小学生あるある?「持ち帰り忘れ」問題!わが家の秘策

2021/01/28 更新
小学生あるある?「持ち帰り忘れ」問題!わが家の秘策のタイトル画像

ASD・ADHDであるコウは、学校から必要なものを持ち帰れないという”ADHD小学生あるある”な困りごとを抱えています。

公開授業や身体検査などの重要なプリントを忘れるのはもちろんのこと、体操服・給食袋・水筒などさまざまなものを学校に置き忘れてしまいます。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
11810 View

学校生活で困ることといえば…持ち物の管理!

宿題に使う漢字ノートを学校に忘れてきたと言うコウが持ち帰った物は「置き用具」で…
Upload By 丸山さとこ

学校から必要なものを持ち帰れないだけでなく「持ち帰ってしまう」コウ

学校から必要なものを持ち帰れないという、発達障害のある人にありがちな悩みを抱えているコウです。

宿題に必要なドリルやノートなどを忘れるほか、授業参観や学年通信などの大事なおしらせのプリントも机の奥で折りたたまれていることが多いので、定期的に学校のHPをチェックしています。
”持ち帰るハズだった物”と”持って行くハズだった物”が山のように
Upload By 丸山さとこ
彼の場合はそれに加えて、持ち帰ってはいけないものを持ち帰ってしまうこともあります。

持ち帰ってきたものの中には”提出しなければならなかったもの”もあったりして、単純に「持ち帰ってもまた持って行けばよいだけでは?」とはいかず、なかなか悩ましいところです。

「もう高学年だから」と言われるようになったけれど…?

物の管理が苦手な児童に対しては、低学年のうちは先生が引き出しやロッカーなどをチェックしてくれることもありましたが、高学年になると「自分で管理できる年齢なので」と言われるようになりました。
一見”聞き分けがよく真面目なタイプ”に見えるコウです
Upload By 丸山さとこ
コウの場合、一見”聞き分けがよく真面目なタイプ”に見えることもあるので、余計に「できるハズでは?」と感じられることも多いようです。

(学年も後半に入りコウの”のれんに腕押し”具合が見えてくる時期になると、学校内でフォローしていただけることもあります。)

”持ち帰り忘れ”は量でカバー!?

「持って行くのを忘れる」や「持ち帰ってしまう」の他に親である私が地味に困っているのは「置いてきてしまう」というパターンで、給食袋や体操服などを学校から持ち帰るのを忘れるコウには1年生のときからずっと悩まされてきました。

持って行く方の”忘れ物”なら親のチェックで多少は防ぐことができるのですが、持ち帰る方の”忘れ物”を防ぐのは先生方の協力なしでは難しいものです。

ですが、前述のようにそれは学年が上がるにしたがって難しくなっていきます。
忘れ物に備えて多めに”給食セット”を縫っておくことにした私
Upload By 丸山さとこ
小学校に入学した時点で「この子は忘れ物多いほうだろうなー」と予測していた私です。

筆記用具を箱買いし、給食袋も多めに用意しておくことで最初の1年は対応していましたが、2年生に上がって「自分で管理していく学年ですので」となったころからは「給食袋5セット」を用意することにしました。
職員室に「忘れ物をしたので教室の鍵を開けてください」と頼みに行く常連のコウです
Upload By 丸山さとこ
コウの通っている学校は毎日給食袋を持ち帰るルールなのですが、コウは今までに最大4セットためたことがあり、”忘れたら学校に取りに行く方式”でいくと、放課後の職員室に日参することになりかねないと考えたからです。

流石に4袋もたまると見かねた先生が持たせてくれるので、今のところ5セットの給食袋を持ち帰るコウは見たことがありません(笑)。
給食袋4セットを「溜めちゃってました」と差し出すコウに思わず笑う私
Upload By 丸山さとこ
そんな風に物量で押す作戦で持ち帰り忘れを乗り切っている(?)丸山家ですが、皆さまのところではどのように対応されているのでしょうか。

きっと、親子の数だけ”乗り切り方”があるのだろうなと思う、「学校での持ち物」の話でした。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
子どもの「トリセツ」をつくろう!チェックリスト、ワークで問題解決スキルの身につけ方までわかる。『自己理解力をアップ!自分のよさを引き出す33のワーク』【著者・高山先生インタビュー付】のタイトル画像

関連記事

子どもの「トリセツ」をつくろう!チェックリスト、ワークで問題解決スキルの身につけ方までわかる。『自己理解力をアップ!自分のよさを引き出す33のワーク』【著者・高山先生インタビュー付】

ADHD(注意欠如・多動性障害)の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ のタイトル画像

関連記事

ADHD(注意欠如・多動性障害)の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ 

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9566 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8421 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13220 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。