わが家は親子でASD!息子にあっさりカミングアウト出来た理由

わが家は親子でASD!息子にあっさりカミングアウト出来た理由のタイトル画像

親子揃ってASD…自閉症スペクトラムの私と息子。
「息子さんにはどんなふうにしてカミングアウトしたのですか?」という質問を受けることがあります。今回は、そんな時、我が家がどうしたのか皆さんにお届けしたいと思います。

8ff123b1 89ea 4ab3 86ea 071175778769 s
20420 View

これまでの「違和感」は理由があったのか!

「子どもに発達障害の可能性があると言われ、調べてみたら自分もそうだった」

まさに、このケースがわたしです。
わたしが診断を受けたのは2014年の夏。
ASD(Autistic Spectrum Disorder)、自閉症スペクトラムという結果でした。

列挙されている特性の例。自分が長年感じていた違和感と一致するのです。

発達障害だなんで思いもしないころは、
「性格が悪い」「努力が足りない」と叱られることが多く、その度に修正の方法がわからず苦しんでいました。

診断を受けた率直な感想は「救われた…」。

性格や努力不足のせいではなく特性の影響。
工夫次第で余計な折衝は避けられる、ということがわかり、救われたような気持ちになったものです。

つまりわたしにとって発達障害の診断は、
忌むべきものではなく、むしろひとすじの光、一縷の望みとも呼べるものでした。

そして、息子も全くおなじ診断名がつくことになったのです。
わが家は親子でASD!息子にあっさりカミングアウト出来た理由の画像
Upload By 鈴木希望

果たしてこれは「カミングアウト」?!あっさり伝えた私とあっさり受け入れた息子。

私自身のそんな経緯もあり、息子にもあっさりと伝えました。

「あんた、発達障害ってのの可能性があるみたいだよ、私と一緒で。
困ったことがあったとき、解決方法を早めに見つけられるようになるかもしれないから、調べておこうか」と。

ショックを受けたらどうしよう、という気持ちより
「自分のことを理解できない生きづらさ」がどれだけ辛いかを知っているから、伝えておくことにしたのです。

すると

「痛いところがあったら早く治せるように、薬を家に置いておくのと一緒だね」

なんて言ってうなずくのです。
我が子ながらいい例えをするなあ、なんて感心したものです…。


こんな感じで、わが家のカミングアウトはあっさりと完了しました。
息子だけじゃなく、私の発達障害のことも、きちんと受け止めてくれました。

わからないことで不安になるのは自然なこと。

これまで無縁だった「発達障害」という文字列。

子どもが急に発達障害と診断されたら、言いようのない衝撃を受けられるのかもしれません。
受け入れようにもどうすればいいのかわからない、と感じる親御さんやご家族の方もいらっしゃると思います。

わからないことが怖いのは当たり前。

少しずつ発達障害のことを知って頂けると、その気持ちも和らぐかもしれません。

発達障害の当事者として、そして発達障害児の親として、
日々感じている事や経験をみなさんとシェアできればと思います。

少しでも心軽やかに過ごせるヒントを見つけて頂けたら嬉しいな、そう思っています。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

鈴木希望 さんが書いた記事

大事な予定もすっぽかすADDの私。手帳の存在すら忘れる私に革命を起こした●●の魔力のタイトル画像

大事な予定もすっぽかすADDの私。手帳の存在すら忘れる私に革命を起こした●●の魔力

注意欠如障害(ADD)のある私は、カレンダーや手帳に予定を書き込んでも、診察などの予定を忘れてすっぽかしてしまうことがしょっちゅう。さまざ...
発達障害のこと
4028 view
2018/01/16 更新
何度目かの「はじめまして」…私の相貌失認と、その対策のタイトル画像

何度目かの「はじめまして」…私の相貌失認と、その対策

私は人様の顔をなかなか覚えられない。関心がないわけでもないし、多分、バカなわけでもない。相貌失認という疾患を持っていてね、特にこんな顔を覚...
発達障害のこと
21770 view
2017/10/13 更新
”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになってのタイトル画像

”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになって

「好きこそものの上手なれ」なんて言葉があるけれど、本当かな?好きなら必ず得意になれる?不得意なら嫌いになっちゃう?そんなことを繰り返し考え...
発達障害のこと
6363 view
2017/07/30 更新
順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?のタイトル画像

順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?

注意欠陥障害(ADD)の特性が目立ち始め、忘れ物常習犯のアホ男子化が著しい我が家の息子。彼の言動や担任の先生との会話から、「失敗しないこと...
進学・学校生活
27936 view
2017/07/12 更新
アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言がのタイトル画像

アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言が

元気なお子さんの授業参観で、ヒヤヒヤすることのある親御さんはいらっしゃるかと思います。私も息子の参観日には冷や汗を流しているクチです。初め...
学習・運動
23543 view
2017/06/30 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。