【障害児通所・入所給付費】受給者証の取得方法、体験談まとめ

ライター:発達障害のキホン

児童福祉法による障害児を対象としたサービスを利用するためには、「通所受給者証」または「入所受給者証」が必要となります。通所受給者証、入所受給者証とは一体どのようなものでしょうか。児童福祉法をはじめ、関連する制度や取得方法、体験談などを詳しくご紹介します。

目次

通所受給者証・入所受給者証とは

通所受給者証・入所受給者証とは、児童福祉法に基づく支援・サービスを利用するために必要となる証明書です。支援内容は児童発達支援や放課後等デイサービスといった家庭から通うタイプの通所支援、施設に入所して支援を受ける入所支援の大きく2つに分かれ、受給者証も異なります。

通所受給者証はお住まいの市区町村の福祉担当窓口・障害児相談支援事業所などに申請を行います。サービス支給の決定後に、事業者と契約することができます。

入所受給者証は児童相談所との相談の上、各都道府県の児童相談所に申請を行います。交付の決定後に、指定障害児入所施設などで当該指定入所支援を受けることができます。

通所または入所給付決定後、障害児通所給付費、障害児入所給付費が支給されます。これにより国と自治体から利用料の9割が給付され、自己負担1割でサービスを受けることができます。
児童福祉法|e-Gov 電子政府の窓口
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=322AC0000000164#442

児童福祉法とは

児童福祉法は、18歳未満の児童に対する福祉について定められた法律です。厚生労働省によると、次のように理念が定められています。
第1条 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
2 すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

引用:児童福祉法・児童虐待防止法の目的・理念|厚生労働省
出典:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-San...
この法律では、障害のある子どもに対する支援が定められています。障害児施設給付制度は、児童福祉法に基づく障害児施設のサービス利用について、国と地方自治体がその費用の9割を負担するという制度です。受給者証はその給付が認められた場合に取得できます。
子どものための法律、児童福祉法って?目的や支援、法改正についてをわかりやすくご紹介します。のタイトル画像

子どものための法律、児童福祉法って?目的や支援、法改正についてをわかりやすくご紹介します。

障害児を対象とする支援とは

児童福祉法によると、障害児を対象とする支援は、市区町村による障害児通所支援と都道府県による障害児入所支援の大きく2つに分けることができます。

障害児通所支援

障害児通所支援とは、施設に通い、日常生活や集団生活を送るために必要な能力を身につけるための制度です。市区町村が管轄しています。大きく4つに分けることができます。

■児童発達支援
就学前の子どもを対象に、個性に合わせた支援を身近な地域で受けられます。児童発達支援センターと児童発達支援事業の2種類に分けることができます。通所支援を利用する障害のある子どもまたは保護者に対する支援を行う点は共通しています。

・児童発達支援センター
児童発達支援事業に加え、専門知識を生かし、障害のある子どもまたは保護者への相談や、障害のある子どもを預かる施設への支援・助言等を行っています。

・児童発達支援事業
障害のある子どもまたは保護者への支援を主とし、より身近なサービスを行っています。
参考: 児童発達支援事業について|LITALICOジュニア
https://junior.litalico.jp/youji/hattatsu-shien/
■医療型児童発達支援
児童発達支援や治療の提供を行います。

■放課後等デイサービス
就学しているの障害のある子どもを対象に、放課後や夏休みといった長期休暇中において、生活能力向上のための訓練などを提供します。
参考: 放課後等デイサービスについて|LITALICOジュニア
https://junior.litalico.jp/shugakugo/day-service/
■保育所等訪問支援
保育所などを現在利用している又は今後利用する予定の障害のある子どもを対象に、施設での集団生活の適応を目指した支援を行います。
障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービス)利用手順・施設選びのポイント・申し込み方法まとめのタイトル画像

障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービス)利用手順・施設選びのポイント・申し込み方法まとめ

参考:児童発達支援と事業について|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/dl/20111101_02-03.pdf

障害児入所支援

障害児入所支援とは療育の必要性が認められた場合に障害のある児童を施設に入所させ、自立した生活を送ることができるようになるために指導などを行います。各都道府県が管轄しています。

医療行為の有無によって福祉型障害児入所施設医療型障害児入所施設の2種類があります。このような障害福祉サービスを利用するには、入所受給者証の取得が必要となります。
次ページ「障害児施設給付制度とは」


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。