ADHDの治療薬にはどんな種類があるの?それぞれの用法・用量や副作用は?

ADHDの治療薬にはどんな種類があるの?それぞれの用法・用量や副作用は?のタイトル画像

ADHD治療薬はメチルフェニデート徐放錠(コンサータ®)、アトモキセチン(ストラテラ®)、グアンファシン徐放錠(インチュニブ®)の3種類が製造承認されています。さらに承認申請中、開発中の薬剤もあり、治療の選択肢は拡大してきています。また、メチルフェニデート徐放錠、アトモキセチンには、小児のみならず成人の使用も承認されています。それぞれの薬剤は、効果が出現するまでの時間や効果の強さ、効果の持続時間や副作用などが異なっており、患者さんの状況や薬物への反応性に応じて使い分けられます。

発達障害のキホン
15844 View
監修: 岡田俊
名古屋大学 医学部附属病院 親と子どもの心療科 准教授,医学博士
目次 ADHD治療における薬物療法の目的 メチルフェニデート徐放錠(コンサータ®) アトモキセチン(ストラテラ®) グアンファシン徐放錠(インチュニブ®) まとめ

ADHD治療における薬物療法の目的

注意欠如・多動性障害(ADHD)は、発達水準からみて不相応な多動性-衝動性、不注意のいずれか、あるいは、両方がみられる発達障害です。12歳以前から、学校、家庭、職場などの複数の場面で症状がみられる場合に診断されます。具体的には、落ち着きがない、待てない、ちょっかいをだしてしまう、注意が持続しにくい、ミスが多い、やっかいなことは先延ばしにしてしまうなどがあります。

年齢とともに多動性—衝動性は軽減することが多いですが、感情のコントロールの難しさやリスクを伴う行動が避けられない、などの困りごとが現れる場合があります。不注意症状は比較的長きにわたって持続するといわれています。困りごとの例としては、優先順位を踏まえた計画的な行動や、課題の管理ができない、などがあります。

成人になっても、ADHD症状がある患者はかつて考えられていたよりも多いと考えられています。ADHD治療薬は、ADHDの中核症状を軽減させる薬剤ですが、それぞれ異なる特徴を持っています。それぞれの薬剤を見ていきましょう。

メチルフェニデート徐放錠(コンサータ®)

メチルフェニデート徐放錠(コンサータ®)とは

メチルフェニデート徐放錠は、ADHD治療薬の一つで”コンサータ®”という薬剤名で処方されます。徐放剤とは、成分が錠剤からゆっくりと放出されるよう製剤設計されている薬のことで、メチルフェニデート徐放錠の場合、効果はおよそ12時間続きます。

メチルフェニデート塩酸塩は、脳の中のドパミントランスポーターやノルアドレナリントランスポーターを阻害することで、前頭前野のドパミンやノルアドレナリンの濃度を高めて前頭前野の働きを高めたり、側坐核のドパミン濃度を高めて報酬系の機能の改善をはかることで、ADHDの多動ー衝動性、不注意の症状を改善する効果があります。

ADHD治療薬の中では中枢刺激薬という分類に入り、脳の報酬系を刺激します。報酬系は動機付けを高め、ADHD症状を改善しますが、同時に報酬系を刺激することは薬剤そのもののもつ依存リスクと関連します。そのため、流通規制が敷かれており、処方できる医師、処方できる薬局が限定されています。しかし、メチルフェニデート塩酸塩の速放錠(成分が早く放出されるように設計されている製剤)であるリタリン(ナルコレプシーのみに処方)と比べると、血中濃度の変化が緩やかであったり、製剤設計上も乱用のリスクが低減されているなど、依存リスクは最小化されています。
コンサータの効果や副作用は?ストラテラとどう違うの?ADHDのある人に処方される薬コンサータを解説!のタイトル画像

関連記事

コンサータの効果や副作用は?ストラテラとどう違うの?ADHDのある人に処方される薬コンサータを解説!

用法・用量

メチルフェニデート徐放錠は1日1回、朝に飲む薬です。服用時間が遅くなると夜眠れなくなってしまうことがあるため、午後には服用しません。

子どもも大人も少量から服用をはじめ、その人の適量となるように必要に応じて増量していきます。体重1kgあたりおよそ1mg/日程度が至適用量(最適な用量)とされますが、個人差もみられます。いずれにせよ小児は54mg/日、成人は72mg/日を超えて服用することができません。

副作用

頭痛、腹痛、食欲低下、体重減少などがみられます。いちばん問題になるのは、食欲低下で、いままで給食をおかわりしていた子が給食を残したりすることがあります。

食欲が低下する場合には、飲む前の朝食をきちんと食べるという対応や、薬が切れた時間帯に食欲が回復することを踏まえて夕食や補助食品で補うなどの方法もあります。懸念があるのは、依存性と成長に与える影響でしょう。

依存性については、報酬系の機能が低いADHDの子どもでは依存形成のリスクは低いですが、報酬系の機能が正常なADHDでない子どもの場合にはリスクが高まります。そのため、まず診断が正確に行われることが大切です。また、医師の処方通りに服用することが重要です。

成長への影響はわずかであると考えられています。しかし、体重減少が見られたり、薬剤開始後に身長の伸びが著しく鈍化したりする場合は、対処が必要になります。

アトモキセチン(ストラテラ®)

アトモキセチンとは?

アトモキセチンは、選択的なノルアドレナリントランスポーターの阻害薬であり、前頭前野のノルアドレナリン、ドパミンの濃度を高めることで前頭前野の機能を高めます。前頭前野は、行動の抑制や計画的な行動の組み立てに関わる脳の部位であり、この部位の機能の改善によって不注意、多動性、衝動性が改善すると考えられています。販売名はストラテラ®です。

アトモキセチンは報酬系に作用せず、非中枢刺激薬に分類されています。また、流通規制はありません。
ストラテラの効果・副作用とは?ADHDのある人に処方される薬ストラテラを詳しく解説しますのタイトル画像

関連記事

ストラテラの効果・副作用とは?ADHDのある人に処方される薬ストラテラを詳しく解説します

用法・用量

アトモキセチンはカプセル製剤ですが、カプセルを開けると薬剤は苦みがあり、また目を刺激するので、カプセルを開けてはいけません。そのかわり液剤があり、カプセルを服用できない子どもの選択肢となっています。

18歳未満と18歳以上で服用回数が異なります。18歳未満は体重に基づき決定した量を1日2回に分けて飲み、18歳以上は体重に関係なく決められた用量を1日1回もしくは2回に分けて服用します。

アトモキセチンの効果は1ヶ月を過ぎ、6週間から8週間というゆっくりとした時間経過の中で見えてきます。また、効果は終日にわたって認められます。これらの点が効果が比較的早く見えるメチルフェニデート徐放錠との違いです。

副作用

食欲の低下、吐き気や腹痛などの消化器系の副作用が見られます。特に投与初期に生じやすいため、この時期は食事の直後に服用することが勧められます。

ノルアドレナリンの働きを高めるため、心拍数や血圧を高めます。この度合いは、多くは生理的な変動(時間や季節、運動などによる変動)の範囲に収まるとされていますが個人差も考えられるため、心拍数や血圧の上昇が著しければ、医師と対応について相談した方がよいでしょう。

グアンファシン徐放錠(インチュニブ®)

グアンファシン徐放錠とは?

グアンファシン徐放錠は、インチュニブ®という販売名のADHD治療薬です。徐放剤とは、成分が徐々に溶け出すように製剤設計された製剤で、インチュニブの場合は効果が半日間持続します。グアンファシンは、昔は血圧を下げる薬として使用されていたこともありますが、もっと切れ味よく血圧を低下させる薬剤が発売されるなかで血圧の薬としては姿を消しました。その薬剤が徐放性製剤となってADHD治療薬として登場したわけです。

この薬剤の作用のメカニズムは明確にわかっていない部分もありますが、前頭前野のノルアドレナリンα2A受容体という部位を刺激することで、脳内の情報を伝達するシグナル伝達を増強すると考えられています。
ADHD治療薬インチュニブ(グアンファシン)の効果や副作用は?ストラテラ、コンサータとの違いも解説のタイトル画像

関連記事

ADHD治療薬インチュニブ(グアンファシン)の効果や副作用は?ストラテラ、コンサータとの違いも解説

用法・用量

インチュニブは1日1回服用する薬です。体重ごとの用量が添付文書上で定められており、飲み初めの量、維持期間中の量、最大限の量もその通りにする必要があります。ゆっくりと時間をかけて増量することが副作用による治療からの脱落を防ぐ上で重要です。

現時点では小児にのみ適応が取得されています。非中枢刺激薬に属します。また、流通規制はありません。

副作用

鎮静や血圧低下です。低血圧の影響は、朝起きにくい、立ちくらみがするなど、さまざまな表現をとることがあります。ゆっくりと用量を増やすこと。投与後の心拍数、血圧の変化を比較できるように投与前の心拍数、血圧を測定しておき、その後の経過を見ていくのがよいでしょう。

まとめ

ADHD治療薬は、不注意、多動性−衝動性といった症状を改善することができます。お薬を上手に活用すれば、日常生活の困難が軽減し、さまざまな生活のスキルも獲得しやすくなります。

薬はそれぞれ効き方や副作用の現れ方に違いがあるので、本人の症状や困っている状況などに基づき、その人に最もあった薬物療法が選択されます。服薬回数や服薬のタイミングが生活にあわなかったり、錠剤が飲めないといった場合には、薬剤を変更したり、剤型(錠、粉、液剤など)を変更することもできるかもしれません。

そのために、普段から症状を観察し、薬を飲んだ時の効果や副作用の出方について医師と相談し、自分に合った薬とその服薬の仕方を見つけましょう。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
255549 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
661241 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
4265 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。