歩む道も6人6様?10年後…レンジャーたちは?ーーカラフルレンジャーついに最終話!

ライター:荒木まち子

10年後、カラフルレンジャーたちは何をしているのでしょうか?カラフルレンジャー最終話です。

10年後のカラフルレンジャーたちは…

自分の居場所を見つけ、それぞれが自分らしく過ごすカラフルレンジャーたち。10年後はいったいどうしているのでしょうか…?
10年後のカラフルレンジャーたち。赤ちゃんを抱くサシャ、父となったグリーン、研究者となったブルー
Upload By 荒木まち子
スイーツ店の店長となったピンク、趣味の鉄道を楽しむレッド、小説家になったブラック、ボランティアで世界を飛び回るイエロー
Upload By 荒木まち子
競走馬の騎手を続けている元・マジョリティー隊の隊長
Upload By 荒木まち子

執筆後記

ついに最終話となりました。


4年前、軽い気持ちで描いたカラフルレンジャーのイラストを当時社会人一年目の娘が気に入り

「私はブラックが好き!^ ^」
「レンジャーは何歳なの?」
「絵柄が古い(笑)」
「クリッピングって知ってる?」
「pixivやってみたら?」

など盛り上がりました。


折しも娘は学生から社会人へと環境が劇的にかわり、親子の関係にも大きな変化が訪れていたときでした。

もう親だけが娘を守る存在ではなくなる時期。でもまだ伝えたいことはあり…。

そこで私は、レンジャーたちを使って私の思いを娘に伝えてみることにしました。いわばカラフルカラフルレンジャーは私から娘へのラブレターみたいなものなのです(笑)。

連載中にパソコンが壊れ、それまでのデータ(最終話までの下書きも)全て消えてしまうというアクシデントもありましたが、何とか最後まで仕上げることができてホッとしています。

フルカラーの漫画は思いのほか大変で、終盤は張り紙をつくったりして自分を鼓舞しながら描いてました(笑)。
自分を鼓舞するための張り紙
張り紙はこんな感じ(笑)
Upload By 荒木まち子
荒唐無稽とも思われるカラフルレンジャーの連載にご協力くださった発達ナビ編集部さんと、最後まで読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました(^人^)

あ、でも番外編がまだ2話ほどありますので、そちらも、よろしくお願いいたします(^O^)/

執筆/荒木まち子
1話から一気読み!個性豊かなカラフルレンジャーの目が離せない毎日【カラフルレンジャー連載】のタイトル画像

1話から一気読み!個性豊かなカラフルレンジャーの目が離せない毎日【カラフルレンジャー連載】

ADHDとASD(自閉スペクトラム症)の7つの違い - 症状の比較と併存症状について【専門家監修】のタイトル画像

ADHDとASD(自閉スペクトラム症)の7つの違い - 症状の比較と併存症状について【専門家監修】

気になって仕方ない!小4のASD長男が繰り返すある行動。個性を受け入れたいけど我慢できない母の救世主は4歳の妹だった…!?のタイトル画像

気になって仕方ない!小4のASD長男が繰り返すある行動。個性を受け入れたいけど我慢できない母の救世主は4歳の妹だった…!?

ADHD息子を「褒めて伸ばす」なんて無理!と思ってたけど…。わが家が落ち着いた、自己肯定感を育てる関わり方のタイトル画像

ADHD息子を「褒めて伸ばす」なんて無理!と思ってたけど…。わが家が落ち着いた、自己肯定感を育てる関わり方

発達外来で反抗期の困りを相談!同席していた発達障害娘が「なんで悪口いうの!」とショックを受けるも医師の話で矛盾が解けて…!?のタイトル画像

発達外来で反抗期の困りを相談!同席していた発達障害娘が「なんで悪口いうの!」とショックを受けるも医師の話で矛盾が解けて…!?



バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。