「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。

「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。のタイトル画像

職場や学校、あるいはご自宅の近所に、障害のある方がやってきたら、あなたならどうしますか?そうした場面に置かれたときの、私なりの考えをお話しますね。

8290c5055a843370eb58974bc2b65c17878899bf5c915ce2b2bc87f9829674cc l
7605 View

問答: 「目の見えない人が、向こうから歩いてきたら?」私「とりあえず挨拶じゃね?」

「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。の画像
Upload By 鈴木希望
数年前、とある講座で
「向こうから目の見えない人が、杖をつきながら歩いてきました。あなたならどうしますか?」
という質問をされた。

私は、
「そうですね、とりあえず挨拶をします」
と返したのだが、そこで列席者の中から笑いが起こったのだ。
 
 
「どうして?向こうから知らない人が来たからって、特に何もすることないじゃん。強いて何かするとしたら挨拶じゃない?」
―笑われる理由が、心底わからなかった。すると講師の方は続けた。

「同じ質問をとある学校の生徒さんたちにしたんです。優しい方が多くて、手を引いてあげるだとか、行き先まで案内するなどの意見が出ました」

ああ、そうか、それが模範回答だったのかと思いながら聞いていたら、

「でも、目が見えないというだけで、その人が困っているとは限らないんですよ。だけど目が見えないということで、“この人は困っているはず”と無意識にラベリングしてしまう人が多いんですね」

あ。

うっかりというべきか、「偏見のない人」のような回答を私はしてしまっていた。

もちろん私はまるっきり偏見がない聖人などではない。「他人の要求なんて、はっきり言ってもらえないとわからないよ、エスパーじゃないんだし」と、自分の察せなさを正当化しようとぼやいているような人間である、というだけなのだ。

「障害があるのに頑張っている」うーん、それ必ずしもイコールかなぁ?

「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。の画像
Upload By 鈴木希望
側頭葉てんかんと発達障害があるということを明らかにしているからか、「障害があるのに頑張ってるね」というようなお言葉をしばしばいただく。

その度に私は、

「うーんまぁ、自分なりに頑張ってはいるなぁとは思うんですが、障害があるのにとか、それは関係ないんじゃないかという気がします」

…と、言いたい気分になりつつも、相手との関係性を考慮して「あーはい、そうかもしれません」などと曖昧に返したり返さなかったりしている。

いやね、「障害があるのに頑張ってるって、まるで障害の自認がなかったころは頑張ってなかったみたいじゃない!」とか抗議したいわけじゃないんですよ。なんて、誰へともなく頭の中で弁明しながら。

障害ゆえに頑張らなければいけないこともあるにはある。だからって、「障害」と「頑張る」が必ずしも結び付くわけではないよね、ということを言いたいだけなのだ。

でもそれを直接言ったもんなら、優しいお人からはこんな答えが返ってくるのだ。
「障害があると、そうではない人にはわからない辛さがあるんでしょう?だからやっぱり頑張ってますよ!」

ああ、まぁね、そうね。
感覚過敏とかね、ほんと辛い。確かにこれは、ない人にはわからない辛さだろうな。

とはいえ、「だから頑張ってる」にはならないと思うのよ。

障害には、そうでない人にはわからない辛さがあるように、障害のある私には、そうでない人ゆえの辛さはわからない。それ以前に、障害がない人だって頑張っているだろう。そして、どっちがより頑張っているかなんて比べようがない。

「あなたはかわいそうで不幸な存在」と、他人が決められるものなのか。

「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。の画像
Upload By 鈴木希望
障害を表明、あるいは他者に認識できる状態になった途端、人はかわいそうで不幸な存在に見えてしまうということなのか。

見えてしまうのは百歩譲って仕方ないとしても、本当にかわいそうで不幸なのかどうかは、本人が決めることなのではないかと思ってしまう。

もちろん、「かわいそうで不幸な存在として見られていたい」と感じている人もいる可能性があるので、「障害者だってみんな幸せなんです!」と主張する気はさらさらない。そこは個人の問題だから。

前項で述べた、「発達障害」と「頑張る」が必ずしも結びつくわけではないという話同様に、「障害」と「不幸」あるいは「幸せ」も、必ずしもイコールになるわけではない。

いろいろ偉そうなことを書きつつも、自分が全障害者の代表になんてなり得ないということはわきまえているつもりだ。

そして「障害者はかわいそうで不幸だ」とついつい断じてしまう人にも、やっぱりまぁ、それなりの事情があるのかもしれないので、

「えっと、本当に不幸かどうか確認…あ、そこまでしなくてもいいんですが、実のところは当人にしかわからないってことで」

と、やや弱腰の提言をしたい。

先回りの気遣いをする前に

こう言ってしまうのはなんだが、必要のない気遣いは持て余してしまうのだ。

例えば、自閉症スペクトラムを持つ私には軽度の相貌失認があり、人の顔と名前を一致して覚えることが困難だ。しかし、同じ自閉症スペクトラムでも相貌失認がない場合もあり、そうした方は「顔と名前を覚えるのが苦手」という前提で話を進められると、困惑してしまうのではないだろうか。

他にも、「お前、アスペだろ」という揶揄の言葉に傷付く当事者の存在もあるが、私などは揶揄と知りつつ「アスペだよ」と返してしまう人間なので気にならない。私を慮ってか、軽口を叩く友人を「アスペルガー当事者である鈴木に対して失礼だ」と厳しく制してくださる方がいて、焦ったことが過去にある。

「求められていない気遣いは、すべからく余計なお世話」と言いたいわけではない。手出し口出しをするのは、様子を見るとか、「困ることはないか」と問うてみるなど、まず気遣うべきポイントを探ってからでもきっと遅くはない。そう思うだけなのだ。

コミュニケーションなどは特に、双方のコンディションや相性、関係性によってOKとNGのラインが変わってくるから見極めが大切。そうなってくると障害の有無や度合いは関係ないということになり、「障害があろうがなかろうが人間。幸も不幸も人それぞれ」という、言ってしまえば陳腐な結論にたどり着いてしまう気がするが、まぁ実際そんなものではなかろうか。

冒頭でも述べたとおり、私は偏見を持たない人間ではないし、思い込みが激しい側面もあると自覚している。それだけに、「簡単にラベリングをせず、個をしっかり見て人と接したい」というのが願望であり、日々の目標。

難しいときもあるけれど、とりあえず、挨拶から頑張ろう。
相手に障害があろうがなかかろうが。
発達障害のある息子への言葉、1番傷つくのは「障害=○○」のタイトル画像
関連記事
発達障害のある息子への言葉、1番傷つくのは「障害=○○」
感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめのタイトル画像
関連記事
感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめ
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのことのタイトル画像
関連記事
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと
苦難も感動もない、平凡な「発達障害トーク」があっても、いいんじゃないかなってのタイトル画像
関連記事
苦難も感動もない、平凡な「発達障害トーク」があっても、いいんじゃないかなって
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
690697view
2016/09/29 更新
NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えますのタイトル画像

NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えます

2017年5月16日にNHKが「発達障害プロジェクト」をスタート。1年間かけて複数の番組横断で、発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮...
発達障害のこと
110177view
2017/05/17 更新
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのことのタイトル画像

生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと

NHKが2017年5月からスタートした「発達障害プロジェクト」。複数の番組横断で発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、...
発達障害のこと
56131view
2017/05/22 更新
聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は?のタイトル画像

聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は?

日常生活や学校・仕事に支障をきたすこともある聴覚過敏。周囲の人が気にしないような音が、耳を覆いたくなるほど気になってしまう。普段は気になら...
発達障害のこと
226954view
2016/07/12 更新
ICF(国際生活機能分類)とは?ICFの考え方からその活用法まで、分かりやすくご紹介します!のタイトル画像

ICF(国際生活機能分類)とは?ICFの考え方からその活用法まで、分かりやすくご紹介します!

ICF(国際生活機能分類)とは、人間の「生活機能」と「障害」を判断するための「分類」の方法を示したものです。人間の生活を障害の有無のみでは...
発達障害のこと
134464view
2017/01/31 更新

この記事を書いた人

鈴木希望 さんが書いた記事

”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになってのタイトル画像

”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになって

「好きこそものの上手なれ」なんて言葉があるけれど、本当かな?好きなら必ず得意になれる?不得意なら嫌いになっちゃう?そんなことを繰り返し考え...
発達障害のこと
3384view
2017/07/30 更新
順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?のタイトル画像

順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?

注意欠陥障害(ADD)の特性が目立ち始め、忘れ物常習犯のアホ男子化が著しい我が家の息子。彼の言動や担任の先生との会話から、「失敗しないこと...
進学・学校生活
21410view
2017/07/12 更新
アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言がのタイトル画像

アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言が

元気なお子さんの授業参観で、ヒヤヒヤすることのある親御さんはいらっしゃるかと思います。私も息子の参観日には冷や汗を流しているクチです。初め...
学習・運動
15956view
2017/06/30 更新
「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。のタイトル画像

「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。

職場や学校、あるいはご自宅の近所に、障害のある方がやってきたら、あなたならどうしますか?そうした場面に置かれたときの、私なりの考えをお話し...
身のまわりのこと
7604view
2017/05/28 更新
苦難も感動もない、平凡な「発達障害トーク」があっても、いいんじゃないかなってのタイトル画像

苦難も感動もない、平凡な「発達障害トーク」があっても、いいんじゃないかなって

親子揃って自閉症スペクトラム、おまけにシングルマザー。そりゃあ42年間生きてきて色々ありましたけれど、どうにも最近、「発達障害当事者枠」で...
身のまわりのこと
13408view
2017/05/08 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。