不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?

不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?のタイトル画像

文房具や学用品。不器用さんやうっかりさんには使いにくい事、ありますよね。誰にでも簡単にできるプチ改造で、グッと使いやすくなるんです!今回は、その中からいくつかのアイデアをご紹介いたします。

3ff1e5de75b793249246d52a3e595af6511c305a16881ab33854f5ce859f12f1 s
80630 View

落しても、なくしても安心!「目印」をつけよう

あわてん坊、うっかり屋の我が家の長男。
そして、ゆっくりマイペースの次男。

二人の文具・学用品には、それぞれ名前以外に「目印」をつけています。
好きな色のマスキングテープでくるっと、鉛筆一本一本に。

こうすると、ひと目で自分のものと分かるので、落とした時にも気づきやすく、お友達も拾って届けてくれやすくなります。
カサも同様、柄に目印をつけておけば探す手間で集合時間に遅れる、という事は減らせます。

ちなみに我が家では、3兄妹それぞれに本人カラーを決めて、食器や収納ラベルを同じ色で統一しています。
不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?の画像
マスキングテープで目印
Upload By 楽々かあさん

お道具箱はこうする!「透明道具箱」!

不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?の画像
市販のA4印刷用紙ケースで代用
Upload By 楽々かあさん
長男は透明のA4印刷用紙用のファイルケースを「道具箱」として代用しています。
こちらは文具店・100円shopのオフィス用品コーナーなどに売っているものを使用。

きっかけは、お道具箱が壊れたことだったのですが、
整理整頓が苦手なので、中身が見えることはとっても効果的。

「中身が見えない道具箱」には
消しゴムや鉛筆削りのカスや、工作で使った折り紙の切れ端、給食のコーヒー牛乳のフタなども入っており、「ゴミバコ」になっていたのです!

透明のに変えてからは、ゴミも(あんまり)溜まらなくなりました。
丈夫なので多少手荒く使っても壊れません。
整理整頓が苦手な長男にぴったりでした。

手がすべって上手く測れない!滑り止めつき定規

不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?の画像
裏に修正テープで簡易加工した定規
Upload By 楽々かあさん
必ず使う、直定規・三角定規。
不器用さんは滑ってしまい、上手く線がひけなかったり…。

そんな時は、裏に修正テープ!
この修正テープが、なんと簡易滑り止めとして活躍するのです。
ズレにくく、不器用さんでも作業しやすくなります。

もちろん市販品でも、滑り止め加工つきの定規は沢山出ています。
さっと工夫したいときには、修正テープで加工するのも、お勧めです。

ただ、修正テープははがれやすいので
長く使いたい場合は薄手のゴム手袋などを小さく切って両面テープで貼付けるのも、良いかもしれませんね。

改造分度器、全円分度器

不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?の画像
左:片側メモリにした半円分度器 右:全円分度器
Upload By 楽々かあさん
メモリの文字も細かく、「どちらの方向を見たら良いのか分からない…」なんてことも多いのが分度器。

長男は、使っていた一般的な分度器を簡易改造しました。

マイナスドライバーで、分度器にある不要なメモリの数字を削るだけ。
とてもスッキリ、見やすくなりました。

また、メモリがわかりやすくなっても、測る際に問題が。
分度器がズレたり正確に図れずにいたり、困っている様子でした。

そこで、更に赤い刺繍糸を追加。
円の中心まで、片側を基準線に合わせてテープで貼り、もう片方は自由に動かせるようにしておきます。
そうする事で「今どこを見ればいいのか」わかりやすくなりました。

分度器の使い方に慣れれば、この糸はなくても大丈夫になったようです。
また、市販の360度で分かる全円分度器も、とても分かりやすいそうで気に入っています。

リコーダーの穴をふさげない?!そんな時はフチドリ作戦

不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?の画像
クラフト用チョコペンでフチドリ
Upload By 楽々かあさん
子供用のリコーダーは径が小さく、細い指で正確におさえるのが難しいもの。。。
手探りで指を動かさなくてはいけないので、ボディイメージの弱い長男には、少々難易度が高いようです。

そこで、手芸用のチョコレートペンでリコーダーの穴をフチドリしてみました。
手芸店や100円ショップなどで購入でき、固まるまでは24時間程度かかりました。

これだと小さな指でもおさえやすく、手探りもしやすくなります。

ただし、本人の指の使い方によって、フチドリがあったほうがおさえやすい音と、ないほうが良い音があるようです。
後日自分で使いやすいように、部分的にはがして「これのほうがいい」と修正していました。

最後に

「いつもの学用品」も、ちょっとした工夫で苦手な作業の負担を減らし、使いやすく、分かりやすくなります。

今回ご紹介したものが全ての方にぴったりなアイテム、ということではありません。
ぜひ、お子さんと相談しながら、また使用感を確かめながら、トライしてみてください。
その子に合ったピッタリの道具を試行錯誤で一緒に探っていく、それが一番大事かなと感じています。

この記事を書いた人の著書

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法
大場美鈴(著),汐見稔幸(監修)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。