長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長

2020/01/30 更新
長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長のタイトル画像

長男は家の中にいるとき、あるモノを常に自分のそばに置いています。ころころ転がす、まくら代わりにする、いすにして座る、ぽんぽんつく、そう答えはボールです。ぼろぼろのピンクのボール、これは長男が赤ちゃんのときから我が家にある、彼の宝物です。

シュウママさんのアイコン
シュウママ
9051 View

その執着はすごい。ボールとの付き合いはかれこれ10年

長男はピンクのボールが大好きです。とにかく手から離れることがないのです。ボールは友達!といった感じなので、ドリブルなんて得意です。運動が苦手な次男よりもはるかに上手です(笑)
長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長の画像
Upload By シュウママ
長男とボールとの付き合いは長く、それこそ赤ちゃんのころから、くるくるくるくる、ひたすら回転させていました。その執着はすさまじく、学校から帰ってくると母よりも、次男よりもまず先にボールを探します。万が一見つからないと、この世の終わりのように泣き崩れます。

長男のこだわり炸裂。似たような相棒じゃダメ!

そんなある日。小学4年生のときです。長男がわーっと騒ぐので走っていくと、ボールがぺしゃんこに潰れていました。空気を入れてやっても元に戻りません。見る影もなくなったボールを見つめ長男は悲しそうにうつむいています。「明日、新しいボールを買ってくるよ」と言うと、少しほっとしたような顔になりました。
長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長の画像
Upload By シュウママ
次の日、私はボールを買いに行き、学校から帰ってくる長男を待っていました。「ほら新しいボールだよ~」と長男に新品のボールを見せると、長男は顔色を変えました。
「ボールない!ピンク!ない!」長男は青いボールを見て怒りました。
長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長の画像
Upload By シュウママ
そう、お店には同じピンクのボールがなかったのです。仕方なく買った青いボールに長男は満足しませんでした。「似たようなもんじゃん」は通用しないのです。

結局私は他のお店に行って、ピンクのボールを買い求めるはめに。長男はやっと満足しました。
そして安心したように、ボールを抱えて眠ったのです。
長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長の画像
Upload By シュウママ

えっ。それでいいの?こだわりを少しずつ脱ぎ捨てて

長男のピンクのボールへのこだわりは、なくならないだろうなと思いました。単なるこだわりというより、長男はピンクのボールがないと、不安そうなのです。精神安定剤みたいなものなのでしょうか。だからそれは仕方がないなと思っていたのです。

ところが、今年の冬休みに実家に帰省したときのことです。荷物の中にボールを入れ忘れたため、私はかなり焦りました。実家で穏やかに過ごせるだろうか...するとたまたま実家に置いてあった青いボールを見て、長男は目を輝かせました。そして結局、帰省している1週間の間、長男は青いボールを大事そうに抱え、楽しそうに過ごしていたのです。
長年こだわったピンクのボールからついに卒業!?自閉症長男、冬休みの帰省で見られた成長の画像
Upload By シュウママ
それ以来、長男はピンクのボールひとつに執着するのではなく、他のボールでも遊べるようになりました。ただボールは片時も離しませんけどね。

何か一つのものに対する固執や愛着といった感情は、決して珍しいものではないと思います。それをゆったり見守っていると、少しずつ少しずつこだわるポイントが減っていって、いつか卒業できる日がくるのかなと思います。

長男も今年小学6年生。心も成長しているのかもしれません。
自閉症長男が数字の魅力にどっぷり?! 歌をきっかけに、日常生活でできることも増えて…!のタイトル画像

関連記事

自閉症長男が数字の魅力にどっぷり?! 歌をきっかけに、日常生活でできることも増えて…!

自閉症長男の「外出先で大パニック」から学んだ――お出かけ前にわが家がすることと、パニックが起きたときにできることのタイトル画像

関連記事

自閉症長男の「外出先で大パニック」から学んだ――お出かけ前にわが家がすることと、パニックが起きたときにできること

「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する
田中康雄
SBクリエイティブ
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

シュウママ さんが書いた記事

重度自閉症の小6長男、赤ちゃんの泣き声でパニック…!でも、初めて口にした「あること」に大きな成長を感じてのタイトル画像

重度自閉症の小6長男、赤ちゃんの泣き声でパニック…!でも、初めて口にした「あること」に大きな成長を感じて

6歳まで単語の出なかった長男も現在11歳。たくさんの言葉を覚えました。物の名前、友達の名前を言うことや、「わかった」「イヤ!」という簡単な...
発語・コミュニケーション
16312 view
2020/07/15 更新
休校で自閉症長男のワガママが爆発!叱ることを諦めかけた私を救ったのは次男の一言だった…⁉のタイトル画像

休校で自閉症長男のワガママが爆発!叱ることを諦めかけた私を救ったのは次男の一言だった…⁉

長引く休校は、子どもの命を守るためとわかっていても、やはり親も子も疲弊してしまいますね。長男は幸い、放課後等デイが見てくださるので大きな日...
発達障害のこと
21900 view
2020/06/01 更新
非常食は取り寄せて試食!?特別支援学校に通う自閉症息子のための「非常用持ち出し袋」づくりのタイトル画像

非常食は取り寄せて試食!?特別支援学校に通う自閉症息子のための「非常用持ち出し袋」づくり

長男の通う特別支援学校では、在校中に地震などの災害が起きた場合を想定して、様々な取り組みがなされています。今回は、どんな状況で発生するか分...
進学・学校生活
7871 view
2020/03/18 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。