分かっているけどできない!立ちはだかる片付けの壁。ADHD・ASD親子は行動が似ていても違いがあって

2020/12/07 更新
分かっているけどできない!立ちはだかる片付けの壁。ADHD・ASD親子は行動が似ていても違いがあってのタイトル画像

ADHD・ASDである息子のコウは、子どものころの私と同じく”片付けられない子ども”です。

物の管理が雑で、用が済んだらその辺に放置するところはかつての私とよく似ていますが、一方で「ここは違うな」というところも色々とあって…?

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
12857 View

行動は似ている私とコウ。でも、結果に違いが…?

「凸凹の数値が似ているから(僕とお母さんは)やることも似ているのかな」とコウは言うけれど…?
Upload By 丸山さとこ
ADHD・ASDである息子のコウは、子どものころの私と同じく”片付けられない子ども”です。物の管理が雑で、用が済んだらその辺に放置するところはかつての私とよく似ています。

「凸凹の数値が似ているから、やることも似ているのかな?」と言うコウですが、性格はあまり似ていない私とコウだからなのか、私とは違うところも色々とあるようです。

同じ「片付けられない」子どもではあるけれど…

しまわなければ困らなかった子ども時代の私

前回のコラムで書いたように「母の言う通りに収納するとどこに何があるか分からない」と感じていた子どものころの私は、自分の思うように置くのであれば”どこに何があるのか”は分かるため、困ることはありませんでした。
自分の思うように物を扱えば、どこにあるかは大体分かっていた子どものころの私
Upload By 丸山さとこ
置いた場所の記憶があるというよりは、「大体この辺りを探せばある」ということを経験則で分かっていただけなのですが、当時の私にとっては「下手にしまうとなくす。しまわなければなくさない」ということがハッキリしていました。

そのため、母が言うような”収納するタイプの片付け”に対してはメリットが見いだせなかったのです。

しまわないことでなくしてしまうコウ

一方、コウの場合は「自分の思うままに物を扱う」となくし、「母(私)の言う通りに物を扱う」となくさないため、私の言う通りに片付けた方がメリットは高い状態です。そのことはコウ本人もよく知っています。
「あれ?ない!ここにあったハズなのに…!」と慌てながら探し物をするコウ
Upload By 丸山さとこ
ただ、それ以上に片付けをする面倒さや作業を中断することへの拒否感が大きく、”用があるもの以外は意識が向かない”特性もあって、片付けをすることは中々難しいようです。

(私がコウに言うことは主に「出したらしまう・使ったら戻す」の2つで、どこにどう収納するかは相談しつつコウが決めています)

「作業を中断するのが嫌だったり、用が済んだものを忘れてしまったりするのなら、割り切って定期的な片付けをするのはどう?」と勧めてはみるものの、言われたときにしぶしぶ片付ける状況から抜け出せないでいます。

「分かってる」けど「できない」片付けの壁!

納得することと”できるかどうか”は、また別の話?

今1つあるだけでも『面倒だな』と思うことを溜め込むと、5とか10とかの面倒になってやってくるよ。1つでも苦戦する相手が束になってかかってきたら、そりゃ大変だろうと思うよ」
コウに対しては「面倒なことを後回しにしない大切さ」を説く私だけれど…?
Upload By 丸山さとこ
…とコウには言ってはみるものの、私だって「ジョギングとかジムに行くとか大変でしょ?隙間時間にこまめな運動をしたり、ながら運動を取り入れたりしなよ」と言われたとしたら、納得はしてもやる気は出ないだろうな~と思います。

しかも、コウの場合は見落としや記憶のすり替えも多いため、私のコートのように”確実に物を管理できた経験”をしない限り、難しいかもしれないなと思っています。

”片付け”のことを分かっていないわけではないコウ

コウは、片付けに関して分かっていることやできていることもたくさんあります。

・「掃除機をかけたいから片付けて」と言われれば片付けられる
・片付いた部屋の状態を快適であると感じられる
・どこに片付ければ良いのかは記憶できている
・管理できる物の量には上限があることは理解できている


という状態で、それでも片付けられないのが現在のコウです。であれば、親の私としては「サポートしつつ時期を待つ」のが、コウの片付けに対して”私ができること”なのかな?と思うこのごろです。
「あと少しだよ、応援してー!」と片付けを頑張るコウに声援を送りながら”見守ること”について思いを巡らせる私
Upload By 丸山さとこ
コウにとっての”1着のコート”が何なのかは分かりませんが、彼にもそんなきっかけがあれば嬉しいなと思いつつ、今日も「床を見てー」「上着が落ちてるよー」と言っている私でした。

LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!のタイトル画像

関連記事

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!

10代が「自分らしく生きていく」方法って?実行機能、マインドフルネス、ジェンダー...3つのテーマで自分を知る『10代の心理をサポートするワークブック』シリーズのタイトル画像

関連記事

10代が「自分らしく生きていく」方法って?実行機能、マインドフルネス、ジェンダー...3つのテーマで自分を知る『10代の心理をサポートするワークブック』シリーズ

ぐちゃぐちゃの机で宿題、収納するとなくす…ASD・ADHDあるある「片づけられない」私を変えたのは、1着のコートだった!のタイトル画像

関連記事

ぐちゃぐちゃの机で宿題、収納するとなくす…ASD・ADHDあるある「片づけられない」私を変えたのは、1着のコートだった!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9567 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8430 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13222 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。