発達障害に関するお薬総まとめ!薬に期待されること、種類、副作用など薬にまつわること一挙紹介します!

発達障害に関するお薬総まとめ!薬に期待されること、種類、副作用など薬にまつわること一挙紹介します!のタイトル画像

発達障害の診断を受け、治療の一環として薬を処方される方も少なくありません。しかし、薬物治療と言うと不安もあるでしょう。この記事では、薬と正しく付き合っていくために必要な情報をまとめました。「発達障害の薬ってどんなものがあるの?」「服用する時にどんなことに気をつければいいの?」といった疑問についてもご紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
116763 View
目次 発達障害における薬物療法とは 発達障害のある人への支援で、お薬に期待されることは? 発達障害のある人に処方されるお薬の種類 発達障害のある人がお薬を服用するときの注意点は? 薬物療法と併せて療育的支援を行うことが大切 医療費の助成について まとめ

発達障害における薬物療法とは

発達障害の症状に対する治療法の一つとして、医師の判断によって薬が用いられることがあります。しかし、発達障害を根本治療する薬は現在ありません。そのため、発達障害で薬を処方する時は、発達障害の特性をなくすという目的ではなく、その症状を抑えることや二次障害を治すことが目的になっています。

薬を処方することは医師にしかできません。薬によっては、医師の中でも限られた一部の医師にしか処方することが許されていないものもあります。また、発達障害だと診断されたら、必ず薬を服用するというわけではありません。

医師の判断によって、必要に応じて薬を服用していくため、薬を処方されるタイミングで医師から薬に関する説明を受けることになります。

発達障害のある人への支援で、お薬に期待されることは?

この章では、発達障害のある人が、薬を服用することによってどのような効果が期待されるのかを紹介します。

現在では、発達障害のある人への支援方法の一つとして、薬物療法はある程度の効果があると考えられています。しかし、服用する上で気をつけなくてはならないのは、発達障害における薬はすべて対症療法であることです。

そのため、薬に期待されることは、発達障害そのものをなくすためのものではなく、発達障害の症状を和らげることになります。

主な発達障害を例に、どういった症状に対して薬を服用していくのか見ていきましょう。

◇自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラムを根本的に治療していく薬はありません。また、このあとで紹介するADHDの場合とも異なり、現在、自閉症スペクトラムの特徴である「社会性・対人関係の障害」 「コミュニケーションや言葉の発達の遅れ」「行動と興味の偏り」といった中核症状を直接軽くするような目的で薬が使われることはあまりありません。

しかし、自閉症スペクトラムに伴う以下のような関連症状に対しては、薬の効果が期待されています。

・かんしゃく
・こだわり
・不注意
・多動性/衝動性
・チック
・抑うつ気分
・睡眠障害 など
自閉症の治療法は?治療の具体的な方法、療育方法・子どもへの接し方のポイントを伝授します!のタイトル画像
関連記事
自閉症の治療法は?治療の具体的な方法、療育方法・子どもへの接し方のポイントを伝授します!
◇ADHD

ADHDでは、不注意・衝動性・多動性といったADHDに特徴的な症状そのものを緩和させることが期待されています。しかし、薬物療法でADHDを根本的に治療できるわけではなく、薬を服用しながら環境調整やソーシャルスキルトレーニングなどの療育を行っていくことで、困りごとを減らしていくことになります。

ADHDにおける薬物療法は、「ADHDをなくす」ためではなく、「社会生活や学業での困りごとを解消する」ための手助けをしてくれるものだと考えるといいのかもしれません。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?のタイトル画像
関連記事
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?

発達障害のある人に処方されるお薬の種類

発達障害の症状に対して効果があるかもしれないと考えられている薬は多くあります。日本では未認可であっても、海外では認可されている薬や、ADHDで用いられる薬が他の精神疾患のある人に対して効果が見られるようなケースがあります。

また日々、発達障害の薬は研究が行われており、オキシトシンなどさまざまな物質が薬として利用できないか調べられています。

数多くの薬がありますが、人によって合う薬と合わない薬もあり、副作用などもあります。現在のところ、すべての人に必ず効果があるような薬はありません。

そのため、薬物療法を進めるときは医師の判断のもと、その人の症状や状態を慎重に見ながら行うことになります。
オキシトシンとは?ホルモンの働き、自閉症スペクトラムの新薬開発に向けた研究動向などくわしく紹介しますのタイトル画像
関連記事
オキシトシンとは?ホルモンの働き、自閉症スペクトラムの新薬開発に向けた研究動向などくわしく紹介します
ここでは、自閉症スペクトラムやADHDの治療において認可されており、比較的用いられることの多い薬についてまとめました。

◇自閉症スペクトラム
小児の自閉症スペクトラムの易刺激性に対しては、リスパダール(リスペリドン)、エビリファイ(アリピプラゾール)といった薬が認可されています。易刺激性とは、自傷行為やかんしゃく、攻撃的になりやすいなどの性質のことです。これらの薬は、脳内の伝達物質のバランスを整える作用があります。

◇ADHD
ADHDに対しては、中枢神経刺激薬であるコンサータ、非中枢神経刺激薬であるストラテラ、インチュニブが認可されています。

それぞれの薬の詳細については関連記事を参照ください。
コンサータの効果や副作用は?ストラテラとどう違うの?ADHDのある人に処方される薬コンサータを解説!のタイトル画像
関連記事
コンサータの効果や副作用は?ストラテラとどう違うの?ADHDのある人に処方される薬コンサータを解説!
ストラテラの効果・副作用とは?ADHDのある人に処方される薬ストラテラを詳しく解説しますのタイトル画像
関連記事
ストラテラの効果・副作用とは?ADHDのある人に処方される薬ストラテラを詳しく解説します
また、コンサータと同じく中枢神経刺激薬であるリタリンは、昔は認可外ではありましたが、ADHDに処方される場合もありました。しかし、今ではADHDに処方されません。

リタリンとコンサータの違いについては、以下の関連記事内で詳しくまとめてあります。
リタリン(メチルフェニデート塩酸塩)とは?コンサータとの違いは?ナルコレプシーへの薬リタリンまとめのタイトル画像
関連記事
リタリン(メチルフェニデート塩酸塩)とは?コンサータとの違いは?ナルコレプシーへの薬リタリンまとめ

発達障害のある人がお薬を服用するときの注意点は?

薬を服用するときには、「副作用があるのではないか」や「本当に効果があるのか」など多くの不安がつきまといます。

そのような不安を解消するためにも、精神薬を服用する時には、医師と相談したり協力したりすることが必要不可欠です。薬の服用に関しては、具体的に以下のことに気をつけるといいでしょう。

1. 事前に、服用する薬について情報を得る

発達障害に処方される薬の多くは、対症療法を目的としたものです。そのため、服用する薬が具体的にどんな行動・症状を抑えるための薬なのかを知っておくことが大切です。主治医や薬剤師の方に薬について説明をしてもらったり、不明なことや不安なことは相談するとよいでしょう。

また、副作用と、副作用が起きたときの対処法も事前に理解しておくとよいでしょう。

発達障害に処方される薬の副作用として生じる症状のうち、早急に対処しなければいけないものはそれほど多くはありません。そのため、心配しすぎる必要はありませんが、急に発疹がでたり、呼吸が乱れたりしたときにどのような行動をとればいいのかは理解しておきましょう。

2. 薬の使用頻度を守る

薬の使い方を誤ると、重大な副作用が生じる可能性もあります。基本的に、医師の指示にしたがって服用するようにしましょう。

症状が軽くなったからといって、個人の判断で勝手に量を減らしたり服用を中止したり、逆に薬が思った通りに効かなかったからといって、勝手に量を増やしたりしてはいけません。

しかし副作用がひどい場合には、いったん服用を中止して医師に相談するようにしてください。

3. なにかあったらすぐに医師に相談するようにする

精神薬は、効果に個人差があることも多く、最適な量についてもバラバラのため、様子を見ながらその都度修正していく必要があります。副作用が見られる場合もあります。どんな些細なことであっても、なにか気になることがあれば医師に報告し相談するようにしましょう。

副作用として、次のような症状が見られることが多いため、このような症状に気を配っておくとよいかもしれません。

・食欲不振/食欲減退
・軽度な不眠症
・体重減少
・頭痛
・腹痛 など
また、薬を服用するときに気になることに、薬をいつやめるべきかということがあります。

児童精神科医の吉川徹先生は薬のやめどきについて発達ナビのコラムで以下のように述べています。

常にやめることを考えながらお薬を使う、というのがおそらく正解であると思います。減薬や中止のチャンスを常にうかがっていないと漫然とお薬を使うことになってしまいます。

・標的となっていた症状が改善してきたとき
・環境との不適合が小さくなってきたと感じられるとき
・他の支援がうまく回り始めたとき

などが、お薬を減らす・やめるチャンスです。

出典:https://h-navi.jp/column/article/35025846
発達障害の症状に、「お薬」は効果があるの? ―児童精神科医・吉川徹(7)のタイトル画像
関連記事
発達障害の症状に、「お薬」は効果があるの? ―児童精神科医・吉川徹(7)
薬のやめどきについても、医師と相談しながら決めていくようにしましょう。

上記や下記のコラムでは、薬のやめどき以外にも、発達障害と薬について詳しく紹介しているので参考にしてみてください。
発達障害と医療、新しい薬や治療法の情報をどう受け止めれば良い?-児童精神科医・吉川徹(10)のタイトル画像
関連記事
発達障害と医療、新しい薬や治療法の情報をどう受け止めれば良い?-児童精神科医・吉川徹(10)

薬物療法と併せて療育的支援を行うことが大切

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。