利用までの流れ

利用するまでに、どのような手続きをすればよいのでしょうか?それぞれのステップについて、準備するものやポイントをくわしくみていきましょう。住んでいる地域によって、また施設によって手順や必要なものが違う場合もありますので、お住まいの自治体に確認しましょう。

1.福祉窓口に相談

児童相談所・障害児相談支援事業所などに相談します。相談担当者が不在のこともあるので、事前に電話で確認するとよいでしょう。どんなサービスを利用したいかなどの聞き取りが行われることもあります。子どもの状況を聞かれることが多いので、母子手帳を持参したり、過去に子どもの発達について相談した履歴や発達検査の受検歴があれば、その時の状況や結果なども伝えたりするとよいでしょう。

窓口で地域の事業所について情報提供してくれる場合もあります。すでに利用したい施設がある場合や見学を済ませている場合など、具体的な利用のイメージがある場合、希望を伝えたり相談してもよいでしょう。受給者証の申請の流れや必要な書類は市区町村によって違うこともありまおすので、このときにくわしく聞いておきます。

2.施設見学&相談

実際に利用したい事業所に行き、見学します。その際に利用についても具体的に相談しましょう。事業所で利用計画案を作成してくれる場合もあります。地域によって事業所の意見書など、申請に必要な書類があれば作成してもらいます。

■施設見学時のチェックポイント
□子どもと合いそうか・・・サービスの内容や、子どもが安心して楽しく過ごせるかどうか検討します。
□家庭の教育方針と合うか・・・共感できる療育内容や事業所の方針かどうかもポイントです。
□利用のしかたが合うか・・・アクセス方法、回数・曜日などの利用イメージを確認し、通いやすいかどうかを検討します。
□スタッフ(指導員)はどうか・・・一緒に子どもにかかわる大切なパートナーになります。質問や相談に対応してくれそうかを見極めましょう。
□ほかの子どもの様子・施設の雰囲気はどうか。
□施設や設備・・・車いすや装具などを使用している場合など、子どもの障害に対応できるかどうかチェックします。

利用したいサービスが決まったら、相談支援事業所で受給申請に必要な障害児支援利用計画案を作成してもらいます。市区町村にある相談支援事業所に行くか、地域によっては家庭訪問をして聞き取りをしてくれる場合もあります。障害児支援利用計画案はセルフプランとして家族や支援者が作成することもできます。
【児童発達支援・放課後等デイ】障害児支援利用計画って?作成の依頼先やセルフプランも紹介|LITALICO発達ナビ
https://h-navi.jp/support_facility/guides/plan

3.障害児通所給付費支給申請をする

受給者証取得のため市区町村の福祉担当窓口に 障害児通所給付費支給申請をします。必要な書類は市区町村によって異なりますので、事前によく確認しておきましょう。

■準備するもの
・障害児通所給付費支給申請書
・障害児支援利用計画案(もしくはセルフプラン)
・前年度の所得等を証明する書類

以下は自治体や場合によって必要になるものです。
・持っていれば療育手帳や障害者手帳
・児童相談所、市町村保健センター、医療機関などの意見書
・児童発達事業所の意見書
・マイナンバー など
【障害児通所・入所給付費】受給者証の取得方法、体験談まとめのタイトル画像

【障害児通所・入所給付費】受給者証の取得方法、体験談まとめ

4.調査・審査

受給者証を発給するための利用要件を満たしているかどうか、また子どもに必要だと考えられる適切なサービスの量(日数)について、市区町村の支給担当窓口によって検討されます。

支給量(日数)は子どもの状態に応じて決定されます。その際に障害児支援利用計画案も参考にされます。自治体によっては、支給量の目安や年齢や通園状況に応じて最大支給量が決まっているところもあります。また、利用したい事業所に空きがない場合など、事業所の利用見込みがないと支給決定がおりない場合が多いです。

面接調査や訪問調査で、状況の聞き取りやアセスメントを行う自治体もあります。利用予定の事業所名、利用予定回数、いつ頃から利用開始したいかなどサービス利用意向の聴き取りなどが行われることもあります。その後審査が行われ、受給者証が給付されるかどうかが決まるまで、1~2か月かかることもあります。

5.支給決定・受給者証の給付

支給が決定したら、受給者証が交付されます。郵送や直接受け取りに行く場合など、市区町村によって受け取り方法は様々です。受給者証には受けられるサービスの量についても記載されています。

交付を受けたら障害児支援利用計画を作成します。相談支援事業所が受給者証の給付決定内容に基づき、利用を希望する事業所と連絡し調整して作成してくれます。

6.サービスの契約・利用開始

受給者証と障害児支援利用計画(もしくはセルフプラン)を持って利用する事業所に行き、サービスを受ける契約手続きをします。印鑑や健康保険証など、その他に必要な持ち物は事前に施設に問い合わせ確認しましょう。契約したら、いよいよ利用をスタートできます。

■準備するもの
・受給者証
・障害児支援利用計画(もしくはセルフプラン)
・印鑑
・健康保険証 
・持っている場合は療育手帳・障害者手帳 など

まとめ

2012年の制度開始以来、支援を必要とするたくさんの子どもを受け入れるため、通所支援事業所はどんどん増えています。また、サービスの内容も多様化しています。

障害のある子どもにとって、障害児通所支援は家庭・学校(園)につぐ3つ目の居場所となります。子どもと家族が生きやすい環境をつくるため、ぜひ数多くの施設の中から本人に合った施設を見つけ、通所支援の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
参考:現状・課題と検討の方向性|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000103581.pdf
参考:LITALICOジュニア
https://junior.litalico.jp/
発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)
shizu (著),‎ 平岩 幹男 (監修)
講談社
Amazonで詳しく見る
イラスト図解 発達障害の子どもの心と行動がわかる本
田中康雄 (監修)
西東社
Amazonで詳しく見る
児童発達支援とはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介のタイトル画像

児童発達支援とはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介

放課後等デイサービスとはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介のタイトル画像

放課後等デイサービスとはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介

障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービス)利用手順・施設選びのポイント・申し込み方法まとめのタイトル画像

障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービス)利用手順・施設選びのポイント・申し込み方法まとめ



バナー画像


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。