放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり

(成長支援型)児童発達支援・放課後等デイサービス リると

近隣駅: 桑園駅、西11丁目駅、中央区役所前駅 / 〒060-0007 北海道札幌市中央区北7条西11丁目4−2 ミヤコビル
電話で聞く場合はこちら 050-3188-5479

感覚統合療法とは

感覚統合療法
こんにちは、児童デイサービス リるとです。

本日は、リるとが特化しているプログラム『感覚統合療法』について、
少しお話させていただきたいと思います。


私たちは普段の生活の中で、様々な感覚を脳で処理して生活しています。

例えば、公園でシーソーに乗って遊んでいる場面を想像してみてください。

シーソーを動かすために地面を蹴る時の関節や筋肉の動き(固有受容感覚)、
シーソーが上下に動いた感覚(前庭感覚)やその時の景色の見え方(視覚)、
座っている座面がお尻に当たる感覚(触覚)、
一緒に遊んでいるお友達の声や周りの騒音(聴覚)など、
たくさんの情報が脳に入ってきます。


シーソーを楽しく遊ぶためには、これだけたくさんの情報を脳が整理して処理する必要があります。
これが感覚統合です。


いわゆる発達障害とされるお子さまはこのような感覚の処理が苦手であることが多いです。

感覚処理が苦手だと、具体的にどのような大変さがあるのかシーソー遊びを例に考えてみましょう。

感覚がうまく処理できないと、自分の身体の状態を把握することも苦手になります。

どのくらいの強さで地面を蹴ればいいのか、自分の身体は今どう動いているのかが分かりにくくなります。

自分の身体の動きが分からないのに、乗っている遊具が動いている状況だと考えると、シーソーを楽しむことは難しそうですよね。


今はシーソーを例に挙げましたが、
「じっと座っていることが苦手」
「身体の使い方が不器用」
「人の話を集中して聞くことができない」など
普段の生活のなかで困っていることは感覚をうまく処理できていないことに原因があるかもしれません。

感覚統合療法では、お子さまの遊びの様子などから苦手な感覚をみつけていきます。
そして、その感覚を取り入れた活動をしていくなかで、お子さま自身がその感覚を処理する力身に着けていけるよう支援します。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

(成長支援型)児童発達支援・放課後等デイサービス リると

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。