地下鉄の中で大声で叫ぶ息子。なす術もなく困り果てた私に、ある日、救いの女神が・・・

地下鉄の中で大声で叫ぶ息子。なす術もなく困り果てた私に、ある日、救いの女神が・・・のタイトル画像

幼稚園に通園途中の地下鉄の中。毎日、両手で耳を塞いで大声で叫ぶ息子に、オロオロする私。乗客の視線が冷たく突き刺さり、 地下鉄に乗るのが怖くなっていました。そんな私に、ある日、そっと近づき優しい言葉をかけて下さった女性。あの時かけてくださった言葉と優しいお姿は、今でも忘れられません。その日から、少し勇気をもって外出できるようになりました。

12c6fc06c99a462375eeb3f43dfd832b08ca9e17 s
100092 View

物悲しい発車ベルの音

JRや私鉄を乗り継ぎ、地下鉄で二駅行った場所に幼稚園はありました。

毎日自宅から1時間半かけて、通園。

電車が大好きだったので、喜んで通っていましたが、いつの頃からか地下鉄に乗ると、「ギャーーー!」と大声を出すように。

小さな頃から、嫌いな音に対しては聞こえないように両手で耳を押さえていました。
時の発車ベル音は、少し物悲しいような高い音で、どうやらその音が嫌な様子。

発車ベル音が鳴る直前になると、両耳を塞ぎ、ベル音が鳴っている間、ずっと車両中に響き渡るような大声を出しています。

私はどうする事も出来ずに、ただオロオロするばかり。
早くベル音が鳴り止みますように…祈るような気持ちで、小さくなって 地下鉄に乗っていたのでした。
地下鉄の中で大声で叫ぶ息子。なす術もなく困り果てた私に、ある日、救いの女神が・・・の画像
CC0 Public Domain
Upload By シアン

響く声、刺さる視線

叫び声を耳にして、乗客は驚き一斉に私たちに目を向けました。

驚きの表情を浮かべる人、怒りの表情をあらわにする人…

「早く、静かにさせろよ!」 「うるさい!!」誰もが、そう言っているようでした。

なんとかして叫ぶのを止めようと、時には口を塞いだりもしたのでしたが、大声を止める事は出来ません。
乗客の刺すような視線に耐えきれず、別の路線やバス、タクシーを利用してまで行く毎日の通園が苦痛で...。


確かに幼稚園までの道のりは厳しく大変でしたが、登園してしまえばそこは温かく安らげる唯一の場所。
ありのままのわが子を受け入れて下さり、ひとりの人間として尊重し、大切に育てて下さる先生たちがいる場所でした。

必死になって、気持ちを奮い立たせて、地下鉄に乗っていました。

そんなある日の事。
わが子の大声に 私がなす術もなく困り果てていると、私の母親と同じくらいの年齢の女性が、そっと私に近づいて一言。

こんな事、あるのでしょうか

「大変ね…。頑張ってね。」

女性はにっこり微笑んで、私にこう言葉をかけて下さったのです。
張り詰めていた緊張感から解放されて、胸がいっぱいになり、涙がこぼれそうでした。

「ありがとうございます、大丈夫です」そう答えるのがやっとでした。

この一言にどれほど救われたでしょうか。
たった、この一言で、障害に対しての理解の無さに半ば絶望感を持っていた私が、分かってくださる人は ちゃんと いるのだ…そう思えたのです。

その瞬間、小さな自分に言い聞かせたのでした。

堂々と外にでよう。迷惑をかけてしまうけれど、理解してくださる方もいる。
前を向いて、歩いていこう。

その日から私は、我が子が迷惑をかけてしまうと不安な時も、勇気をもって外出できるようになりました。何があっても、どんな時も、どんな場所でも、挑戦していこう、と。

きっと、あなたの周りにも

障害を持った子どもを連れていると、社会の理解の無さに心が折れそうになる事がよくあります。

人と違う言動に周囲は驚き、非難の目を向けたり、まるで汚い物でも見るかのように嫌悪感をあらわにします。
関わりたくないと言う気持ちがこちらにまで伝わって、居たたまれないこともあります。

まだまだ社会は、障害者に対して厳しい視線を投げかける場面が多いのは事実です。

子どもと外出する事自体は悪くないはずですが、時には迷惑をかけてしまうことも。そんな時は、今でもいたたまれなくなります。

ですが、勇気をもって町に出れば理解してくださる方にも出会えるものです。
外出するのは本当にエネルギーが要ることですが、町の中で理解ある方たちに出会っていく事も暮らしやすくなる一歩だと思います。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

シアン さんが書いた記事

いつか来る親離れの日を目指して。障害のある息子の世界を広げた「移動支援」の使い方のタイトル画像

いつか来る親離れの日を目指して。障害のある息子の世界を広げた「移動支援」の使い方

息子は、重度知的障害者です。現在は、障害福祉サービスを利用して、生活介護事業所に通所しています。 毎日の通所に加え、昨年の秋から、地域生活...
遊び・お出かけ
7756 view
2017/09/12 更新
「私は、自分の気持ちに蓋をする」発達障害の娘の中学時代、孤独な闘いの中で語ったことはのタイトル画像

「私は、自分の気持ちに蓋をする」発達障害の娘の中学時代、孤独な闘いの中で語ったことは

小四で転校してから、いじめの対象になってしまった娘。何度も、クラス担任や校長との話し合いをしましたが、事態は改善されないまま卒業式を迎えま...
発達障害のこと
26146 view
2017/01/25 更新
小4から始まった娘へのいじめ。学校へ向かうその背中はとても寂しそうで…のタイトル画像

小4から始まった娘へのいじめ。学校へ向かうその背中はとても寂しそうで…

子どもの頃から同級生との交流が苦手な娘は、いつもひとりぼっち。家では明るく振舞っていても、学校では自分を発揮する事ができません。きっかけは...
発達障害のこと
63892 view
2016/10/29 更新
「あなたはだあれ?」アスペルガーの娘に起きた、突然の解離症状のタイトル画像

「あなたはだあれ?」アスペルガーの娘に起きた、突然の解離症状

22歳でアスペルガー症候群と診断された娘。診断されるまで時間がかかり、療育を受けないまま成人した娘は現在二次障害を発症し、入院しています。...
発達障害のこと
57158 view
2016/08/29 更新
22歳でアスペルガーと診断。二次障害で苦しむ娘を想い考えることのタイトル画像

22歳でアスペルガーと診断。二次障害で苦しむ娘を想い考えること

娘がアスペルガー症候群と診断されたのは、22歳の時。精神科に通院していても、発達障害だとは分からずに、服薬のみ。医師ですら、娘の障害に気づ...
発達障害のこと
107881 view
2016/07/04 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。