ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ(2ページ目)

現在の日本でペアレントトレーニングを行っている団体は複数あります。一つは、各都道府県に設置されている発達障害者支援センターや教育センターなどの行政機関です。

また、病院などの医療機関や、大学に付属している心理センターなどでも実施をしているところがあります。近年は、各地の親の会や支援団体が運営するNPO法人、民間の事業所、個人開業者などで実施をしているところも増えています。
ペアレントトレーニングの他にも、保護者を対象とした家族支援のプログラムがあります。

例えば「ペアレント・プログラム」は子育てに困難を感じる保護者が子どもの行動の理解の仕方を学び、楽しく子育てができるようにすることを目的としたプログラムです。

保護者を対象としたプログラムの詳細については実施機関により異なることがあります。受講の際には、実施団体に個別に問い合わせてみてください。

ペアレントトレーニングを実施できる人

現状として、ペアレントトレーニングには、一部のプログラムを除いては実施に必須の資格というものはありません。(2016年3月現在)。

しかし、プログラムについて学び、各実施団体で研修を受けた人が行っているケースが多数を占め、大学などで実施者養成講座が行われています。

具体的には、心理士・保健師・保育士・医師や、心理士や大学教員から研修とスーパーバイズを受けた各団体職員が行っていることが多いと考えられます。

ペアレントトレーニングを受けるための費用

ペアレントトレーニングを受けるための費用は、実施団体や提供時間、人数によって異なります。
行政機関であれば、その機関の管轄地域に居住している人なら無料~1回2000円程度で受けられるところが多くなっています。

大学の心理センターでも同様です。また、ペアレントトレーニングは基本的に保険適用外となるため、医療機関であれば、自由診療で1回4000円程度のところが多くなっています。

NPO法人や民間事業所の費用はまちまちですが、1回2000円~6000円程度のところが多いようです。時間は1~2時間、回数は5~10回、人数は4~10人程度が一般的であると考えられます。

マンツーマンでのペアレントトレーニングでは、価格は5000円~1万円ほどで割高になっていることが多くなっています。
 
以下の図表は、これまで説明してきた、ペアレントトレーニングの実施団体・実施者・受ける費用を表にまとめたものです。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめの画像
ペアレントトレーニングの実施団体・実施者・受ける費用まとめ
Upload By 発達障害のキホン

まとめ

以上、ペアレントトレーニングには様々なものがありますが、どれも子育てや子どもとの関わり方を具体的に学べるという点が共通したメリットとなっています。

知識は本で学ぶことができますが、実際に自分の子どもにそれを応用したりすることって、難しいですよね。講義内のワークや講師のアドバイスから、知識をどのように使うかのコツを学ぶことができます。

また、グループで実施しているところがほとんどですので、同じように子育てに悩んでいるご家族と出会い、話し合えたり、工夫を共有できたりすることも大きなメリットです。

お子さんだけでなく、お母さん・お父さんにも得意・不得意があります。それぞれのご家族にあった形の楽しい子育ての仕方ってなんだろう?そう考えるきっかけとしてペアレントトレーニングを利用してみてはいかがでしょうか。
困っている子をほめて育てる ペアレント・トレーニングガイドブック
岩坂英巳(奈良教育大学特別支援教育研究センター)/編 (著)
じほう

参考文献

療育とは?発達障害への療育の内容とその効果、療育を受けられる施設について詳しく説明しますのタイトル画像

関連記事

療育とは?発達障害への療育の内容とその効果、療育を受けられる施設について詳しく説明します

子育て講座「ペアレントトレーニング」を診断前の保護者へ。鳥取県米子市の取り組みに期待!のタイトル画像

関連記事

子育て講座「ペアレントトレーニング」を診断前の保護者へ。鳥取県米子市の取り組みに期待!

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
289147 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
1005261 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
8192 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。