女の子の発達障害、思春期に起こる身体と心の変化とは?時期特有の悩みごとや、その対処法を説明します

女の子の発達障害、思春期に起こる身体と心の変化とは?時期特有の悩みごとや、その対処法を説明しますのタイトル画像

思春期は子どもから大人に移ろう時期。心身の変化に戸惑いを感じやすく、本人だけでなく、周囲の大人も戸惑い、不安な気持ちを抱くことが多くあります。思春期に起こる身体の変化は第二次性徴と言い、困りごとにも性差が出てきます。発達障害のある女の子にとって、特性による困りごとに加え、年齢ならでは、性別ならではの困りごとにも向きあい始める段階になります。

この記事では「思春期に起こる変化って?」「女の子の発達障害ならではの困りごとは?」といった、性や生理、交友関係の変化への対応などまでお伝えします。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
59588 View
5a9f9be3a4c4f2b420bb57b06f1121b9c3f754e5 s
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
目次 思春期は、子どもから大人への変化を遂げる期間 女の子の発達障害は、思春期に見つかることが多い 思春期の女の子に起こる体の変化とは 生理について。ナプキンの扱い方、どう教える? 発達障害の女の子にとって、思春期はなぜつらい?心に起こる困りごとにはどんなものがある? 女の子の性の問題に向き合う まとめ

思春期は、子どもから大人への変化を遂げる期間

思春期とは、子どもが大人へと移行する時期のことです。この時期には第二次性徴という体の変化が生じたり、異性への関心が育まれたりします。

始まる時期には性差があり、女子は9歳、男子は11歳くらいです。二次性徴が始まった年齢から18歳頃までの期間を一般的には思春期と呼んでいます。思春期に入ると、脳から生殖器に性ホルモンを分泌するような指令が届き、男性なら精巣、女性なら卵巣からホルモンが全身に分泌され、身体に様々な変化が起こり始めるのです。二次性徴とは、このように思春期の身体に起こる性的な変化の総称です。

第一次性徴とは、性別を決定する要素、つまり生まれてすぐわかる男女の性器にみられる特徴(精巣や陰茎、女性の子宮、卵巣)のことを指し、第二次性徴は、性器以外の身体の各部分において男女の違いが現れる変化を指しています。

女性の第二次性徴の例として、乳房の発達、丸みを帯びた体つきになる、初経(初めての月経)などがあります。これらの体の変化がいきなり自分の身に起こることで、子どもたちは「これは自分の体ではない」と違和感を感じることもあるかもしれません。

特に、発達障害や知的障害がある子どもの中には、突然の変化が苦手な子や、感覚過敏のため月経に生理的な嫌悪感を抱く子、それらの違和感をうまく表現できずに大きなストレスを感じてしまう子もいるでしょう。

つまり、思春期は子どもにとって身心に大きな変化と、それに伴う悩み事が生じる時期なのです。

次の章では、発達障害の女の子にとって思春期がどのような時期なのかを説明していきます。

女の子の発達障害は、思春期に見つかることが多い

女の子には「隠れ発達障害」が多い?

発達障害とは、認識や行動に特性があり、社会生活に支障をきたす状態にあることを言います。女の子は、男の子と比べて特性による困り感を抱えながらも発達障害と診断されない「グレーゾーン」の子が多いとされます。特性の出方には性差があり、相対的に、目立った問題行動が少ない傾向がある女の子の発達障害は気づかれにくいのです。

性差の背景には、発達障害で課題とされる「社交的な言動」は女性のほうが得意であること、女性のADHDは不注意優勢型が多いこと、などがあります。なぜ不注意優勢型は気づかれにくいかというと、周囲への攻撃や発散といった形で特性が現れる多動・衝動性と違い、「わすれんぼうな子」「ボーっとしている子」と本人の性格だと解釈されるため、問題なりにくいと考えられています。

女の子の発達障害は、思春期に見つかることが多い

このように、発達障害があることを見過ごされていた女の子でも、思春期に入るとその特性が目立つ場面が増えます。成長とともに変化する人間関係についていけなくなったり、周りとの違いが明らかになったりするのです。例えば、女の子同士の仲良しグループや、男女の役割分担など、暗黙の了解が必要なコミュニケーションなどで混乱してしまうことがあります。

さらに、この時期は自意識が芽生える時期でもあるため、それまで自分の特性に自覚がない子でも、自らの特性が気になり、悩むようになることもあるでしょう。

思春期という、自意識を育みながら成長する時期に他者との違いによって責められ、傷つく経験を重ねたり、特性に合った支援を受けられなかったりすると、症状の悪化や二次障害に繋がってしまいます。

次の章からは、思春期に起こる具体的な変化と、発達障害の女の子ならではの注意点や対処方法を説明していきます。
発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?のタイトル画像
関連記事
発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。のタイトル画像
関連記事
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像
関連記事
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

思春期の女の子に起こる体の変化とは

思春期に入ると、脳が生殖器にホルモンを出すよう指令を出し、生殖器が分泌した女性ホルモンが全身を巡ることで、女性らしい体への変化(第二次性徴)が起こります。

では、具体的にはどのような変化が起こるのでしょうか。

具体的な変化

具体的には、以下のような変化が起こります。変化が起こる順番や、その程度は人それぞれです。

・乳房が膨らむ
・丸みを帯びた体つきになる
・陰毛、わき毛が生える
・初経が起こる(後述)
・外性器・内性器(子宮・卵巣・腟・外陰部)が発達する
このような変化を受け、女の子の身体は大人に近づいていきます。皮下脂肪の増加によって疲れやすく眠くなりやすくなる、生理に伴う体調不良など、変化と共に訪れる不調や困りごとがあります。

これからは、体の成長に伴う発達障害の女の子ならではの困りごとと、その対処法を紹介します。

体の変化自体にストレスを感じる

思春期は”第二の誕生”と呼ばれるくらい、体に大きな変化が訪れます。この変化は、大人になる過程での自然な出来事ですが、大きな変化に戸惑いを覚える子どもたちも少なくないようです。特に、特性がある女の子は急な変化が苦手なため、強いストレスを感じることがあります。

また、身体つきの変化に伴い、日常で行うべき事柄が増えることも精神的負担になりえます。たとえば、ブラジャーを着ける、生理ナプキンを取り替える、などです。これらのことを事前によく知らずに変化を迎えた場合、対応が遅れ、拒否感や苦手意識に繋がることもあります。

さらに、感覚過敏が原因でブラジャーのワイヤーで締めつけられる感覚を不快に感じる、不器用さゆえにホックを上手に閉められない、などの困りごとも考えられるでしょう。

■事前準備で見通し不安を解決!
見通し不安がある子には、前もってこれから起こる変化の内容を伝えておきましょう。特性がある子どもたちは、いきなり変化する身体への違和感や、異常なのではないかという不安を感じています。

親しい立場にある大人の女性が、体の変化は自然の流れであること、順調な成長の証であることを伝えておきましょう。さらに「胸が膨らむ」「おりものがでる」「初経は茶・黒っぽい血が少しパンツにつく」など、変化の内容を具体的に説明できると、よりイメージを持ちやすくなります。

■子どもの感覚にあった下着を選ぶ
ワイヤー入りのブラジャーに違和感を感じる場合、ワイヤレスのブラジャーやカップつきキャミソールを試してみましょう。比較的締めつけ感が少ないため、ストレスを減らすことが期待できます。

不器用でホックが上手に扱えない場合は、シームレスタイプのブラジャーがおすすめです。また、母親や姉妹など、身近にいる女性が実際に着けるところを見せたり、いっしょに練習したりすることも効果的です。

羞恥心が理解しにくいために、トラブルが起きることも

思春期は、自意識が芽生え、周囲の目を気にするようになる時期です。自分という存在を他者の視点から考えるようになるため、想像力や社会性が育まれる時期とも言えます。

発達障害がある子どもの中には、自分の言動や容姿が周囲にどのような印象を与えるのか想像をすることが苦手、または興味がない子どもがいます。

本人の悪気はなくても、周囲から「距離感が近すぎる」「はしたない」と感じられる言動をしてしまうことがあります。その結果、同性から距離を取られる、勘違いした異性による性的被害に遭う、などの問題に繋がってしまう可能性があるのです。

■「マナー」「エチケット」はルール作りで明快に!
発達障害の子は認知に特性があるため、「公共のマナー・エチケットを守りなさい」「女の子らしく」などの抽象的な注意は理解が難しいでしょう。

なぜその行動をしてはいけないのか(周りの人を嫌な思いさせたり、誤解させたりした結果、自分がトラブルに巻き込まれることがあるから、など)を説明すると同時に、してはいけない行動と、対応する行動案を合わせて示してあげましょう。

行動単位で提案されることで、判断の難しさが軽減されます。ルールの例として、次のような項目が考えられます。
・男の人に触らない…男の人と話すときは腕1本分の距離を取る。
・人前で着替えない…どうしても服を脱ぎたいときはトイレか保健室、更衣室を使う。
・人前で性器、胸を触らない…どうしてもかゆみ、違和感などで触りたいときはトイレに入る。
・人前で性的な発言をしない… 発言したいときは、おっぱい→胸などの言い換えを利用する。


子どもたちは、一つひとつ教えられるうちにパターンとして整理できるようになっていきます。根気はいりますが、ぜひ、具体的な言葉で示すことを続けてみてください。

生理について。ナプキンの扱い方、どう教える?

生理は、思春期の女の子の体の変化でいちばん戸惑いやすいと言えるでしょう。この章では生理に関して発達障害の女の子にどんな困りごとが起こり、どうサポートするべきなのかを説明します。

生理(月経)とは

生理(月経)は「約1ヶ月の間隔で起こり、限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血」を指します。医学的な正式名称は月経ですが、生理という呼び方も一般的です。初めての月経のことを初経と言い、迎える年齢は平均12~13歳(小学校6年生~中学校1年生)です。

初経が起きる前触れとして、体の変化があります。急に身長が大きくなったり、胸が膨らみ始めたりしたら、いつ初経が来てもいいよう生理について説明し、生理用ショーツやナプキンを携帯させておくと安心です。

月経周期とは、月経初日から次の月経の前日までの日数を指します。25~38日が正常範囲ですが、思春期には多少のずれがあり、毎回周期がちがっていても心配する必要はありません。特に、初経を迎えてからしばらくは乱れがちなことが多く、周期が安定するには数年かかると言われています。

月経周期を把握すると、生理と関連した不調の存在を知ることに繋がります。生理に関連した不調では、月経前症候群(premenstrual syndrome)が代表的です。この症状は略してPMSと呼ばれ、月経開始の3~10日ぐらい前から始まる精神的・身体的な不調の総称です。

身体的な症状として、乳房が張る、痛む、乳首が敏感になる、頭痛、肩こり、腰痛、下痢、ニキビ、肌あれなど、不快感を伴う変化が起こります。

精神的な症状としては、イライラ、憂うつ感、不眠、眠気、過食などがあります。

このように、生理に関係して女の子の体はとてもデリケートに変わります。特に、発達障害の女の子は、特性によって独特な困りごとを感じることがあるのです。以下では、生理に関係する困りごとと、対処法を説明します。

生理特有の不快感を強く感じやすい

感覚過敏がある女の子の中には、生理中の蒸れ・かぶれ、ナプキンの肌触りに対する不快感をより敏感に感じる場合があります。

■生理用品を工夫して少しでも快適に
蒸れやかぶれに対しては、蒸れを軽減する生理用品(サニタリーショーツや布ナプキン、月経カップ、タンポンなど)を利用したり、こまめなナプキン交換を習慣化する、などで対処しましょう。かぶれが気になるときには、婦人科などで薬を処方してもらうことも可能です。

ナプキンを上手につけられない

不器用さや、順序立てた行動の苦手がある子は、ナプキンをつける手順がわからなかったり、正しくつけられなかったりという困りごとが起きます。

■視覚的なイメージに訴える
手順を知るには、周囲の大人の女性が実際につけ替えする場面を見せてあげることが一番効果があるでしょう。他にも、絵や図を使って視覚的なイメージに働きかける方法も効果的です。

■不器用さはつけ方の工夫で解決!
不器用でつけられない子どもには、比較的手順が単純な羽根なしのナプキンや、家でナプキンを2枚重ねにしておき、外でははがす手間を省く、などの方法が考えられます。

ナプキンのつけ替えを忘れがち

感覚鈍磨の特性がある子どもは、経血に気づかずナプキンをつけなかったり、蒸れやかぶれに気づかず、ナプキンをつけっぱなしにしてしまいます。

ナプキンをつけている下着の中は湿気がこもっていて雑菌が繁殖しやすく、皮膚炎や感染症につながる場合があります。

■「交換するタイミング」をルール化しよう
ナプキンを交換するタイミングをルールとして決めましょう。「1時間目、お昼休み、4時間目が終わった時に変える」など、具体的なタイミングを指定されているほうが意識しやすいでしょう。

ホルモンバランスによる体調の変化の影響を受けやすい

生理に関係する不調は生活習慣、メンタルの影響を受けやすいと言われています。発達障害(特にASD)の子どもは生活習慣が乱れやすく、ストレスも感じやすいと考えられています。そのため、月経不順や生理痛・PMSの重症化に気をつける必要があります。

■生活リズムを整える
ホルモンバランスを安定させるためには、規則正しい生活が必要です。そのため、起床・食事・入浴・就寝など、1日の中での出来事を同じ時間に行うように心がけましょう。

■月経周期を記録する
周期の乱れを判断する目安として前後およそ1週間ほどのズレが続くようでしたら、産婦人科に相談してみましょう。この時、生理周期の記録を持っていくと医師が状況を把握しやすくなります。

生理周期の記録の仕方としては、大人のサポートのもと生理開始日終了日にカレンダーにシールを貼る、生理日予測アプリを使う、などがおすすめです。

自身の月経周期を把握すると、月経周期に伴う体調の揺らぎのリズムをつかめます。体調不良が起きやすい時期に入ったら、激しい運動や夜更かしを控える、温かい食べ物を意識的にとるなど、自身の症状にあったPMSとの付き合い方を見つけていきましょう。

どうしてもつらいときは、低用量ピルという薬で症状を和らげることも可能です。気になるときは婦人科に相談してみましょう。

■体調が悪い時は無理をしない
生理に関係する体調不良は、精神状態に大きな影響を受けます。さらに、思春期の発達障害の女の子にとって、集団生活によるストレスや身体の変化に対する違和感から、より精神に負担がかかりやすい時期だと言えます。

そのため、本人がつらいと感じているときは無理強いせずに、休ませることも大切です。

発達障害の女の子にとって、思春期はなぜつらい?心に起こる困りごとにはどんなものがある?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。