4月からはじまる合理的配慮の義務化。学校と連携するコツは?

4月からはじまる合理的配慮の義務化。学校と連携するコツは?のタイトル画像

2016年4月から「障害者差別解消法」により「合理的配慮」が義務化され…という事はご存知の方も多いと思います。4月1日にれば、社会は一斉にかわるのでしょうか?学校の先生には、「合理的配慮だからお願いしますね」と言えいいのでしょうか?今回は制度の説明だけでなく、この制度を使って、子どもの学びやすい環境を整えるために本当に必要なことは何か、を考えていきます。

Cc6f6ede7b271915dba0f43119e441804a648724 s
42110 View

メガネをかけることは「不公平」か。

視力が低く、メガネをかけている子どもに対して「メガネをしないで黒板の文字を読みなさい。大丈夫、頑張れば読めます」と伝える大人はきっといないでしょう。

一方、文字の見え方に特性があり、暗号のようにしか見えない子どもに対し「よく見てみなさい、頑張れば読めるから」と、悪気なく、理由を知らずに伝えている大人は多いのではないでしょうか。

背が高い人もいれば背が低い人もいる。
視力が低い人もいれば高い人もいる。
アレルギーのある人もいればない人もいる。

同じように、情報の理解の仕方、学び方も人によって違います。

全員が同じ脳の作りで、誰もが同じ学び方をすることが前提だったら、板書を写す時に全員がノートに写し学ぶことは「公平」ですが、人によって異なる学び方をするにも関わらず、同じ学び方を強要するのは、逆に「不公平」で「不平等」ではないでしょうか。

「合理的配慮」という言葉を聞いたことはありますか?

上記のように、障害により何らかの困難さを抱えている人に対し、その人に合った工夫をすることを「合理的配慮」といいます。
4月から、みなさんの生活に大きく関わるこの大切なキーワードについて、今日はお話したいと思います。

「合理的配慮」は、2016年4月に施行される障害者差別解消法によって行政や事業所に義務付けられるものです。つまり、合理的配慮を受けることは、障害のある方の「権利」として法的に位置付けられます。

「合理的配慮」とは、障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう

出典:http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page22_000899.htm
言い換えると「障害のある人が感じているバリアに対して、工夫や配慮をしましょう、“必要な配慮であるにも関わらずはじめから否定するというのは差別」という考え方に変わるということです。
合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについてのタイトル画像
関連記事
合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについて

「合理的」って具体的にどういうこと?

子どもの学校生活の場面で考えていきましょう。

合理的配慮は、個々によって異なるものです。
ここで言う合理的とは、一体どんな事をいうのでしょうか。また、誰にとって合理的なことを目指すのでしょうか。

ポイントは2つあります。

まず1つ目。大前提として「配慮を受ける本人にとって」合理的ということです。
本人が望んでいない配慮や、本人の力を発揮できないような過剰な配慮は該当しません。
配慮を必要とする本人にとって、「必要かつ適当」であることがとても大切です。

そして2つ目。これは「配慮する側」にとって合理的であるということです。
必要な配慮をしようとした時に、過度な負担がある場合や、周囲の人たちに困難さが生じる場合などは、合理的な配慮の範疇を超えている、と判断がなされます。

ただし、その理由と過度な負担にならない範囲でできる配慮を考え伝える義務があります。

例えば、授業で目が悪いから勉強に困難があり、座席を一番前にしてほしいという申し出は、過度な負担ではなさそうです。しかし、目が悪いから勉強に困難があり、特別に全て読み上げてくれる支援員を今すぐに用意してほしい、というのは調整に時間やお金がかかることなので学校側にも少し負荷がありそうです。
何をもって「過度な負担」と判断されるかは自治体の環境整備状況や資源によって異なります。

あの学校で出来ることがこの学校では難しい、という事が発生するかもしれません。

必要不可欠なのは「本人側からの相談」と「対話」

では、どうすればこのような配慮を受けられるのでしょうか。

どのような時に困難さを感じ、その困難さに対しどのような配慮が必要かを関係者が話し合うことが大切です。

ステップ

① 本人や保護者・介助者から、必要な配慮に関する意思表明をすること、もしくは周りの人(学校の先生など)が必要な配慮を提案すること

② 学校と本人・保護者が話し合いをし、実施すべき配慮や実施可能な配慮について話し合うこと ※個別の指導計画に記載することが望ましい

③ どんな場面でどんな配慮ができるか、お互いに合意したうえで実施すること

④ 配慮を実施したあとも、定期的にその内容や程度について見直し・改善をすること
どんな場合も、本人を含めた関係者同士の「対話」が必要不可欠です。

困っていることに対し、具体的な解決策を共に考え、合意をした上で進んでいきます。

しかし、申し出た解決策が、金銭的な事情や人員的な事情で難しい場合もあるでしょう。その場合は、今できる解決策を一緒に考えることになります。

4月から「合理的配慮」と言えば先生に伝わるの?

法律は4月の時点で施行されますが、社会全体の認識が4月1日から一斉に変わるわけではありません。徐々に浸透していくのだろうと思っています。

そして、先生方は現時点で全員「合理的配慮」という言葉や、具体的な方法を把握しているかというと、残念ながら、この法律の改変にあたって先生方へ向けた研修等はまだまだ充実していないのが現状です。

私自身、いくつかの学校にお声かけいただき研修をさせていただきましたが、全国各地の学校に伺ったわけではありません。

株式会社LITALICOが2015年3月に独自でおこなった、小中学校の教員300名向けのアンケートでは、内容まで詳しく知っているという方は全体の24%でした。
もちろん、個人で勉強されている先生方も多いですが、全ての先生に具体的な実践方法まで詳しく知らされているわけではありません。

だからこそ、子ども自身の困りごとや特性をよく把握している保護者からの、丁寧な相談や提案が大切になってくるのです。

「子ども主語」で調整をしていこう。両者が対立しては意味がない

合理的配慮は原語でいうとreasonable accommodation.リーズナブルアコモデーションです。
「配慮」というと「してもらうもの」「してあげるもの」というイメージを持ちますが、原語のアコモデーションは「調整・便宜」という意味を含みます。

つまり個々のニーズに応じて必要な工夫や配慮をできるように「調整」するということになります。
そのため、合理的配慮を当然である環境や文化を作っていきながら、子ども自身がゆくゆくは自分の特性を理解し、「こういう工夫・配慮があるとこういうことができる」と周りに働きかけられるようになることも大切です。
4月から施行されるこの法律によって、「うちの学校はやってくれない」「保護者の要求が高すぎる」と、両者が対立してしまっては、何1つ子どものためになりません。

合理的配慮は誰のためにあるか、を忘れないようにしていきたいです。

「子どもの学ぶ環境を整える」という同じ目的にむかって、学校と保護者が手を取り合い、合理的な調整を考えていける「チーム」になることが何よりも大切です。

この新しい法律を対立するための武器として使うのではなく、子どもが今と未来を幸せに生きるために活用していきましょう。
まだ知らない人も多い「合理的配慮」を社会の当たり前にするにはのタイトル画像
関連記事
まだ知らない人も多い「合理的配慮」を社会の当たり前にするには
Twitterで集まった、みなさんの「合理的配慮」エピソードを一挙紹介!のタイトル画像
関連記事
Twitterで集まった、みなさんの「合理的配慮」エピソードを一挙紹介!
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。