【障害年金申請への道vol.2】書類作成に着手!『病歴・就労状況等申立書』は20年間の娘の困りごとでどんどん埋まり...

【障害年金申請への道vol.2】書類作成に着手!『病歴・就労状況等申立書』は20年間の娘の困りごとでどんどん埋まり...のタイトル画像

自閉症の娘が20歳になった時、我が家は障害年金受給の申請をしました。今回は申請に必要な書類の一つ『病歴・就労状況等申立書』作成についてのお話です。

荒木まち子のアイコン
荒木まち子
12994 View

前回のあらすじ

娘が18歳の時に学校主体で開催された、保護者向けの障害年金説明会をきっかけに、申請のための準備を少しずつ進めようと考えた私。役所の窓口の方にもまだ早いと驚かれましたが、少し早めに過去の記録を引っ張り出し、保護者が作成できる書類の記入に取り掛かることにしました。
【障害年金申請への道】発達障害の娘、もうすぐ成人!で準備を開始。説明を受けるも「?」がいっぱい...!?【Vol.1】のタイトル画像

関連記事

【障害年金申請への道】発達障害の娘、もうすぐ成人!で準備を開始。説明を受けるも「?」がいっぱい...!?【Vol.1】

早めに準備ができる書類

『病歴・就労状況等申立書』は障害年金を申請する際に必要な書類の一つです。

医療機関に記載を依頼する診断書などには有効期限がありますが、これは請求者(本人や保護者)が作成する書類なので早めに準備しておくことができます。私は隙間時間に少しずつ作成していきました。
病歴・就労状況等申立書
Upload By 荒木まち子

どこで区切るか

『病歴・就労状況等申立書』の最初の欄は発病から初診までの間(先天性疾患は出生時から初診まで)の状況を、それ以降は期間を3〜5年に区切って書くので、

私は娘の経過を、

1.出生時~初診まで(娘の場合は0~2歳)
2.未就園の期間
3.幼稚園の期間
4.小学校(低学年)
5.小学校(高学年)
6.中学校
7.高校
8.就職後

に分けて書くことにしました。
娘の場合、一枚では欄が足りなかったので『病歴・就労状況等申立書(続紙)』を使用しました。
病歴・就労状況等申立書(続紙)
Upload By 荒木まち子

状況記入欄に何を書くか

状況記入欄には、(受診していた期間は)通院期間、受診回数、入院期間、治療経過、医師から指示された事項、転医・受診中止の理由、日常生活状況、就労状況などを書くのですが、私はそれらの他に

・初診まで…親が感じていた困り事(視線が合わない。抱くとのけぞって嫌がる。手をつなぐのを嫌がる。発語が遅い。)など
・就学まで…療育センタ―受診の経緯、療育内容、幼稚園での様子
・学生時代…障害由来の学校での困り感、学校でのいじめの様子、感情コントロールの困難さ、支援機関との連携について
・就職後…新たな環境に対する不安の強さ、精神的に不安定な様子、職場で行われている配慮

などを記入しました。
【障害年金申請への道vol.2】書類作成に着手!『病歴・就労状況等申立書』は20年間の娘の困りごとでどんどん埋まり...の画像
Upload By 荒木まち子
当初「なんてサイズが大きいんだろう!」と思っていた『病歴・就労状況等申立書』用紙は、娘の20年間の困りごとで、みるみる埋まっていきました。

それは「よくまあこれだけのことがあったものだ」と我ながら感心するほどで、最終的には枠内に書ききれず、割愛するエピソードがでるほどでした。

手書きかPC作成か

申請書類作成は手書きでも大丈夫ですが、『病歴・就労状況等申立書』と『病歴・就労状況等申立書(続紙)』は日本年金機構のHPからダウンロードすることができるので、私はエクセルで作成をしました。
ここで注意しなければならないのは『病歴・就労状況等申立書』と『病歴・就労状況等申立書(続紙)』では裏面が違うということです。

『病歴・就労状況等申立書』の裏面

【障害年金申請への道vol.2】書類作成に着手!『病歴・就労状況等申立書』は20年間の娘の困りごとでどんどん埋まり...の画像
Upload By 荒木まち子

『病歴・就労状況等申立書(続紙)』の裏面

【障害年金申請への道vol.2】書類作成に着手!『病歴・就労状況等申立書』は20年間の娘の困りごとでどんどん埋まり...の画像
Upload By 荒木まち子
『病歴・就労状況等申立書』と『病歴・就労状況等申立書(続紙)』は、A3サイズで両面印刷をした後に、裏面の請求者署名欄に本人署名(または捺印)をする必要があります。(見本の赤丸で囲った部分)

「自発的」の意味合い

『病歴・就労状況等申立書』裏面には『日常生活状況』を4段階(※)の中から選ぶ項目があります。(見本の黄色枠で囲った部分)

「1」→自発的にできた
「2」→自発的にできたが援助が必要だった
「3」→自発的にできないが援助があればできた
「4」→できなかった

この“自発的”には“すべてを自分一人で”という意味合いがあるということを知り、
<着替え>の項目では
一人で着替えられたとしても“自分で季節にあった服を選ぶこと”ができていなければ「1」にはならない、
<食事>の項目でも
食卓に出されたものを自分で食べることはできても“一人で暮らした時に栄養のバランスを考えた食事を取ること”ができなければ「1」にはならないなどの点も気をつけなければならないと思いました。

なので本人が「自分でできている!」と思っていても、申立書の記入時には注意が必要です。

参考になった勉強会

学校での障害年金申請説明会から1年ほど経ったころ、娘が余暇支援やショートステイで利用している地域活動ホームで、保護者向けの勉強会がありました。
講師は「親なきあと」相談室を主宰する、行政書士、社会保険労務士、ご自身も障害児の親でもある渡部伸さんでした。

障害のある人の「親なきあと」についてのお話は、

・暮らし方やお金に関すること
・医療費、信託制度、成年後見人制度について
・相談先や実際の事例


など多岐にわたる内容でした。

なかでも障害年金についてのお話は、ちょうど『病歴・就労状況等申立書』を作成していた私にとって、とても参考になる内容でした。

親目線は一味違う!

日本年金機構(年金事務所)の方の説明会も勉強になりましたが、やはり親目線ももちあわせた先生からのお話は格別で、

・『病歴・就労状況等申立書』には具体的なエピソードを書くと良い(書ききれない場合は別紙添付も可)
・障害年金申請が通らなかった場合には審査請求、再審査請求などができる
・働いている場合は職場からの意見書も有効

など、前回の説明会では知りえなかったことを学ぶことができました。
(勉強会を企画してくれた地域活動ホームに感謝、感謝です!)

続く...
専門家に聞いた!障害のある子の将来のために、残しておきたい「子育て記録」のコトのタイトル画像

関連記事

専門家に聞いた!障害のある子の将来のために、残しておきたい「子育て記録」のコト

LITALICO発達ナビ 座談会「発達が気になる子の子育て記録を残す重要性について」

渡部伸先生の著書

障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて
渡部 伸(監修)
自由国民社
障害のある子の「親なきあと」
渡部 伸
主婦の友社
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

荒木まち子 さんが書いた記事

【障害年金申請への道】発達障害の娘、もうすぐ成人!で準備を開始。説明を受けるも「?」がいっぱい...!?【Vol.1】のタイトル画像

【障害年金申請への道】発達障害の娘、もうすぐ成人!で準備を開始。説明を受けるも「?」がいっぱい...!?【Vol.1】

自閉症の娘が20歳になったとき、我が家は障害年金受給の申請をしました。一連の手続きを通じて私が感じたことや気付いたことを数回にわたってご紹...
発達障害のこと
18428 view
2019/12/06 更新
母の前でだけ荒れる娘――警察への電話を踏みとどめてくれた先生の一言。ギリギリな毎日で記憶すら曖昧な、娘の高校時代のことのタイトル画像

母の前でだけ荒れる娘――警察への電話を踏みとどめてくれた先生の一言。ギリギリな毎日で記憶すら曖昧な、娘の高校時代のこと

私はいつも過去の記録(ノートやメモに記した走り書きなど)をもとにコラムを書いています。 でも実は記憶と記録が大きく抜けている期間があります...
発達障害のこと
27071 view
2019/11/06 更新
社会人2年目、発達障害の娘が保険探し開始!「自分には保険が必要」と思ったアクシデント、そして必要な保障とは?のタイトル画像

社会人2年目、発達障害の娘が保険探し開始!「自分には保険が必要」と思ったアクシデント、そして必要な保障とは?

発達障害がある娘も20歳となり、保険について真剣に考え始めた様子。 「保険は生命保険、障害保険、賠償責任保険など沢山の種類があって難しそ...
発達障害のこと
13253 view
2019/10/03 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。