ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状について

2016/01/18 更新
ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についてのタイトル画像

ADHDとアスペルガー症候群は似ている症状があるため、見分けることが難しいとされ、混同されることもあるようです。しかし、ADHDとアスペルガー症候群は異なる障害です。どのような違いがあるのか?合併症状がある場合もあるの?今回はこれらの質問に答えたいと思います。

発達障害のキホン
2476635 View
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
目次 ADHD(注意欠陥・多動性障害)とアスペルガー症候群は違う障害 ADHDとアスペルガー症候群の症状の比較 ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い ADHDとアスペルガー症候群は合併するの? 障害の診断は簡単ではない

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とアスペルガー症候群は違う障害

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とアスペルガー症候群はどちらも「発達障害」ですが、それぞれ主症状が異なり、それによってニーズや支援方法も異なります。発達障害は大きく「広汎性発達障害」・「ADHD」・「LD(学習障害)」の3つに区分されています。発達障害の分類は下の図を見ていただくとわかりやすいです。

日本における発達障害の定義は発達障害者支援法によって決められたものであり、世界健康機関(WHO)の基準であるICD‐10に基づくものです。一方、アメリカ精神医学会のDSM-5では「広汎性発達障害(PDD)」のことを「自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害(ASD)」と言うカテゴリーに分類されます。
ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についての画像
発達障害の種類と概念図
Upload By 発達障害のキホン
ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についての画像
DSM-Ⅳ-TRとDSM-5の発達障害分類の違い
Upload By 発達障害のキホン
ADHDには「多動性」「不注意」「衝動性」の3つの症状があり、原因はまだ明確にはなっていないですが、脳の前側にある前葉前野付近の働きの障害が関係していると考えられています。

アスペルガー症候群には「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」の3つの症状があり、自閉症と同じ自閉スペクトラム障害(ASD)の一種とされています。脳の前頭葉の下前頭回などの社会的な活動をするための脳の部位に機能異常があるといわれています。

では、ADHDとアスペルガー症候群の具体的な違いは何なのでしょうか?各障害の症状を詳しく説明し、違いを紹介していきます。
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。のタイトル画像

関連記事

アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

関連記事

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDとアスペルガー症候群の症状の比較

ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についての画像
Upload By 発達障害のキホン

ADHDの症状

ADHDの主な症状は「不注意」「多動性」「衝動性」の3つです。それぞれを説明していきます。

■不注意
注意力を持続することができません。何かに長時間集中することが苦手で、忘れ物も多いです。
■多動性
じっとしていることができず、いつもそわそわと体を動かしていないと落ち着きません。じっと座っていることや黙っていることが苦手です。
■衝動性
何かを思いついたら考えずに行動に移してしまう。順番を守れなかったり、怒ると乱暴になって手を出してしまったりします。

アスペルガー症候群の症状

アスペルガー症候群の主な症状は「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」の3つです。それぞれを説明していきます。

■コミュニケーションの問題
会話能力は表面上は問題なくできるのですが、その会話の裏側や行間を読むことが苦手です。明確な言葉がないと言葉をそのままの意味で鵜呑みにしてしまう傾向があるため、人の言葉を勘違いしやすく、傷つきやすい面があります。他人と適度な距離感でコミュニケーションをとることが苦手です。

■対人関係の障害
場の空気を読むことに困難さがあり、相手の気持ちを理解したりそれに寄り添った言動が苦手な傾向にあります。そのため、社会的なルールやその場の雰囲気を平気で無視をしたような言動になりがちで、対人関係を上手に築くことが難しいです。

■限定された物事への興味やこだわり
興味やこだわりが強く、いったん興味を持つと過剰といえるほど熱中し、すごい集中力や記憶力を発揮します。法則性や規則性のあるものを好み、異常なほどのこだわりを見せることがあります。その法則や規則が崩れることを極端に嫌う傾向があります。一方、この特性は逆に強みとして活かすこともできます。

ADHDとアスペルガー症候群の症状の違いを理解していただいたでしょうか?以下では行動や場面別に二つの障害の違いを紹介します。

ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い

ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についての画像
Upload By 発達障害のキホン
ADHDとアスペルガー症候群の7つの大きな違いを、行動や場面別に説明します。

1. 対人関係

■ADHD
遅刻やうっかりミスなど、物事を忘れることが多く人を怒らせてしまうことがあります。しかし、アスペルガー症候群とは異なり、他人の気持ちを汲み取ることはできます。しかし、相手と適切なコミュニケーションをとりたいと思っていても、衝動性を抑えることができず、人が話している最中に、ついかぶせて喋ってしまうこともあります。

■アスペルガー症候群
他の人の気持ちを読み取ることが困難なため、失礼な態度や発言で怒らせてしまうことがあります。会話の細かいニュアンスや行間を読み取ることができず、会話のキャッチボールが苦手なため、対人関係を築くことに困難さを生じます。

2. 集中力

■ADHD
限られた興味のあることに対してものすごく集中することはありますが、不注意の症状がある場合には集中力を持続することが苦手です。

■アスペルガー症候群
興味があるものや好きなことに対してはこだわりが強いことが多いので、何時間でも集中して作業することが見られます。同じ行動を繰り返すことで安心感を感じている人もいるので、好きなものや規則性のあるものに関しては特に高い集中力を発揮することが多いです。
過集中とは?ADHDとアスペルガー症候群に見られる過集中の特徴と対策のタイトル画像

関連記事

過集中とは?ADHDとアスペルガー症候群に見られる過集中の特徴と対策

3. 仕事

■ADHD
不注意や衝動性の症状によるケアレスミスが多くなりがちで、仕事を先送りにして締め切りに間に合わないこともあります。計画的なタスク管理や、同じ作業をずっと続けることを苦手とします。

■アスペルガー症候群
作業の一部分にこだわってしまい、それに熱中しすぎてしまい他のことに手をつけられないことがあります。また、人の感情や言葉のニュアンスを読み取ることが困難なため、場の空気が読めなかったり暗黙の了解が理解できなかったりして困ることもあります。また、物事に優先順位をつけることが苦手で、一度に複数のタスクがあると混乱してしまうことも。

4. 計画的に物事を行う

■ADHD
ADHDの人は計画的に物事を行うことが非常に苦手です。場当たり的な衝動で行動を起こしてしまうため、スケジュールがあったとしてもそれに従うことが困難です。

■アスペルガー症候群
優先順位を考えたり、他者の意向をくんだりして計画を立てることは苦手ですが、規則性を好むため、計画的に行動を行うことは比較的に得意です。しかし、急なハプニングやスケジュール変更に対応することを嫌がり、困難を感じる人が多いです。

5. 整理整頓

■ADHD
忘れ物がとても多く、整理整頓は基本的に苦手な傾向があります。注意力が散漫になることが多いので、何かをやりっぱなしでほったらかしにしたり、片付けられないことが多いです。

■アスペルガー症候群
モノに対して強い好みを持つことが多く、モノを捨てることを極度に嫌がることがあります。また、散らかっている状態にしか見えない部屋も、本人とっては規則性があり、何がどこにあるかは分かっていることが多いです。

6. 運動

■ADHD
人によって個人差はありますが、基本的に運動に関して特に苦手ということはありません。

■アスペルガー症候群
体をうまく動かすことや、手先を使った細かい動きが苦手なことが多いです。さらに、人とのコミュニケーションに困難を感じることが多いので、チームスポーツに苦手意識を持つ人はいます。

7. 感覚の異常

■ADHD
合併症状がある場合もありますが、感覚に対するこだわりはアスペルガー症候群に比較すると少ないです。

■アスペルガー症候群
五感のうちの何かがとても敏感である「感覚過敏」が多く見られ、感覚に対する強いこだわりがある場合があります。例えば、服の肌触りや匂いがいつもの服と異なると、「この服は着ない!」と強いこだわりを見せることがあります。聴覚過敏のある場合、ザワザワした職場や教室で過ごすことに苦痛を感じる人も多いです。

ADHDとアスペルガー症候群は合併するの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
255624 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
661554 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
4367 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。