今が特別支援学級から通常学級に戻るタイミング?小4娘が選んだのは【後編】

2021/02/03 更新
今が特別支援学級から通常学級に戻るタイミング?小4娘が選んだのは【後編】のタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、小学4年生。2年生のときから、特別支援学級に在籍しています。
特別支援学級の教室の様子は、進級するたび変わっていき…
娘の不満も溜まっていくようになりました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
27455 View

4年生に進級。またしても、変化した教室の様子。

娘が4年生に進級し、下級生も増えた特別支援学級の教室。

担任の先生も替わり、たくさんの環境の変化がありました。
騒がしい特別支援学級にイライラする小3娘、母の心配とは裏腹に…?【前編】のタイトル画像

関連記事

騒がしい特別支援学級にイライラする小3娘、母の心配とは裏腹に…?【前編】

3年生でも環境の変化はあったものの、娘は、私が予想していなかった成長を見せてくれたため、あまり心配はしていなかったのですが…

4年生に進級してしばらくしたころ、娘が再び、家で特別支援学級内の不満を言うようになりました。
「みんなが大きな声を出すから授業が全然聞こえない」「みんながすぐ教室外に出て行って、先生が探しに行く。その間私は1人で待っている」など特別支援学級の環境に不満を言うあーさん。
Upload By SAKURA

娘の思いと、学校の事情。

話をよく聞いてみると、クラスの人数が増えたことで先生の対応が追いつかず、娘の授業が中断されることも多くあるそうです

さらに騒ぐ声も大きくなり、娘は不快に感じているようでした。
ゆっくり静かに勉強するために特別支援学級に移ったのに、静かに勉強ができていない現状に不安を抱える母。
Upload By SAKURA
特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えのタイトル画像

関連記事

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答え

娘がストレスを感じていることはわかります。しかし、学校に対応をお願いしても、おそらく人員の関係などで対応はなかなか難しいでしょう。

先生たちも、最大限やってくれているはず。
「先生もできる限り対応してくれているはず」と考える母。
Upload By SAKURA

通常学級へ戻るとき?

どうしたものかと考えましたが、まったくいいアイディアが浮かばなかった私は、夫に相談しました
夫は「今こそ通常学級で授業を受けるべきじゃない?」と言う。それを聞いて母は迷う。
Upload By SAKURA
夫は、「今が通常学級に戻るタイミング」と言いました。

確かに娘の学習は順調に進んでいます。私の目から見てもよく理解していると思うし、成績も悪くありません。

しかし、大勢の中に入って先生の話を聞くことができるか…
わからないときに自分から聞くことができるか…


不安はいくつかありました。

担任の先生に相談。通常学級でもいける?

そこで特別支援学級の先生に、娘が通常学級で授業を受けられそうか、聞いてみることにしました。
連絡帳に現状を書き先生に相談することに。連絡帳を読んだ先生から電話がきて、学校での様子を聞く。
Upload By SAKURA
パニックの回数は、徐々に減ってきているものの、涙を流してしまうことはまだまだあるようでした。

「支援員さえつけば…」と私も思いますが、特別支援学級の事情は、私も理解しています。私たちが望んでも、学校の事情でどうしようもないこともあるのです。

それから先生は、
「そういう状況ではありますが、あーさんとお母さんが望めば、今すぐ通常学級で授業を受けることはできますよ」
と言いました。
「すぐに通常学級で授業を受けることはできる」と先生から言われ、悩む母。
Upload By SAKURA
このまま特別支援学級で、いいのだろうか…。しかし通常学級に移ると、学習が遅れたり、教室でパニックを起こしたりして、他の子に迷惑をかけるかもしれない…。

進学や進級のときなど、選択に迷った経験はこれまでにもありましたが、もう一度その選択のときがやってきました。

娘の気持ちと、私の考え。

しかし今回違うのは、娘が4年生という学年になっているということもう自分の意見だって言えます。

先生や夫と話し合った結果、娘の希望を聞いてみることにしました。
メリットとデメリットを伝えながら、特別支援学級と通常学級どちらで授業を受けたいか、あーさん本人に尋ねる母。
Upload By SAKURA
私は、このまま特別支援学級で受けるか、通常学級で受けてみるかを、それぞれのメリット・デメリットを話してから、娘に選ばせることにしました。
「私は特別支援学級で授業を受けたい。急に言われてもちょっと心の準備ができないし心配だから」と話すあーさん。
Upload By SAKURA
娘は少し考えてから、「特別支援学級がいい」と答えました。

それから私は、いい機会だと思い、娘に今後の見通しとして私が考えていることを話しました。
母は「5年生か6年生になったらもう一回、国語と算数も通常学級で受けることを考えてくれる?」とあーさんに尋ねる。あーさんは「わかった」と答える。
Upload By SAKURA

気持ちは、頻繁に確認。

1年生のとき、「2年生になったら通常学級にするか、特別支援学級にするか」の選択ですごく悩みました。それは、娘が本当はどうしたいか、わからなかったからでした。

しかし今回は、娘がどうしたいか、不安や心配があるか、しっかりと聞くことができ、娘の大きな成長を感じました。

娘に気持ちを聞いてからも、学校での様子は頻繁に聞くようにしています。今回、特別支援学級を選んだ娘ですが、いつ考えが変わるかわかりません。

4月からは、5年生。

特別支援学級、通常学級、それぞれの状況も今のままではなく、変わっていくでしょう。こまめに様子を確認し、そのタイミングは逃さないようにしていきたいと思います。

小学校生活の困りごと特集

発達ナビライターによる小学校生活での困りごとエピソードをあつめたまとめコラムはこちらです。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコトのタイトル画像

関連記事

娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコト

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!のタイトル画像

関連記事

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。