遅発性ジスキネジアの治療方法

現時点では、原因薬剤の中止・ほかの薬剤への変更・重症な時の不随意運動そのものへの治療の3段階があります。ですが、一度症状が出てしまうと治療が難しいと考えられているため、症状を出さないよう予防することが一番の治療ともいえます。

そこで、副作用として遅発性ジスキネジアを起こしづらい第二世代の薬剤で、自分の症状に合っているものはないか医師と十分に話し合うことが重要です。

また早期発見がとても重要なので、抗精神病薬を服用していて少しでも変化があるようであれば、かかりつけの医師に相談するようにしましょう

現在、治療が難しいと考えられているものの、抑肝散という漢方薬が遅発性ジスキネジアの治療に効果があるとの報告がいくつかあります。また、日本では2022年6月から「ジスバル®カプセル40mg」が遅発性ジスキネジアの治療剤として初めて承認され、新たな治療の選択肢が広がっています。
参考文献:渡辺昌祐編著、『遅発性ジスキネジアの臨床 』新興医学出版社 , 1991
https://www.amazon.co.jp/dp/4880025755
参考文献:中村雄作「特集ジストニアとジスキネジア 10遅発性症候群とは何か」Modern Physician Vol.37 No.6, P569-572, 2017
http://shinkoh-igaku.jp/mokuroku/data/M3706.html
小胞モノアミントランスポーター2阻害剤MT-5199の遅発性ジスキネジア患者を対象とした 国内第2/3相臨床試験開始のお知らせ(2017年7月27日発表)|田辺三菱製薬
https://www.mt-pharma.co.jp/news/assets/pdf/MTPC170727.pdf
堀口淳著、『遅発性ジスキネジアの薬物治療~抑肝散の投与工夫を中心に~』新薬と臨牀、Vo.65(7)、958-965ページ、2016年
https://www.iyaku.info/magazine/?id=1468206394-415517&sf=1&ca3=65

まとめ

抗精神病薬を長期服用することで生じる副作用「遅発性ジスキネジア」を解説しました。自分の判断で急に服用をやめると、かえって症状が悪化することがあります。そこで、もしかしたら遅発性ジスキネジアではないかと、心配に思う人は必ず医師に相談しましょう。

口唇と舌の不随意運動から症状がはじまることが多いようです。抗精神病薬を服用している人や家族は、顔の動かし方などに少し注意をしてみると良いかもしれません。

これまでの研究から、若い人には発症が少ないことが明らかになっていますので、服用しているからといって過度に心配しすぎないことも大切です。

また副作用を予防するために、副作用を発症する割合が比較的低いとされている第二世代の薬を選ぶことができないか、主治医に相談することも考えてみましょう。
うつ病の症状や原因、単なる気分の落ち込みとうつ病の違いや、発達障害との関わりについてまとめましたのタイトル画像

うつ病の症状や原因、単なる気分の落ち込みとうつ病の違いや、発達障害との関わりについてまとめました

気分障害・うつ病・双極性障害の症状や原因、気分障害などの診断基準を説明しますのタイトル画像

気分障害・うつ病・双極性障害の症状や原因、気分障害などの診断基準を説明します

統合失調症とは?症状や特徴、原因、治療法、薬などについて詳しく解説しますのタイトル画像

統合失調症とは?症状や特徴、原因、治療法、薬などについて詳しく解説します



バナー画像


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。