自閉症の診断・検査の内容は?

2016/07/18 更新
自閉症の診断・検査の内容は?のタイトル画像

家族や自分自身が「もしかしたら自閉症かな?」と思うことはあると思います。自閉症の症状に気づき、早期に医療機関や専門機関に行くことが支援や早期治療のきっかけになります。受診・検査のことなどをまとめてみました。家族やご自身が自閉症かな?と思った時に参考にしてください。

発達障害のキホンのアイコン
発達障害のキホン
162527 View
監修者井上 雅彦のアイコン
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
専門行動療法士
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
公認心理師
目次

自閉症とは

自閉症の診断・検査の内容は?の画像
Upload By 発達障害のキホン
自閉症は先天的な発達障害の一つで、社会性と対人関係の障害、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りの3つの特徴があると言われています。

世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)(※)では広汎性発達障害というカテゴリーのもと、自閉症という障害名が使われています。一方、2013年に発行されたアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)において自閉症のという障害名は廃止され、自閉症スペクトラムの障害名のもとに統合されました。

そのため、今後自閉症という名称での診断は少なくなることが予想されますが、自閉症という名称は現在も一般的であり、また発達障害者支援法などの法律や文部科学省・厚生労働省などでも使用されています。以上をふまえ本記事では、下記の文部科学省の定義で示されるような概念における「自閉症」についてご紹介します。

自閉症とは、3歳位までに現れ、①他人との社会的関係の形成の困難さ、②言葉の発達の遅れ、③興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害であり、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm
※ICD-10について:2019年5月、世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が承認されました。日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。
【自閉症とは】気になる症状があるときは?相談できる専門機関や診断基準を解説しますのタイトル画像

関連記事

【自閉症とは】気になる症状があるときは?相談できる専門機関や診断基準を解説します

自閉症の特徴的な3つの症状

自閉症は3歳頃までに主な症状や特性が現れ、成長するにつれ色々な症状が顕著になります。以下に3つの代表的な症状を説明します。

社会性と対人関係の障害

自閉症の方は、対人関係を築くことが苦手なことが多いです。

具体的な特徴としては、
・目線を合わすことができない
・周囲に関心がないように見える
・相手の気持ちがわからない
・その場の空気が読めない
などが挙げられます。

自閉症の方は、会話をしていても目を合わすことが苦手です。無理に視線を合わせようとすると落ち着きがなくなったり、パニックになってしまいます。自閉症の方は環境の変化を敏感に感じることが苦手なため、このように対人関係が苦手だと受け止められてしまいます。

コミュニケーションや言葉の発達の遅れ

自閉症の方はコミュニケーションや言葉の発達が遅れる傾向があります。

具体的な特徴としては、
・言葉を話すのが他の子と比べて遅い
・人の話したことをオウム返しする
・抽象的な言葉・比喩や皮肉の意味を理解できない
・呼んでも反応しない
・自分の話したいことだけ一方的に話す
などが挙げられます。

自閉症の方は言葉を話し始めるのが遅く、言葉の意味を理解するのが困難です。言葉を話し始めても、意味のある言葉で会話をするのではなく、誰かの言葉をオウム返ししてしまう場合も少なくありません。

相手に自分の気持ちがうまく伝わらず、暴れてしまうこともありますが、正しい対処法をしていれば成長と共に落ち着いてきます。

行動と興味の偏り

自閉症の方はある一定の行動をとる傾向があります。

具体的な特徴としては、
・落ち着きがなく、手を動かしたり、部屋の中を行ったり来たりする
・毎日決まった行動をし、予定外の行動は取れない
・1つのものに執着する
・自分の興味があるものに対して、とても執着する
・予定外のできごと・初めての人/場所/活動などに抵抗を示す
などが挙げられます。

自閉症の人は、自分の興味のあることに対してとことん熱中する傾向があります。なので、自分の興味のある物事をとことん調べ、誰も教えていないのに専門家顔負けの知識を持っている方も珍しくありません。

自閉症はいつ分かる?診断の年齢は?

言語・認知・学習といった発達領域が未発達の乳児では、自閉症の特徴となる症状が分かりにくい場合があります。ですから、生後すぐに自閉症の診断がでることはありません。個人差がありますが、早ければ1歳ごろから症状が現れはじめ、3歳までに何らかの症状が出てくると言われています。一般的には3~5歳ごろに気づくことが多いようです。定期検診の時に医師から専門機関の受診をすすめられる家族も少なくありません。家族が夜泣きや睡眠障害などの症状に気づき、子どもの育てにくさを感じていることが多いです。

自閉症はなんらかの症状や困りごとに直面してはじめて障害がある可能性に気づきます。そのため、軽度の自閉症や家族や本人が気付かない場合、大人になるまでわからないこともあります。また、見過ごされたまま困難を抱え苦しんでいる人もいるのです。

自閉症と診断されると、対処方法もはっきりしてきます。ですからその後の生活も、様々な特性にあった工夫をしていくことで困難を解決していくことができるようになります。

自閉症の診断基準

専門機関を受診し、問診とコミュニケーション能力・言語の発達を調べるための知能検査・心理検査などを行います。施設によってはMRIで脳の器質的な病気がないか調べたり、脳波を検査しててんかんなどの併存症がないか調べる場合もあります。自閉症の診断基準には、アメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)や『ICD-10』(WHO, 『国際疾病分類』第10版)といった基準が使われており、検査結果から総合的に判断します。

『DSM-5』では、広汎性発達障害の下にあったレット障害を除くすべての障害名が、自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害という名称に統合されました。そのため自閉症は現在では自閉症スペクトラムという診断名で診断されることが多くなっています。以下はDSM-5にある自閉症スペクトラムの診断基準になります。以下の診断基準において当てはまる項目が多い場合や気になる場合は、専門機関での検査をおすすめします。

A. 複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的な欠陥があり、現時点または病歴によって、以下により明らかになる(以下の例は一例であり、網羅したものではない)。
(1)相互の対人的・情緒的関係の欠落で、例えば、対人的に異常な近づき方や通常の会話のやりとりのできないことといったものから、興味、情動、または感情を共有することの少なさ、社会的相互反応を開始したり応じたりすることができないことに及ぶ。
(2)対人的相互反応で非言語コミュニケーション行動を用いることの欠陥、例えば、まとまりの悪い言語的・非言語的コミュニケーションから、視線を合わせることと身振りの異常、または身振りの理解やその使用の欠陥、顔の表情や非言語的コミュニケーションの完全な欠陥に及ぶ。
(3)人間関係を発展させ、維持し、それを理解することの欠陥で、例えば、様々な社会的状況に合った行動に調整することの困難さから、想像上の遊びを他人と一緒にしたり友人を作ることの困難さ、または仲間に対する興味の欠如に及ぶ。

B.行動、興味、または活動の限定された反復的な様式で、現在または病歴によって、以下の少なくとも2つにより明らかになる(以下の例は一例であり、網羅したものではない)
(1)常同的または反復的な身体の運動、物の使用、または会話(例:おもちゃを一列に並べたり物を叩いたりするなどの単調な常同運動、反響言語、独特な言い回し)。
(2)同一性への固執、習慣へのかたくななこだわり、または言語的・非言語的な儀式的行動様式(例:小さな変化に対する極度の苦痛、移行することの困難さ、柔軟性に欠ける思考様式、儀式のようなあいさつの習慣、毎日同じ道順をたどったり、同じ食物を食べたりすることへの要求)
(3)強度または対象において異常なほど、きわめて限定され執着する興味(例:一般的ではない対象への強い愛着または没頭、過度に限定・固執した興味)
(4)感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ、または環境の感覚的側面に対する並外れた興味(例:痛みや体温に無関心のように見える、特定の音、感覚に逆の反応をする、対象を過度に嗅いだり触れたりする、光または動きを見ることに熱中する)

C. 症状は発達早期に存在していなければならない(しかし社会的要求が能力の限界を超えるまで症状は明らかにならないかもしれないし、その後の生活で学んだ対応の仕方によって隠されている場合もある)。

D. その症状は、社会的、職業的、または他の重要な領域における現在の機能に臨床的に意味のある障害を引き起こしている。

E. これらの障害は、知的能力障害(知的発達症)または全般的発達遅延ではうまく説明できない。知的能力障害と自閉スペクトラム症はしばしば同時に起こり、自閉スペクトラム症と知的能力障害の併存の診断を下すためには、社会的コミュニケーションが全般的な発達の水準から期待されるものより下回っていなければならない。

(『日本精神神経学会/監修『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』2014年 医学書院/刊 P.49より引用)

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4260019074/

専門機関での診断は受けるべき?どこへ行けばいいの?

専門機関での診断は受けるべき?どこへ行けばいいの?

自閉症を疑ったら、まずは専門機関で相談を

自閉症かな?と感じることがあったとしても判断に困ったり、なかなか受診へ踏み切ることができない場合もあると思います。

ですが、適切なサポートを受けられないまま生活していると、最も困りごとに直面するのは本人です。また、自閉症の症状には個人差があります。まずは、気になる症状や困りごとなどがある場合、または子育てや生活を送っていく中で何か不便を感じる場合、年齢に関係なく早めに身近な専門機関へ相談されることをおすすめします。

少しでも早く本人の特性に気づいてあげれば、フォローして困難の乗り越え方を手助けすることも可能になりますし、できるだけ生活しやすい環境を整えてあげることもできるかもしれません。それには親や家族で抱え込まず、専門家や周りの人たちの協力を得ながら、その子にあったやり方で接することが大切です。

特に自閉症は小さい時からその方に合った療育を行うと、才能を最大限に発揮することのできる障害であることに加えて、生活面でもちょっとしたことを気をつけるだけで、本人や家族のストレスを軽減することができます。

いきなり専門医に行くことは難しいので、まずは無料で相談できる身近な専門機関の相談窓口を利用するのがおすすめです。早めに相談し、自閉症に対して正しい知識を付けることが重要です。家族で試行錯誤をして対処法を見つけていくよりも、専門機関に相談し色々な方法を教えてもらった方が、時間もかかりませんし、ストレスも少なくすみます。必要であれば医療機関を紹介してもらうこともできます。子どもか大人かによって、行くべき機関が違うので、以下を参考にしてみてください。

【子どもの場合】
・保健センター
・子育て支援センター
・児童発達支援事業所 など

【大人の場合】
・発達障害者支援センター
・障害者就業・生活支援センター
・相談支援事業所 など

医療機関はどのようなところへ行けばいいの?

身近な相談センターに行って相談し、自閉症の疑いがあり、診断を希望すればそこから専門医を紹介してもらえます。自宅の近くに相談センターがない場合には、電話での相談にのってくれることもあります。自閉症を含む発達障害の専門の医療機関は他の病気に比べると少ないですが、発達障害者総合支援法などの施行によって年々増加はしています。

医療機関での診断は、子どもの場合は、専門外来のある小児科、脳神経小児科、児童精神科などで行われることが多いです。また、18歳以上の場合は一般的に精神科や心療内科などで診断がなされます。しかし、自閉症を診療できる専門の医療機関はまだまだ少ないのが現状です。また、保健センターなどでは知能検査や適応能力を診断する検査を受けられるところもあります。

医療機関で診断を受けるかどうか、決めるのは本人やご両親の判断となりますが、専門機関で相談し、すすめられた場合は、ぜひ医療機関に行き医師に相談しましょう。診断を受けて自閉症だった場合は今後どのように対応していけばいいか聞くことができますし、仮に自閉症でなくとも普段の行動を見直すきっかけになると思います。

以下のリンクは発達障害の診療を行える医師の一覧です。

診断の流れ、当日準備していくものは?

医療機関では、専門医の問診と様々な検査を総合して自閉症かどうか診断されます。何度か診察を重ね、慎重に自閉症かどうかが判断される場合が多いようです。

発達障害を診断できる医療機関はまだ数が多くないこともあり、予約をして初診までに1ヶ月以上かかることもあります。それまでの間に問診票を渡されて記入し、初診の時に持っていく場合もあるので、予約を入れた時に必要なものを問い合わせましょう。基本的には専門機関の指示に従ってください。

何も指示がなかった時は、どのようなことが問題だと思うのかを伝えるために、今まで記録してきた日記や、問題や気になる行動があればメモにまとめたり携帯で動画を撮って持っていくなど、普段の生活で気になることを、医師に伝えやすいように準備をしていきましょう。

まとめ

自閉症の症状が出て本人が困っているのに、そのまま放置してしまうのは、本人や家族にとって一番避けたいことです。近所の子育て支援センターや掛かりつけの医師に相談するだけで道は開けます。また、保育所や幼稚園に通っているのであれば、担任の先生に相談するだけで、どこに行って相談するべきなのか教えてくれるかもしれません。
 
家族で悩み孤立してしまうのは、誰にとってもいいことではありません。自閉症だということを受け入れるのには時間がかかるかもしれませんが、家族みんな笑顔で過ごせるように、色々な方に話を聞き、色々な方法を試すのはマイナスにはなりません。悩んでいるより行動することでストレス解消になりますし、同じ問題を抱えている方とお話ができれば、いいアドバイスがもらえるかもしれません。地域と家族が障害の特性を理解し、本人にとって生活をしやすい環境を作っていきましょう。
自閉症の原因は?遺伝する確率はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症の原因は?遺伝する確率はあるの?

自閉症スペクトラムがよくわかる本
本田 秀夫 (監修)
講談社
KOKUYO しゅくだいやる気ペン
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。