マンガで分かるコグトレや脳科学によるASD・ADHD苦手の乗り越え方、教室でできるタブレット活用法、通級が舞台のマンガ、精神障害のある人の家族15組のエピソード本など全5冊!

ライター:発達ナビBOOKガイド

今回の新刊紹介コラムでは、「コグトレ」を分かりやすく紹介したマンガ、 タブレット活用のヒント・アイデア満載の本、脳科学の視点で発達障害を解説した本、小学校の通級指導教室の日々を描いたマンガ第3巻、精神障害のある人の家族15組へのインタビュー集の計5冊をご紹介します!

目次

子どもたちの生きるための底力を育むーー『マンガ・コグトレ入門』

マンガコグトレ入門: 子どもの認知能力をグングン伸ばす!
宮口 幸治 (著), 浅原 孝子 (著)
小学館
Amazonで詳しく見る
マンガコグトレ入門: 子どもの認知能力をグングン伸ばす!
宮口 幸治 (著), 浅原 孝子 (著)
小学館
楽天で詳しく見る
「コグトレ」とは、コグニティブ(Cognitive:認知)に着目したトレーニングの略称です。コグトレには、学習面、社会面、身体面の3方面から包括的に子どもたちを支援するという特徴があります。学習面では基礎学力の土台づくり、社会面では対人スキルの向上、身体面では身体的不器用さの改善を図ります。

『マンガ・コグトレ入門』では、小学校のクラスを舞台にしたマンガで「コグトレ」を分かりやすく紹介。学習面、社会面、身体面を育む計50のトレーニングが掲載されています。実際に取り組む際のポイントや留意点、子どもからよくある質問やその答え方、間違うパターンなどを一緒に紹介しているので、「コグトレ」がはじめての方も進め方をイメージすることができます。

この本に掲載されている50のトレーニングは、ダウンロードして何度でも使用できます。支援者の方だけでなく、保護者の方にもおすすめの一冊です。
困っている子どもたちの「学力以前の力」を応援したい。遊び感覚で認知機能を鍛える「コグトレ・パズル」に込めた想い――児童精神科医・宮口幸治先生のタイトル画像

困っている子どもたちの「学力以前の力」を応援したい。遊び感覚で認知機能を鍛える「コグトレ・パズル」に込めた想い――児童精神科医・宮口幸治先生

タブレットの活用術、便利なアプリが満載ーー『教室でできる タブレットを活用した合理的配慮・自立課題』

教室でできる タブレットを活用した合理的配慮・自立課題
鴨下 賢一 (著, 編集), 糸賀 孝 (著), 小玉 武志 (著), 善明 史恵 (著), 髙橋 知義 (著)
中央法規出版
Amazonで詳しく見る
教室でできる タブレットを活用した合理的配慮・自立課題
鴨下 賢一 (著, 編集), 糸賀 孝 (著), 小玉 武志 (著), 善明 史恵 (著), 髙橋 知義 (著)
中央法規出版
楽天で詳しく見る
GIGAスクール構想が動き出し、全国の小中学校では一人1台タブレットを持つようになってきました。しかし、障害特性に合わせたICT活用は進んでいない現状があります。

この本では、iPadを用いて、子どもが使用する際に推奨する基本設定やそれぞれの特性に合わせた設定の仕方、アプリを活用した合理的配慮のヒント、自立課題に役立つアイデアや使えるアプリを紹介しています。
教室だけでなく、家庭でもすぐに活用できるアイデアが満載です。タブレット活用の基礎が分かる一冊です。

脳科学によって解明ーー『ASD、ADHDの「苦手」を乗り越え自己実現』

ASD、ADHDの「苦手」を乗り越え自己実現
青木 悠太 (著)
主婦の友社
Amazonで詳しく見る
ASD、ADHDの「苦手」を乗り越え自己実現
青木 悠太 (著)
主婦の友社
楽天で詳しく見る
発達障害のある人の、脳の中で起こっていることを明らかにする検査は、現時点ではありません。しかしこれまでの研究で、発達障害は脳と関連しているということは分かっています。発達障害のある人が苦手なことの中には、脳の中で起こっていることを想像できるものと、脳の中で起こっていることが想像できないものがあります。

この本では、ASD、ADHDというような診断名ではなく、脳の中で起こっている「苦手なこと」に着目し、脳科学でその分析と苦手を克服するためのトレーニング方法を紹介しています。
「発達障害」を今までとは違った視点でとらえることができるようになるかもしれません。発達が気になるお子さんを育てる保護者の方、そして思春期のお子さんにぜひ読んでほしい一冊です。
次ページ「困っている一人ひとりに寄り添う場所ーー『みんなが輝くために3 (舞台は通級指導教室)』」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。