ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状について

2016/01/18 更新
ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についてのタイトル画像

ADHDとアスペルガー症候群は似ている症状があるため、見分けることが難しいとされ、混同されることもあるようです。しかし、ADHDとアスペルガー症候群は異なる障害です。どのような違いがあるのか?合併症状がある場合もあるの?今回はこれらの質問に答えたいと思います。

発達障害のキホンのアイコン
発達障害のキホン
2717385 View
監修者井上 雅彦のアイコン
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
専門行動療法士
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
公認心理師
目次
  • ADHD(注意欠如・多動性障害)とアスペルガー症候群は違う障害
  • ADHDとアスペルガー症候群の症状の比較
  • ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い
  • ADHDとアスペルガー症候群は合併するの?
  • 障害の診断は簡単ではない

ADHD(注意欠如・多動性障害)とアスペルガー症候群は違う障害

ADHD(注意欠如・多動性障害)とアスペルガー症候群はどちらも「発達障害」ですが、それぞれ主症状が異なり、それによってニーズや支援方法も異なります。発達障害は大きく「広汎性発達障害」・「ADHD」・「LD(学習障害)」の3つに区分されています。発達障害の分類は下の図を見ていただくとわかりやすいです。

日本における発達障害の定義は発達障害者支援法によって決められたものであり、世界健康機関(WHO)の基準であるICD‐10(※)に基づくものです。一方、アメリカ精神医学会のDSM-5では「広汎性発達障害(PDD)」のことを「自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害(ASD)」と言うカテゴリーに分類されます。

※ICD-10について:2019年5月、世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が承認されました。日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。
発達障害の種類と概念図
発達障害の種類と概念図
Upload By 発達障害のキホン
DSM-Ⅳ-TRとDSM-5の発達障害分類の違い
DSM-Ⅳ-TRとDSM-5の発達障害分類の違い
Upload By 発達障害のキホン
ADHDには「多動性」「不注意」「衝動性」の3つの症状があり、原因はまだ明確にはなっていないですが、脳の前側にある前葉前野付近の働きの障害が関係していると考えられています。

アスペルガー症候群には「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」の3つの症状があり、自閉症と同じ自閉スペクトラム障害(ASD)の一種とされています。脳の前頭葉の下前頭回などの社会的な活動をするための脳の部位に機能異常があるといわれています。

では、ADHDとアスペルガー症候群の具体的な違いは何なのでしょうか?各障害の症状を詳しく説明し、違いを紹介していきます。
【アスペルガー症候群とは】3つの症状と相談先、活用できる支援を解説のタイトル画像

関連記事

【アスペルガー症候群とは】3つの症状と相談先、活用できる支援を解説

ADHD(注意欠如・多動性障害)の3つのタイプとは?のタイトル画像

関連記事

ADHD(注意欠如・多動性障害)の3つのタイプとは?

ADHDとアスペルガー症候群の症状の比較

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。