自閉症息子が年長でイヤイヤ期に突入!?激しい癇癪が再燃したワケは、退行ではなく…!?

2021/08/24 更新
自閉症息子が年長でイヤイヤ期に突入!?激しい癇癪が再燃したワケは、退行ではなく…!?のタイトル画像

こだわりが目立ち始めた2歳ごろから保育園年少さんまで、365日寝ているとき以外は休みなしに癇癪を起こしていたわが家の息子ほぺろうですが、年中さんに進級してから次第に落ち着き出し、私もホッと胸をなでおろしていました。
でも、「今後もさらにお兄ちゃんらしくなるかも?」という期待とは裏腹に年長さんになった現在、癇癪が再燃しています。

ぼさ子さんのアイコン
ぼさ子
13893 View
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

束の間の平和。これから楽しい時間をつくりたかったのに…

自閉症と中度知的障害のある、ほぺろうは現在保育園の年長さん。発語はいまだにありません。

人見知りや場所見知りが強く変化が苦手なほぺろうは、2歳ごろから癇癪が激しくなり、一日に10回くらい地雷を踏んでは一回につき1時間は泣き暴れ続ける…ということを繰り返していました。
3歳で障害の診断がついたそのあとも「神様…ほかのことは諦めますので、どうか情緒だけは何とかしてください」と思わず祈ってしまうほど、ほぺろうも私も心身摩耗する日々を送っていました。
「癇癪だけはどうにかしてください」と祈る母
Upload By ぼさ子
保育園の年少時代いっぱいまで癇癪は続き、ただ保育園に居るだけで精一杯!クラス活動やコミュニケーションを楽しむのもむずかしそうなほぺろう。
ところが、年中さんに進級するとだんだんと癇癪が減り、ようやく泣かずに登園できるように。落ち着いてきたおかげで周りが見えてきたのか、お友達の真似をしながら保育園活動を楽しめるようになってきました。

2年以上毎日癇癪だったほぺろう。その分ほぺろうは楽しい時間を持てずに過ごしてきました。だからこそ私は癇癪が落ち着いてきたことが嬉しくて、「今までの時間を取り戻すくらい、楽しい思い出をたくさんつくっていこうね!」と張り切っていました。
癇癪が落ち着いてきて、息子に楽しい思い出をたくさんつくってほしいと思う母
Upload By ぼさ子
そして年長さんに進級。間もなくしてほぺろうの気分が崩れがちになり、雲行き怪しい雰囲気に…。

癇癪の理由を探すも見極められず…

最近のほぺろうは、保育園の登園時・降園時に決まって癇癪を起こします。
保育園の先生たちも「保育園活動の練習で疲れてるのかも」「暑いからかも」「イヤイヤ期かも」と一緒に考えてくれますが、それでも原因は特定できないし、全部が原因なのかもしれません。
保育園の先生たちと癇癪の原因について話すも、特定が難しい
Upload By ぼさ子
理由を探って解消してあげたいと思っても、発語のないほぺろうは、ただただ大泣きするだけで原因が読めず…。
または発語できないからこそ、余計イライラしているのでしょう。

「これって『折れ線発達』というヤツなのかな?」「定型発達だったら右肩上がりなのかな?」疲れのせいか、考えても仕方のないことでグルグル悩みます。

『ほぺろう本人が理由を持って泣き暴れているのか』もしくは『ワケも分からず泣き暴れているのか』…。同じ泣き暴れでも その二つの違いは天と地の差。だけどそれすらも見極められず、私は自分で「親として情けないなぁ…」と落ち込んでしまいます。

『逆戻り』ではない可能性。それは年中時代の先生の予言

現在 再び癇癪続きのほぺろうですが、2~4歳ごろの癇癪とは違う点も見られる気がします。それは『癇癪時間が短くなった』こと。

私がそう思いたいだけかもしれませんが、ほぺろうも自分自身で癇癪を抑えたいと頑張っているように見えるのです。泣きながらも自分で精神安定剤(大好きな絵本)を持ってきたり、おやつを要求したり…。ほぺろうなりに気分を切り替えようと努力してるのかな?と思うといじらしくてたまりません。
「泣き止みたい」という自覚が感じられる母
Upload By ぼさ子
もしかしたら、決して『逆戻り』ではないのかも…と思ったとき、あることを思い出しました。

保育園年中さん時代の個人面談のとき、クラス担任の先生の予言…。「年中になってからのほぺろう君は、いろいろなことが分かってきましたし、新しいことにチャレンジする姿勢も見られるようになってきました。だからこそ、今後は苦労しますよ!!おそらく年長あたりで『2歳のイヤイヤ期』を迎えます。『わかる・やりたい』と思うのに『できない』ことにイライラするはず。お母さんは覚悟してください(笑)」
「これからイヤイヤ期がきますよ」という、先生の大予言を思い出す母
Upload By ぼさ子
確かに、ほぺろうの発達年齢は現在2歳。そして実年齢2歳のときは癇癪が激し過ぎてイヤイヤ期だったのかどうだか分からずだったので、今が『2歳のイヤイヤ期』だとしても不思議はありません。

正直 今の私は、『逆戻り』なのかそうじゃないのか確証のある理由を見つけられていませんが、やっぱり成長を感じさせてくれる『イヤイヤ期説』を信じたいです。

私自身の子ども時代だって右肩上がりじゃなかった

ほぺろうが3歳のとき ほんの少しだけ言葉が出たのにすっかり消失してしまったことから「ほぺろうは『折れ線発達』なのかな?」という意識になってしまい、今回の癇癪もそんな風に思ってしまいました。
でも、私自身の子ども時代を振り返ると、「分かってるけどやりたくない」とか「わざと反抗したい」とか「わかるけどできない」とか、成長するごとにさまざまなジレンマがつきものだったな…と思い出しました。

親の私はほぺろうの表面を見ているだけ。ほぺろうの内面ではきっといろんな成長があるのだと思います。発達障害のあるほぺろうの育児は教科書通りには行かないけど、ほぺろうも私も「3歩進んで2歩下がる~」を繰り返しながら親子で成長していきたいです。
ほぺろうの内面ではきっといろんな成長があるのだと思う母
Upload By ぼさ子
(監修:井上先生より)
コミュニケーション能力は発語だけではありません。ほぺろうくんは発語以外の自分の行動で、周りの人に自分の意思を伝えようとしているのかもしれません。同じ癇癪でも、「おやつがほしいとき(~ほしい)」「苦手なことをさせられそうになったとき(~するのはイヤ)」「好きなことをやめさせられそうになったとき(~をやめたくない)」「苦手な刺激があったとき(~はイヤ、逃れたい)」など、コミュニケーションのかわりに行っている場合も増えてきたのではないでしょうか。
上のようなケースの癇癪では、わかりやすい予測や環境調整に加えて、発語にかわるコミュニケーションとして視覚的に分かりやすいカードを使っての意思決定やサインの活用など、癇癪にかわるコミュニケーションや、「~したら~(良いことが起こる)」というセルフコントロールを教えるチャンスであるとも言えます。
子どもの癇癪の原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

関連記事

子どもの癇癪の原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

自閉症長男の癇癪に限界!疲れ果てた母の胸をついた次男の言葉とはのタイトル画像

関連記事

自閉症長男の癇癪に限界!疲れ果てた母の胸をついた次男の言葉とは

娘4歳。抽選会のハズレで大癇癪、どう鎮める?逃げるように帰った自宅で…のタイトル画像

関連記事

娘4歳。抽選会のハズレで大癇癪、どう鎮める?逃げるように帰った自宅で…

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ぼさ子 さんが書いた記事

3歳で診断、実母に報告すると「1歳半で自閉症だと思ってた」!気を遣って指摘できなかったと知り…のタイトル画像

3歳で診断、実母に報告すると「1歳半で自閉症だと思ってた」!気を遣って指摘できなかったと知り…

私はほぺろう以上に癇癪の激しい子を見たことがありません。ほかにもクルクル回り続けたりクレーンで要求したり…今思うともっと小さなころからほぺ...
発達障害のこと
187999 view
2021/11/22 更新
自閉症息子の激しすぎる癇癪に、母は迷走!声がけ、テレビ断ち、食生活変更。でも何より必要だったのは…のタイトル画像

自閉症息子の激しすぎる癇癪に、母は迷走!声がけ、テレビ断ち、食生活変更。でも何より必要だったのは…

2歳を過ぎたころからほぺろうの癇癪が激しくなり始め、さすがに様子がおかしいと思いつつもまだ発達障害の可能性を信じたくなかった私。なんとか癇...
発達障害のこと
31451 view
2021/10/22 更新
6歳、自閉症、まだ言葉は話せないけれど。絵本の読み聞かせで確かに育まれる、息子の豊かな世界のタイトル画像

6歳、自閉症、まだ言葉は話せないけれど。絵本の読み聞かせで確かに育まれる、息子の豊かな世界

わが家の息子ほぺろうは絵本が大大大好き!隙あらばいつでも絵本を持ってきては「読んで」とアピール。何度も何度も読み聞かせをおねだりしてきます...
発語・コミュニケーション
14220 view
2021/10/02 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。