づいてほしいという願いから始まったのがこの青いライトアップなのです。

ニューヨークに本拠地のある世界最大の自閉症支援団体「Autism Speaks」が2010年にはじめて以来、日本でも各関係団体や賛同する施設でライトアップが広がり、定着しつつあります。点灯式にあわせてイベントも実施するなど、各地でさまざまな取り組み行われています。

誰でも気軽に足をは込めるライトアップ。おすすめの会場を紹介します!
画像は過去のものです。実際とは異なる場合があります。

東京タワー・ライト・イット・アップ・ブルー

【日時】2018年4月2日(月)18:15〜22:00
【場所】東京タワー屋外特設ステージ

世界自閉症啓発デーのブルーライトアップ 通天閣

大阪の象徴である通天閣もブルーに!大阪府内では、ほかにも大阪城天守閣や天保山大観覧車も青色に染まります。

【日時】4月2日(月)日没から23:00まで(天保山大観覧車は22時まで)

Light It Up Blue ちの 2018~ひろがれ!青い光がつなげるこころ~

長野県の茅野市民館では、ライトアップだけでなく、日中イベントも企画されています。自閉症をはじめ、発達障害の当事者や関係者のメッセージの展示。誰でも参加できるダンボールと絵の具を使ったアートワークショップもあります。点灯式は4月1日18:00から行われます。

【日時】4月1日(日)、2日(月)

アートワークショップ「みんなでつくろう 光る!まぜこぜドーム」
【日時】4月1日(日) 13:00~15:00
【会場】茅野市民館 ロビー、他
【参加】要問合わせ

みらい長崎ココウォーク観覧車

ココウォークでは2014年からこの運動に賛同して参加しています。長崎県ではほかにも、女神大橋、稲佐山、ハウステンボス、大村市周辺施設がライトアップされます。

【日時】4月2日(月)~4月8日(土)
今年のライトアップは全国100ヶ所余りで行われる予定です。
幻想的な青に染められた夜の街を歩いて、自閉症について考えてみませんか?

まとめ

近年、発達障害への社会の関心が高まりつつありますが、誰もが暮らしやすい社会を実現するに正しい理解の広がりがもっと必要です。

自閉症のある人はコミュニケーションをとるのが苦手であったり、こだわりがあったり、いつもと違うことが苦手であったりといった特性があります。外見からはわかりにくいため、いまだに「心を閉ざしている」「親の育て方のせい」などといった誤解を受けることもあります。

しかし、周りの人が自閉症について理解し、接し方や環境調整といった工夫をすることで、自閉症のある人やその家族が抱える困りごとは減らすことができるのです。

イベント会場に足を運べない人も、当日は青い服やアイテムを身に付けてみてはどうでしょうか。青いものを写真に撮ってSNSに投稿することで、同じように自閉症について考えている仲間とつながることもできるかもしれません。

世界中の人が自閉症について考える4月2日の「世界自閉症啓発デー」を通じて、あなたも自閉症の人が安心して暮らせる社会への一歩を踏み出しませんか?


取材協力:一般社団法人 日本自閉症協会
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめのタイトル画像

関連記事

感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめ

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。