ADHDかもと感じたら。相談できることや専門機関の特徴も紹介ーーマンガでまなぶ子どものADHD

2021/08/21 更新
ADHDかもと感じたら。相談できることや専門機関の特徴も紹介ーーマンガでまなぶ子どものADHDのタイトル画像

「マンガでまなぶ子どものADHD」。今回は、「ADHDかもしれない」と感じたときの相談先について解説します。

発達障害のキホンさんのアイコン
発達障害のキホン
4553 View
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

ADHDの子どもには適切なサポートが不可欠!

どこに相談すればいいのかしら…?
Upload By 発達障害のキホン
まずは無料で相談できる専門機関を利用するのがおすすめです
Upload By 発達障害のキホン
でもちょっと行きづらい気がするわ…
Upload By 発達障害のキホン
かかりつけの小児科や乳幼児健診の際に相談することもできますよ!
Upload By 発達障害のキホン
ADHDの特性は、日常のさまざまな場面で「困った」「うまくいかない」という経験につながることがあります。「変な子」「問題児」とレッテルを貼られてしまったり、「もっとがんばりなさい!」と叱責されてばかりでは、子どもはだんだんと自信を失ってしまいます。また、保護者も同様に、子育てに難しさや疲労感を感じて悩んでしまうこともあるでしょう。

ADHDのある子どもも適切なサポートや治療を受けることができれば、悪循環から抜け出して能力を伸ばしていくことができます。本人や周囲の人がADHDの特性を理解すれば、困りごとを回避し、対策していくことも十分に可能です。
そのためにも、ADHDを疑ったら早めに専門機関に相談すると共に、早い時期に専門医の診断を受けましょう。専門家からのアドバイスを受けることで、保護者もわが子にもっと向き合いやすくなり、適切なサポートができるようになるはずです。

「ADHDかも」と思ったら、まずは身近な専門機関へ

ただ、いきなり専門医を探して受診するのはハードルが高い、と感じる人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、身近な専門機関の無料相談窓口を利用することです。

相談できる専門機関をチェック!
□保健センター
□子育て支援センター
□児童相談所
□発達障害者支援センター
□児童発達支援センター
□児童発達支援事業所

地域の保健センターや子育て支援センターなどは、これまでも健診などで利用したことがあるという方も多いでしょう。自宅近くの専門機関なら、気軽に訪れることができますね。

また、かかりつけの小児科や、乳幼児健診の際に相談することもできます。

専門機関ではどんな相談ができる?

児童相談所、発達障害者支援センター、児童発達支援センター、児童発達支援事業所は、初めて利用するという方も多いでしょう。簡単にそれぞれの施設の特徴を見ていきましょう。

児童相談所

0〜17歳の児童を対象として、保健相談・発達障害などの心身障害相談を行う施設です。必要に応じて発達検査を受けることもできます。また、医師や児童福祉司、保健師、児童心理司、言語聴覚士などの支援や療育を受けたり、アドバイスをもらうこともできます。療育手帳の申請受付、判定、発行を行うのも児童相談所の役割です。

発達障害者支援センター

発達障害者支援センターは、発達障害児への支援を行う専門的機関です。ADHDをはじめとした発達障害のある子どもとその家族に対して、日常生活や家庭でのサポートなど、さまざまな相談に応じてくれます。直接相談を行っていない場合も、お住まいの地域の保健、医療、福祉、教育などの関係機関への紹介、福祉制度やその利用方法も教えてくれます。

児童発達支援センター、児童発達支援事業所

児童発達支援センター、児童発達支援事業所は、どちらも主に小学校就学前の6歳までの障害のある子どもが通い、支援を受けるための施設です。日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、保育園や幼稚園のように遊びや学びの場を提供したりと、障害児の支援を専門に行っています。発達や子育てに関する相談にも乗ってもらえます。
発達障害についてはもちろん、子育てについても相談できる専門家は、ADHDのある子どもを育てる親にとって頼りになる存在。困ったことや不安なことがあれば、親子で抱え込まずに相談しましょう。
ADHDって何?タイプ別に症状を解説【マンガでまなぶ子どものADHD】のタイトル画像

関連記事

ADHDって何?タイプ別に症状を解説【マンガでまなぶ子どものADHD】

ADHDの症状は何歳ごろから?診断の基準は?チェックリストつき。マンガでまなぶ子どものADHDのタイトル画像

関連記事

ADHDの症状は何歳ごろから?診断の基準は?チェックリストつき。マンガでまなぶ子どものADHD

我慢が苦手なADHD息子、秘境ハイキングで奇跡を起こして…!?成功のワケはのタイトル画像

関連記事

我慢が苦手なADHD息子、秘境ハイキングで奇跡を起こして…!?成功のワケは

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。