小学校の先生がASDのある人の視覚世界をVR体験!「学校での配慮や工夫」を考えるワークショップを開催

小学校の先生がASDのある人の視覚世界をVR体験!「学校での配慮や工夫」を考えるワークショップを開催のタイトル画像

自閉スペクトラム症(ASD)者の非定型な知覚を疑似体験し、当事者への理解を深める「ASD知覚体験ワークショップ」。今年度は、「それぞれの場で実際にできることを考える」をテーマに、教育現場や企業などでワークショップを行っています。今回は、埼玉県戸田市立喜沢小学校で先生方を対象に行ったワークショップの様子を報告します。

LITALICO研究所のアイコン
LITALICO研究所
15383 View

小学校の先生に自閉スペクトラム症の疑似体験ができるワークショップを実施!

講義の様子
講義の様子
Upload By LITALICO研究所
「CREST認知ミラーリングプロジェクト」では、VRを用いて自閉スペクトラム症(ASD)のある人の非定型な視覚を疑似体験するワークショップを実施してきました。その中で、発達障害の子どもをもつ保護者の方から、「ぜひ学校の先生に体験してほしい」という声を多くいただきました。

学校では、多様な子どもたちへの教育的ニーズにどのように対応していくかが重要な課題の一つとなっています。2012年の文部科学省の調査で、小・中学校の通常の学級に在籍する生徒のうち、発達障害の可能性があり特別な教育的支援を必要とする児童生徒が6.5%いるとされました。40人のクラスに2~3人いる計算になります。

多様な子どもたちが同じ場所で学ぶ小学校において、どのように子どもたちの教育的・生活的ニーズを理解し、応えていくことが可能なのでしょうか。そこで、視覚、聴覚、嗅覚などの感覚過敏・鈍麻への理解を手掛かりにして、小学校の先生たちと一緒に考えました。

講義やVR体験、そして活発なディスカッションが

埼玉県戸田市は、県南部に位置する人口14万人の市で、荒川を境にして東京都に隣接しています。今回ワークショップを行った喜沢小学校は、戸田市の東部に位置する、児童数約370名、全14学級の小学校です。
ASDの視覚をVRで疑似体験する様子
ASDの視覚をVRで疑似体験する様子
Upload By LITALICO研究所
ワークショップでは
1.ASDのある人の非定型な知覚についての講義
2.VRを用いたASDのある人の視覚世界の疑似体験
3.当事者が語る映像の視聴
4.感想やアプローチを議論するワーク

を行いました。

講義では、ASDのある人がどのように世界を見ているのか、なぜASDのある人には知覚の過敏や鈍麻が起こりやすいのかといったASDの非定型な知覚の背景にあるメカニズムについて学びました。VR体験では、まぶしい場所やにぎやかな場所でどのように見えているのか、実際に学校の教室がどのように見えるのかを疑似体験しました。

ワークでは、実際に小学校に在籍している児童の事例をもとに議論を行いました。子どもたちの行動を表層的に捉えるのではなく、目に見えている行動の背景にどのような要因があるか、そしてそれらの要因に対してどのようなアプローチが可能かを、先生たちと、発達が気になるお子さまの支援を行っているLITALICOジュニアのスタッフで一緒に考えていきました。

例えば、「ノートのマス目に合わせて文字を書くことに困難さがある」児童の背景にはどのような特性的要因や、物的・人的環境要因があるかを思いつくかぎりたくさん挙げていきます。
議論の様子
議論の様子
Upload By LITALICO研究所
先生方は、講義やVR体験を通して感じたこと、思ったことをもとにたくさんの背景要因を挙げ、活発な議論をしていました。さらに、VRで体験した視覚だけでなく、聴覚や固有受容覚などその他の知覚的要因も含めて考えていました。印象的だったのは、形を整えて文字を書くことが苦手な児童の事例に関して、ある先生が「もはや鉛筆とノートで授業を受けるという前提を問い直さなければいけないのではないか」と言っていたことです。

学校では、皆が同じものを使って、同じ教科を同じペースで学びます。このような学校の「当たり前」に疑問を持ち、本来多様である子どもたちが、学びやすく過ごしやすい環境についてさまざまなアイディアを出し合っている先生たちは、とても楽しそうで生き生きとしていました。

多様な子どもたちに対してどのような手だてを行っていけばいいかということは、それぞれの教室によって、子どもによって異なるため、一律の答えやハウツーを出すことはできません。しかし、子どもたちの行動や発言の背景要因を探り、手立て・アプローチの「引き出し」を増やしていくことで、子どもたちが学びやすく過ごしやすい学校環境につながります。

参加した先生方に感想を伺いました

ワークショップに参加された先生2名に感想を伺いました。1人目は福田先生です。
福田先生のポートレート
福田先生
Upload By LITALICO研究所
―― ワークショップに参加されていかがでしたか?

福田先生:以前クラスにASDのある生徒がいたのですが、今日の内容をもっと早く勉強していたらその子への対応が変わっていたと思い、すごく反省しています…。保護者の方から「感覚過敏がある」と聞いていて、知識としては理解していたのですが、VR体験をするまで、ピンときていなかったなと思いました。やはり、経験してみないと分からないですね。先にVR体験をしていたら、座席配置を工夫するなど、もっと別のアプローチが可能だったと思います。今日の研修で、できることの引き出しが広がりました。ありがとうございました。

2人目は横地先生です。
横地先生のポートレート
横地先生
Upload By LITALICO研究所
―― ワークショップに参加されていかがでしたか?

横地先生:クラスに、聴覚過敏があり、小さな音でもすぐにびっくりする子が在籍していたことがあります。その子が音に驚くと、他の子どもたちも反応して、クラス全体が騒がしくなってしまいます。今日の研修で、聴覚過敏のある子には、同じ音でも、他の人よりも大きく聞こえているかもしれないということが分かりました。これまでは(驚いて騒いでしまう子や、それに反応して騒がしくなるクラス全体に対しても)静かにさせる方向で指導していましたが、なぜその子が驚くのか理解できたので、少し待ってみる、そもそも音が出にくいように教室の環境を工夫するなど、今後は別のアプローチも試してみようと思いました。

他の先生方からも、
「同じものを同じ場で同じように提供したとしても、人によって見え方、感じ方が異なってくることを頭に入れながら、今後の授業に生かしていきたいと思います」
「子どもの困難さの要因は、考え方次第ではたくさんあり、自分の考え方が少し広がったように感じます」

などの感想をいただきました。

今回のワークショップでは、同じ学校の先生同士で、実際に明日から学校でできる手立てを議論することができました。とても有意義な時間になったように思います。

目指す学校像とは?校長先生に聞きました

喜沢小学校校長の手塚浩先生に、ワークショップを実施しようと思った動機や感想、目指す学校の在り方などを伺いました。
校長の手塚先生のポートレート
校長の手塚先生
Upload By LITALICO研究所
―― どうして研修を実施しようと思われたのですか?

校長先生:学校には障害のある子だけでなく、外国籍児童など本当に多様な子どもがいます。一人ひとり価値観も育った背景も違う、多様な子どもたちがいるなかで、学校教育がその子たち一人ひとりにあった十分な支援や指導ができているのかというと正直難しいというのが現状です。さらに通常学級は30人、40人いますから、どうしても個人を集団に適応させようとしてしまいがちです。

そこで、研修を通して先生たちに、障害が個と周囲の環境との間にあるということを学び、子どもたちに対するさまざまなアプローチを知ってほしいと考え、研修をお願いしました。

―― 研修はいかがでしたか?


校長先生:先生たちは、人によって見え方に違いがあることをVRで体験して、新鮮な驚きがあったと思います。そして、当事者の方はこれだけの生きづらさや苦労があることを知り、ではどうやって支援していけばいいのだろうかということに関して新しい気づきがあったのではないでしょうか。

―― 今後もこのような研修を続けるご予定でしょうか?


校長先生:今後も続けて研修を行っていきたいです。特別に支援を要する子たちへの支援は一人ひとりそれぞれ違うので終わりがありません。そしてその分できることも無限にあり、今後もさまざまな研修をして多様な子どもたちに少しでも対応できるような教育をしていかなければいけないと思っています。

―― 手塚先生が目指す学校とは、どのような学校でしょうか?


校長先生:本校では、障害のあるなしや国籍は関係なく、どの子も実社会につながる学びを進めています。学校のなかには通常学級や特別支援学級といった多様な学びの場がありますが、将来的には全ての子が社会の中で生きていかなければなりません。そこにつながる学びを学校教育として行っていく必要があると思っています。

そのためにはまず、全ての子が楽しいと思える居場所と必要な学びへのアクセスを保障していかなければいけません。やらなければならないことはまだまだたくさんあると思っています。戸田市全体で行っていることですが、STEAM教育、PBL(プロジェクト型学習)、協働的な学びなど、これからの時代を生きる子どもたちに必要な新しい学びも取り入れていきます。今後も全ての子どもを伸ばす、全ての子どもの良さを伸ばす学校を目指していきたいと思います。

「CREST 認知ミラーリングプロジェクト」のこれから

今回は、学術研究の知見を小学校という教育現場で共有するとともに、先生たちが子どもたちの行動の背景要因を理解し、対応するための選択肢の幅を広げる取り組みとして、戸田市立喜沢小学校の先生方に向けて行った、ASDのある人の知覚を学ぶワークショップについてレポートしました。

ASDのある人の「非定型な知覚」を理解すると聞くと、障害が個人にのみ起因しているように感じるかもしれません。しかし、周囲の環境が変わることで、当事者が感じる困難さを軽減することができます。

例えば、脳に入ってくる情報の取捨選択が難しいことで、見え方にノイズが起き、授業に集中できなくなってしまう場合。教室の掲示物を減らしたり、仕切りを使用したり、イヤーマフの使用を許可したりすることで、これまでよりも学びやすくなったり、生活しやすくなったりするかもしれません。

「CREST 認知ミラーリングプロジェクト」では、今年度、学校、少年院、企業などでASD知覚体験ワークショップを行っています。その様子を今後も報告していきますので、楽しみにしていてください。


撮影:鈴木 江実子
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。