ADHDの息子の乳児期、想像を絶する大変さでした…

ADHDの息子の乳児期、想像を絶する大変さでした…のタイトル画像

ADHDのある息子。乳児のころは大泣き、黄昏泣きに夜泣きとずっと大変でした。終始機嫌が悪そうな息子に気を遣う日々。息子の癇癪で眠れなくなった私は育児に疲れ精神科を受診。そこで育児ノイローゼと診断を受けたのでした。

Bfaa1ffd2bc76d400ac050a9be037c2b5114018d s
72326 View

わらにもすがりたい母親の心境

ADHDの息子の乳児期、想像を絶する大変さでした…の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
息子は、家事をしていて少しでも音を立てるとすぐに昼寝から目覚めてしまう子でした。

起きたとたん大声で泣きだし、足を激しくバタバタします。

息子の鳴き声がヒステリックに感じてイヤだった私は、毎日音を立てずに家事をしていたのですが、それがとても疲れました

この大泣きは私が息子の側から離れるときも、抱っこから降ろすときもあり、「この子は一生抱っこしていなきゃならないのかも…」と思ったくらいです。

今考えると、抱っこから降ろすと泣くのは、乳児期に自分で好きな場所に移動できないため、つまらなかったのが原因なのではないかと思います。

夫は「疳の虫が強いんだよ、漢方を飲ませて様子をみよう」と言うので市販の漢方を与えてみましたが、息子の育てにくさは変わらず、なんとか楽にならないものか?という悩みは消えませんでした。

よそのお宅の育児が楽しそうで輝いて見え、「あのお宅の育児は楽なのかな?幸せなのかな?」とぼんやり考えることも。
連日のパニック対応に疲れ、耐え切れなくなった私に娘がそっと…のタイトル画像
関連記事
連日のパニック対応に疲れ、耐え切れなくなった私に娘がそっと…

義母の時代にあった、民間療法の話。

あるとき、義母から「疳の虫が強い子の虫封じ」の話を聞きました。

「昔は民間療法で疳の虫の強い子は虫封じをしてもらったりしたのよ」と義母は笑いながら話すのです。夫も育てにくい乳幼児だったようで、義母は困って地域に住んでいる、あるお婆さんを訪ねたそうです。

「そのお婆さんは息子の身体から虫を本当に出したのよ!私ね、この目で見たの!にゅる~ってなんか出てきたんだから」

本当かな〜と疑う私に義母は

「でも、お婆さんは亡くなってるかも、30年前の話だから!でもね、そのあと気性の荒い息子が少しだけマシになったのよ!」と教えてくれました。

精神的にも追い詰められていた時期、あのころの育児が1番キツかった。育てにくい子が少しでも穏やかになってくれるのならば眉唾な話ではありますが、民間療法だってなんだってすがりたくなる気持ちになるものです。

それほど発達障害がある子の母親は、心もくたびれてしまうのですね…。

さて、その「虫封じ」ですが…いったいどんな内容だったのだろう?とちょっぴり気になります。(笑)
不安に涙した日々…1番欲しかったのは、先輩ママの言葉でしたのタイトル画像
関連記事
不安に涙した日々…1番欲しかったのは、先輩ママの言葉でした
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。