成長とともに必要な「支援」は変わる。社会人になった娘を見て、思うこと

成長とともに必要な「支援」は変わる。社会人になった娘を見て、思うことのタイトル画像

私には2018年春に就職した発達障害の娘がいます。娘と歩んできた19年の間には多くの支援者の方々に関わっていただきました。今回は私が考える“親が望む支援者”について書こうと思います。

荒木まち子
20739 View

【幼年期】初めての“支援者”との出会い

私が初めて“支援者”の方と出会ったのは娘が2歳の時です。

乳幼児健診のときには特に指摘を受けなかった娘ですが、私は同世代の子どもとの違いや育て辛さを感じ、自治体の子育て相談センターに相談をしました。

そこで教えてもらった児童発達支援センター(療育センター)に娘を連れて面接に行ったときのこと。相談員の方に娘の成育歴を聞かれた私は、気がつくと2時間近くも話をしていました。これには自分でも驚きました。

そして自分の母親ほどの年齢の“支援者”の方に
「お母さん、今まで頑張ってきたのね」
と言われたとき、思いもかけず涙が出たことを今でも鮮明に覚えています。

「どこへ行っても肩身の狭い思いをしていたこと」や「障害児を育てる孤独や不安」を“理解してくれる人”に、初めて出会えて嬉しかったのだと思います。

当時の私の日記には
「気がついたら2時間もしゃべっていた。こんなに話したいことがあったんだと自分でもビックリ。今まで子育てでほめられることがなかったから嬉しかった。そうか、私はほめられたかったんだ」
と書いてあります。

私たち親子は、その支援センターでその後6カ月間、月2回のペースで親子グループ保育に通いました。親子で一緒に体を動かしたり、同じ悩みを持つ保護者同士で話をしたり、支援者の方にちょっとした生活上の工夫を教えてもらったりしながら、穏やかで楽しい時間を過ごすことができたのです。

【小学校時代】支援の狭間で悩む日々

主人の仕事の関係で私たちは幼稚園卒業と同時に引っ越しをしました。引っ越した先でも療育センターに通いました。

下の子の出産もあり、しばらく通えない時期はあったものの、小学校高学年になるにつれ、勉強面や友人関係が難しくなり、相談に通う回数は増えていきました。しかし療育センターの面談では…
成長とともに必要な「支援」は変わる。社会人になった娘を見て、思うことの画像
Upload By 荒木まち子
「自閉傾向」「グレーゾーン」といわれていた娘。この頃は支援の狭間に陥っていて、もどかしさを感じることが多い時期でした。このまま何もしなかったら状況はどんどん悪化してしまうと感じた私は、自らも障害に対する勉強をし、積極的に地域資源を活用して公の相談機関以外にも娘に合った支援先を探そうと思い始めました。

【中学校時代】ともかく情報を求めていた時期

成長とともに必要な「支援」は変わる。社会人になった娘を見て、思うことの画像
Upload By 荒木まち子
小学校の半分の期間しかない中学校時代、私は娘が3年間をドロップアウトせずに過ごすことと、娘に合った進路先を探すことに必死でした。

【高校時代】自らヘルプを出すスキルを

高校生ともなると親と過ごす時間よりも学校や部活など、家庭以外で過ごす時間が増えます。それに伴って子どもの悩みの内容も家庭では解決できないものが増えていきます。

私は娘の成人後も見据えて、それまでの

娘が親に悩みを相談

親が娘の悩みを支援者に伝える

環境改善

という構図を徐々に「娘が自分で相談先を選び、自らが支援者に相談」に変えていきたいと考えていました。しかし、受動型の娘にはそれが難しく、苦労をしました。

【社会人】小学校時代まで遡り、過去の支援者行脚をした娘

学生から社会人になることは、それまでのどんなものとも比べものにならないほど大きな環境の変化です。慣れない環境や仕事、人間関係、見通しが立たない不安もあり娘は体調を崩しました。

ジョブコーチの勧めで会社を休んだ娘は、休みの間に過去にお世話になった支援者に会いに行きました。

小学校の頃から支えてくれた家庭教師の先生。
中学校の特別支援コーディネーターの先生。
中学・高校時代の居場所となったNPO法人の先生。
高校時代の地域コーディネーターの先生や地域活動ホームの相談員さん。

障害のある子は「自分を本当に支えてくれる人」や「自分に好意的に接してくれる人」が本能的にわかるようで、娘が会いに行った支援者の方々は娘を受け入れ、寄り添って下さいました。

過去を振り返り、変わらず見守ってくれている支援者の方から安心と知恵とパワーをもらい娘は再び前を向くことができたようでした。
算数の難関、「割合」を撃破!我が家のオリジナル教材をご紹介のタイトル画像

関連記事

算数の難関、「割合」を撃破!我が家のオリジナル教材をご紹介

イジメっ子との再会。そのとき娘は自分自身の変化を振り返り…のタイトル画像

関連記事

イジメっ子との再会。そのとき娘は自分自身の変化を振り返り…

【発達障害と思春期】学校の外に自分の“居場所”を見つけた娘。しかし…のタイトル画像

関連記事

【発達障害と思春期】学校の外に自分の“居場所”を見つけた娘。しかし…

【そして今】一番身近な相談先とは

ジョブコーチは娘が入社当初から支援機関との連携に積極的で、娘の体調や気持ちの変化をしっかりと見極め絶妙な距離感で彼女を支えて下さっています。地域の相談員さんはジョブコーチや過去の支援者を交えたカンファレンスを開いて下さいました。

今娘は“支援者”に『親に対する不満』を言うようにもなり、高校時代の課題も徐々にクリアーしつつあるようです。

“親の支援”より“子ども自身の支援”をメインに

今私が望むのは、子どもが幼年期のときのような“親に寄り添ってくれる支援者”ではなく、“子ども本人の意思を尊重し支えてくれる支援者”です。娘を支援者に丸投げにするわけではなく、連携をとりながら共通の目標に向かって共に歩んでいけたらと思っています。

「子どもの幸せ」こそが親の一番の願いなのですから。
【発達障害と思春期3】怒りの感情との付き合い方に悩む17歳の娘。夜中に家を飛び出し、向かった先は?のタイトル画像

関連記事

【発達障害と思春期3】怒りの感情との付き合い方に悩む17歳の娘。夜中に家を飛び出し、向かった先は?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。