自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」

自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」のタイトル画像

子育てを楽にするアイデアツール発明家、楽々かあさんこと大場美鈴さんが『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法』を出版されました。子育てをがんばりすぎてしまうすべてのお母さんに贈りたい一冊です。今回はおすすめのアイデアツールから子育てを少し楽にする工夫、自分を大切にできるようになったきっかけなどについて伺いました。

Cdaacd4579aab31ed13db33f4299c0156fc9f43d37c4012df80ead49e7c983fb s
21641 View

うちの子専門家・楽々かあさん、明日役に立つ!120のアイデアツールをまとめた子育て本を出版!

発達ナビライターでもあり、Facebookやブログで子育て情報を発信し続けている楽々かあさん。2014年に公開された発達障害児への「声かけ変換表」の記事は、14万件以上シェアされ、大きな話題となりました。

楽々かあさんは、発達に凸凹(でこぼこ)のある3人のお子さんのお母さんです。子育ての中で試行錯誤しながら「子育てを楽にするノウハウ」を次々と編み出してこられました。
声かけ変換表の楽々かあさん直伝!子どもへの「声かけの基本」とは?のタイトル画像
関連記事
声かけ変換表の楽々かあさん直伝!子どもへの「声かけの基本」とは?
今、子育てに困っているお母さんに向けられたノウハウ本『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法』が発売されてから1年。待望の第2弾の書籍『大場美鈴/著『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法』2017年/刊/ポプラ社』が出版されました。
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
今回の書籍では、ちょっとした工夫で簡単にできるSSTや学校の先生とのやりとりのコツ、パニック・かんしゃくのときの対処法など、実践的で明日からすぐに役に立つ120ものアイデアを大公開。

そんな新著の発売を記念して、発達ナビ編集部がアイデアツール発明家の楽々かあさんにインタビューを実施しました。

楽々かあさんイチオシのアイデアツールから、3人の子どもの子育ての中でのご自身の変化、最近のお子さんの様子まで、たっぷりと語っていただきました。
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
楽々かあさん(大場美鈴)
1975年生まれ。うちの子専門家(専業主婦)。
美術系の大学を卒業後、出版社で医療雑誌の編集デザイナーとして勤務し退社。実父の介護経験を経て、結婚。3人の子宝に恵まれる。長男(小6)はASD+LD+ADHDで、通常学級から支援級に転籍。次男(小4)、長女(小1)はいくつか凸凹特徴のあるグレーゾーン。2013年より、Facebookなどで管理人「楽々かあさん」として、育児の傍ら、発達障害育児に役立つ支援ツールの制作と、日々の子育てのアイデアをシェア・情報発信する個人活動を開始。「声かけ変換表」がネット上で約14万シェアを獲得するなど拡散し話題となり、「AERA」「kodomoe」「東洋経済オンライン」「LITALICO発達ナビ」など、雑誌・ネットメディアに掲載多数。著書に『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法』、『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法』2017年/刊/ポプラ社』(大場美鈴:著、汐見稔幸:監修)がある。
※2017年5月1日現在
声かけ変換表で話題になった楽々かあさんって一体どんなひと?のタイトル画像
関連記事
声かけ変換表で話題になった楽々かあさんって一体どんなひと?

つくった支援ツールは200以上!子どもたちが楽しみながら学んでいける、ひと工夫

編集部(以下、編):いつも発達ナビでコラムを書いていただきありがとうございます。そして、新著の発売おめでとうございます!

楽々かあさん(以下、楽):ありがとうございます。どうぞ今日はよろしくお願いします。

:よろしくお願いします!楽々かあさんはこれまで数々のアイデアツールを発明されてきましたが、全部合わせるとどれくらいの数になるんですか?

:正確には覚えていませんが、前回の書籍で108、新著で120の子育て方法を紹介したので、単純に足し算すると228ですね。でも、失敗も含めてボツになったものもあるので、それも含めるともっとあると思います。子どもが学校に置いてきちゃったりとか、すぐに飽きられたりとか、無駄になっちゃったものが多いんですけれどね。

:すごい数ですね。支援ツールを作り始めるきっかけは何だったのでしょうか。

:きっかけというか…もともと手芸やおもちゃ作りは好きだったので、うちの子が赤ちゃんの頃から、ちょっとしたグッズはよく作っていたんです。例えば、お母さんが服を汚さずに赤ちゃんのお尻を洗うための布グッズとか。 

本格的な“支援ツール”と言えるものだと、「ポイント手帳」というのが一番最初の発明ですかね。子どものできたこと・がんばったことをノートに記して、ポイントをつけていって、ポイントが貯まったらお小遣いと交換できるというものです。
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
実際に使用していたポイント手帳
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
:この工夫は、子どもの発達障害に気づく前からなんとなくやっていたことなんですけど、やったことの成果やごほうびをわかりやすく「見える化」するというのは、実はうちの子に合ったやり方だったんだって、後で色々勉強してから知りました。支援の用語で言うと「視覚支援」ですね。

私は美術系大学でデザインや造形を学んでいて、もともとお絵かきも好きだったので、ビジュアル化する支援方法というのは自分の得意分野にも合っていて、良かったですね。

:学生の頃にデザインを勉強されてきたことが今でも活きているのですね。

:ええ、活かされています。

長男は大きくなってきましたが、ポイント手帳は今も使っています。最近は物欲がなくなってきたみたいなんですけど、やっぱりあると安心するみたいですね。小さい頃は、「シールがいくつ貯まるとガチャガチャが一回できるよ」とか、物々交換制にしていましたが、小学校になってからはおこづかい制にしました。交換したお金をしばらく貯めてから欲しいゲームやフィギュアを買うとか、お金は自分で好きなように使わせています。

:ちなみに何ポイントでいくらなんですか。

:以前は固定相場制でしたが、現在レートは変動相場制で調節しながらやっています。だいたい、その子の年齢に相応しい金額に収まるように設定していますが、「ちょっと稼いできたな」という時には微妙に調整したりしてます(笑)

:なるほど、変動相場制(笑) 

お子さんにとっては、ただやらされているという義務感ではなく、わくわく感をもって課題に取り組めそうで、いいですね。

:そうですね。なにより頑張ったのが「見える」のがいいのだと思います。

:たくさんのツールを作成する中で、何か生活で変化したことはありましたか?

:最初のうちは私が全部作ってあげていたけど、最近は本人たちと相談しながら作る物も増えてきたんですよ。本人に「こういうときにはどうしたらいいのかな」って考えてもらって、自分で支援ツールのアイデアを書いてもらうとか。作り方を少しずつ直伝している感じです。

:驚きました!自分で作ることができるようになってくるのですか。

:最初の頃から、お手本というか、目の前で失敗も含めて見せてきたので。

「あの頃はお母さんがこういうのを作ってたよね。この問題を解決するためにはどうしたらいい?」なんて言って、過去の例を出しながら自分で考えてもらっています。割と好きみたいですね、自分で考えるの。だから、ちょっとずつ自分で出来るように機会をつくっていってます。

最近は逆に子どもたちが私を支援してくれることもあるんですよ。長女はこないだ卒園したばかりですが、とてもしっかり者で、私が幼稚園の支度で細々としたものをすぐ忘れるので、それを絵を描いてリスト化してくれたりとかして(笑)
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
:長女さん、とてもたのもしいですね。お母さんがお子さんを支援するだけでなくて、お子さんもお母さんのことを支援してくれる、親子で互いにサポートしあっている姿が素敵だと感じます。これから成長してゆくのが楽しみですね。

空気が読めなくたっていいじゃない。思春期を乗り切る「TPOリスト」

:数ある支援ツールの中でこれぞ一番の自信作!っていうものは?

:最近のヒットはTPOリストですね。
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
:長男は空気が読めない子なんです。空気が読めないことも息子の長所の一つだと、私は思っているんですけどね。でも本人としては、言っちゃいけない悪口は何かとか、ある行動をしていいときと悪いときの区別がつけられないとか、困ることも多いみたいで。

だから、場面に応じてどんな振る舞いをして良いか悪いかを、プログラミングのような要領でリスト化したんです。作る過程でも、「どんな言葉で聞けばいいと思う?」って本人と一緒に確認しながら進めていきました。

:私も空気読めないので、欲しいです(笑)このカードはずっと増え続けていくんですね。

:長男は今年、6年生になったのですが、思春期に近づいてくるとより重宝するんじゃないかな。中学生くらいになると、空気の読み合いみたいになってコミュニケーションのハードルが高くなる時期ですから。

でも、人の都合を事前に確認するとか、イラっとした時にはどうやってスルーするかとか、処世術みたいなものなので。空気が読めなくたって、条件別に言葉で知っておいて実行できれば、それで十分だと思っています。

医療や教育の専門家はたくさんいるけど、「うちの子専門家」はあなただけ

自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
:お子さんに合った支援ツールをたくさん発明してきた楽々かあさんですが、プロフィールに「うちの子専門家」と名乗られるのは、そうした経験があってのことなんですか?

:あの肩書きは、自分の経験というだけでなく、育児に対する私の考えや願いも込められている肩書きなんです。一般の仕事の場合、どんな仕事でも10年やればプロの域になるかと思います。それと同じで、“お母さん業”も我が子のことに膨大な時間を費やしてるのだから、ある種のプロだと思うんです。だから、お母さんは「うちの子専門家」。

特に、発達障害傾向のあるお子さんだと、それだけたくさん手も時間もかかるので、毎日お子さんのことにエネルギーも体力も時間もお金も使って子育てしていると思うので。

もちろん私も、専門家の先生たちのことはすごく頼りにしています。だけど、お医者さんは体の専門家だし、カウンセラーさんは心の専門家だし、学校の先生は教育の専門家であって、ご自分の専門外のことも含めた、その子のすべてを見ることはできないんですよね。

お母さんは、我が子が生まれてから今日までの間ずっと、発達の凸凹に限らないその子の全部を見てきたので、その子の真の専門家だと思うんですね。 

今、親と学校の連携という言葉がよく聞かれますが、学校の先生がお母さんのことを「その子の専門家」として見てくれれば、そしてお母さん業が専業でも兼業でも「プロ」としてもっと認められれば、学校連携もうまくいくんじゃないかなって思います。

なので、この肩書きを名乗っているのは自分のことだけでなく、周りのお母さんや先生に対しての願いも込めてのことなんです。私がプロフィールに「うちの子専門家」と書くことで、この考え方がちょっとでも広まっていけばなあと思っています。

子どもの凸凹を大事にできると、自分のことも愛せるようになる

:空気が読めないことも息子さんの長所の一つだとおっしゃっていましたが、楽々かあさんは、お子さんの特性を常にポジティブに捉えられているように感じます。

:自分の特性がポジティブに活きるかネガティブに作用するかって、その人のコンディション次第だと思っているんですよね。だから、「声かけ変換表」みたいにポジティブに言い換えするとか、本人や周囲の人も凸凹をより良い方向に捉えて活かしていけるように、いい面と悪い面の両面見ながらも、ややポジティブ寄りの発信をするように心がけています。

:そのポジティブさは、楽々かあさんのもともとの性格から来るものなんですか?

:いえいえ、もともとの性格は全然楽天的じゃないんですよ。子どものときにはすごく真面目で内向的で不安の強い子でした。

こういう考えができるようになったのは、うちの子たちを育てていく中で、子どものできているところや「ここだけはできた」っていう、良い面に視点をフォーカスする訓練をしてきただけなんですよね。

やっぱり親っていうのはどうしても、子どものことを一生懸命考えれば考えるほど、できなかったことや続けられなかったことに目がいってしまうものですから。

たとえば遊園地とかに連れていくとしますよね。最初の2、3時間は楽しく遊べていたけど、帰ろうといった途端に子どもに泣かれて暴れられてしまうこともあります。そこまでの楽しかった時間は忘れて、最後は怒っちゃったことしか心に残らないし、それまで楽しかったのが全部吹きとんじゃうとか。

:子育てをする親御さんなら何度となく経験しそうなことですね…

:そうなんです。心がけているのは「それまでは楽しかったね」って、よかったところを見ることです。さっきの遊園地の出来事のように、たとえ途中でできなくなっても、できたところまでをちゃんと認めてあげるとか、気になることがあっても「これでオッケー!」とか「まあいいか~」とか、前向きな言葉を自分に言い聞かせながらやってますね。 

:なるほど…できたところまでをちゃんと認めてあげる。

:こういう考えができるようになったのは、子育てをするなかでの私自身の変化でもあります。

自分を好きならきっと、たいていのことはなんとかなるよ

自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
:お子さんがこれからどういう風に育っていったらいいなと思いますか?

:やっぱり、うちの子たちには自分のことを好きでいてくれていれば、とにかくそれでいいと思っていて。自分を好きでいてくれれば試行錯誤しながらも道を切り開いていけるし、たいていのことはなんとかなるよって気がするんです。

自分に欠点や苦手があったとして、その欠点を見ようともしていなければ、そもそも工夫をしようっていう発想も行動も生まれませんよね。でも、凸も凹も含めて自分のことを好きでいられれば、たとえ失敗してうまくいかなかったり、周りの理解が得られなかったりしたことがあっても、自分で世界を切り開いていけると思っています。

それに、自分を肯定的に捉えることができると、他人に対しても寛容になれると思うんです。多少こだわりが強くても、それも含めてお互いさまだねって。だから、他人との関わりという意味でも、まず自分を好きでいてくれることが大事。

:「凸の部分も凹の部分も愛おしく思えるようになれば世界を肯定的に見られるようになる」と書籍に書かれていたことと繋がりますね。

:欠点は「克服する」ばっかりに重点を置くと自分も苦しくなっちゃうので。工夫しながらうまく付き合うっていうのがいいかなって。欠点も長所も同じぐらい大事にできたらいいなと思います。

お子さんが無事に生きていることは、親御さんが「めちゃくちゃ」頑張ってきた証拠だから

:最後に、楽々かあさんの願いや夢があれば教えてください!

:正直、母親としては、子どもが生まれたときから「早く楽になりたい」の一心ですね(笑)まぁ、世の多くのお母さんがそうだと思うんですけど。

ただ一方で、"社会"に対して望むこととしては、発達障害対応が当たり前になるといいなってことですね。凸凹のある子を「普通」にしていくのではなく、さりげない配慮を受けられる環境が自然にあるといいなと。

そうすればうちの子たちも生きやすいし、私もここまで一生懸命発信しなくてもいいし(笑)。でも、待つだけでなく、子育てをする中で自分にできることを自分ができる範囲でやっていけるといいのかなって思ってます。

:「ちょっと頑張ったら本人ができるようになる」ぐらいの環境を整えていくのが教育では大切なのかなと思います。

:そうそう。ちょっと環境を調整したらできることってたくさんあると思うんですよね。ちょっとしたことで随分楽になる、そういうことが当たり前になっていくといいなって。

:おっしゃる通りですね。発達ナビの読者の方には同じような思いを抱いている方もおられると思います。何か、読者へのメッセージがありましたらどうぞよろしくお願いします。

:まさに本の扉のページに書いていることですね。これを伝えたいです。

ーどんなに療育を頑張っても、完璧な子にはなりません。
そして凸と凹はどっちも大事。合わせて一人の子です。今が100点からのスタートです。ー
:凸も凹も長所も短所も合わせて一人の子だし、完璧な子もいないし完璧な親もいません。親の理想通りの子も、子の理想通りの親もいないんです。子どもも親も、自分自身の長所と欠点の両方を大事にしてあげてほしいなって思いますね。

それは発達ナビの読者さんもそうで、今の100点を認めてあげてほしいです。発達凸凹の子育てをしておられるお母さんっていうのは、日常生活の基本的な部分がとてもハードルが高いのでね。

たとえば、普通に着替えさせる、身支度させる、家から園・学校に送り出す、宿題をやらせる、風呂に入れさせる、3食食べさせるとか。そういう日常生活の基本的な部分をこなすことがとてもハードルが高いので、まずそこに対して頑張ってきている自分のことを、ちゃんと認めてあげてほしい。

お子さんが健康に無事に生きてるだけでも、本当にめちゃくちゃ親御さんが頑張ってきた証拠なんですよね。まずそこに100点をあげてほしいなって思うんですね。

育児が大変だと、お母さんも自分のことが後回しになりがちだけど、例えば、あったかいご飯を食べるとかでもいいんです。おいしいものを食べて体をあたたかくして、そういうことでも自分を大事にできるんじゃないかなあと。

:「子育てをする親御さんが、自分で自分を大切にしてほしい」というメッセージはとてもあたたかくて、胸がじんとしました。

たくさんの方に楽々かあさんの言葉が届いて、発達凸凹の子育てをする親御さんがより前向きになっていくといいなと強く思います。今日は素晴らしいお話を聞かせていただきありがとうございました。

:ありがとうございました!
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
聞き手・書き手:田中千尋
取材:2017.3

好評発売中!

自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
自分を好きでいられれば世界を肯定的に見られる。うちの子専門家・楽々かあさんが伝えたい「今が100点」の画像
Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)
あの楽々かあさんでも失敗するの?!支援ツールNG集【特別公開】のタイトル画像
関連記事
あの楽々かあさんでも失敗するの?!支援ツールNG集【特別公開】
褒めるって難しい…?楽々かあさん直伝!子どもの自信につながる声かけのタイトル画像
関連記事
褒めるって難しい…?楽々かあさん直伝!子どもの自信につながる声かけ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
966429 view
2016/09/29 更新
NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えますのタイトル画像

NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えます

2017年5月16日にNHKが「発達障害プロジェクト」をスタート。1年間かけて複数の番組横断で、発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮...
発達障害のこと
125033 view
2017/05/17 更新
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのことのタイトル画像

生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと

NHKが2017年5月からスタートした「発達障害プロジェクト」。複数の番組横断で発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、...
発達障害のこと
71956 view
2017/05/22 更新
発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたことのタイトル画像

発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたこと

発達検査、療育、障害告知、進路、就労などなど、障害を持つ子どもの親は「選択」と「決断」の連続です。その中でも多くの方が1度は直面するのが「...
発達障害のこと
49480 view
2017/01/15 更新
「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もうのタイトル画像

「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もう

かつて東京都内の中学校で、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持っていた森薫(もりかおる)先生。2012年には学びリンク総合研究所所長に...
発達障害のこと
48740 view
2017/01/26 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。