発達障害のある子どもの「できた!」を増やす勉強方法は?特性による苦手を徹底フォローできる教材って?

2021/07/05 更新

字を読んだり書いたりするのが苦手、計算しているうちに混乱してしまう、落ち着いて座って勉強ができない、授業についていけずちんぷんかんぷん…。

発達障害の特性から、勉強が苦手になってしまう子どもたちがいます。

そんな子どもたちにとって「学びやすい教材」とは…?

発達ナビ編集部
18758 View
目次

勉強につまずきがある子、凸凹がある子に必要な学び方って?

すらら様
Upload By 発達ナビ編集部
お子さんの勉強について、こんな悩みはありませんか?

「字を読んだり書いたりするのが苦手で、宿題に時間がかかってしまう」(識字・書字の困難)
「計算したり字を書いたりするのがゆっくりで、授業についていけない」(処理速度の遅さ)
「習ったことをすぐ忘れてしまう」(ワーキングメモリーの弱さ)
「まわりに友達がいると、集中して勉強に取り組めない」(多動・衝動性)


発達障害がある子どもの中には、その特性による不得手な部分やこだわりなどから、勉強がうまくできず、勉強が苦手になったり、嫌いになったりしてしまうという子がいます。
でも、勉強への困難がある子どもも、自分に合った学び方ができれば力を伸ばすことができます。

例えばこんなサポートができる指導者がいたら…
■学年にとらわれず、子どもの実力に合った教材を用意できる
■つまずいているところに気づき、学びなおしができるようにする
■しっかり理解できるよう、スモールステップで教える
■勉強に集中できる環境をつくる


そんな子どもと親の声にこたえて開発された、オンライン学習教材があります。

対話型だから集中できる!難易度も理解度に合わせてAIが自動で調節

「すらら」は、オリジナルキャラクターを使った分かりやすい「講義」→豊富な問題数の「ドリル」→理解度に合わせて自動調整される「復習問題」という流れで学ぶことができるオンライン学習教材です。それぞれのステップで、発達障害のある子の困難を解消する工夫がちりばめられています。

特別な機材も不要で、自宅のPCやタブレットで学ぶことができるのも特徴です。

得意な教科は先取り!苦手な教科・単元は学びなおし!小学校から高校まで対応の「無学年方式」

すらら様
Upload By 発達ナビ編集部
苦手な教科や単元は学年の枠を越えてさかのぼれて、得意教科は先取りできる、無学年方式

例えば、中学数学の関数でつまずいている場合、小学校3年で習う割り算でのつまずきが原因のことも。学年をこえて基礎をしっかり身につけることで、次の単元の理解や応用力につながります。

集中力を補う「対話形式の講義」で、飽きずに学習ができる

すらら様
Upload By 発達ナビ編集部
先生役のキャラクターは、アニメなどで活躍する声優が演じています。だから講義は、臨場感たっぷり。

もちろん、ただ聞いたり見たりしていればいいのではありません。大切なポイントごとに先生が質問を投げかけてくるので、生徒は自分で考えたり答えたりしながら講義に取り組むことになります。適度な刺激で、集中力を保ったまま学ぶことができるのです。

ワーキングメモリーを補う多感覚学習

すらら様
Upload By 発達ナビ編集部
ワーキングメモリーが低いと、「あれ、次に何を解かなきゃいけないんだっけ」「暗算で出した数、忘れちゃった。もう一度計算しなおさなきゃ」など、問題を解いている途中で分からなくなってしまいがちです。

文字・音声・イラストを用いた「すらら」のドリルでは、次に何をすればいいのかなど、随所に解答に導くヒントが散りばめられ「あれ、なんだっけ?」とならない工夫がされています。

AI搭載型ドリルだから自分のつまづきポイントがわかる

すらら様
Upload By 発達ナビ編集部
AI搭載型ドリルには次のような特徴があります。

1つ目はシステムが自動判断する「つまずき診断」機能。学校の授業が分からない場合、そのつまずきの原因は既に習った範囲のどこかの理解が不足している可能性があります。すららは「解けない原因」を自動的に診断し「今必要な問題」を出題するため、つまずきを確実に克服しながら次の単元に進めることができます。
すらら様
グラフ化された小テストの結果。つまずいているポイントが分かります
Upload By 発達ナビ編集部
2つ目は、一人ひとりに合わせて出題する「難易度コントロール」機能。学力に応じて、出題される問題の難易度が変化します。「簡単すぎず難しすぎない」問題が出題されることで、適度な達成感を得つつ自信を深めながら学習を進めることができます。
すらら様
Upload By 発達ナビ編集部

保護者を支えるアドバイザー すららコーチ

発達障害のある子どもの「できた!」を増やす勉強方法は?特性による苦手を徹底フォローできる教材って?の画像
Upload By 発達ナビ編集部
「すらら」での学習は、オンライン教材だけでなく、経験豊かな現役の塾の先生がつとめる「すららコーチ」によるサポートが受けられるのが特徴です。

子どもと保護者の様子に応じて、週1回の頻度で、細やかに保護者とメールのやりとりを行い、家庭学習が軌道に乗るようにフォローをします。入会してすぐは電話でフォローする場合もあります。

発達障害がある生徒の場合、発達障害のある子どもの指導にも精通しているプロが担当するので、特性を理解したうえで、保護者を支えてくれます。

すららコーチの特徴は次の4つ!
1. 現役の塾の先生(アルバイト講師ではないプロの先生)
2. 発達障害の特性を理解した先生
3. 保護者と連携し、学習設計や進捗管理のサポートから学習における相談までのれる
4. おせっかいコーチ


特に、「おせっかいコーチ」ぶりが際立っています。コーチ側が生徒の学習履歴をすべて把握できるシステムなので、細やかに生徒の学習状況をチェックし、フォローできるのです。

■保護者が何も言わなくても連絡
■勉強量が少なければ、どんな様子で取り組めなかったのか心配し、アドバイス
■勉強量が多ければ先生が褒めていたことを子どもに伝えて欲しいと意欲の醸成を手伝う


発達障害があり、勉強に困難を抱えている親子ほど、周りに相談できず最後の頼みの綱としてすららに入会する人が多くいます。だから、すららコーチは受け身ではなく、常に「おせっかい」にサポートする姿勢を大切にしているのだそう。
※クリックすると、すららネットのページに遷移します。

「すららで勉強が好きになった!」自閉症スペクトラム・ADHDなど、発達障害がある3人のストーリー

書くのが苦手!教え方がバラバラだとパニックに!小学5年生 自閉症スペクトラムのある男の子の場合

発達障害のある子どもの「できた!」を増やす勉強方法は?特性による苦手を徹底フォローできる教材って?の画像
Upload By 発達ナビ編集部
■お子さんの特性
自閉症スペクトラム(ASD)。特別支援学級在籍。耳からより、視覚でとらえるほうが得意。短い指示で注意をするより、全体像を示してから説明したほうが理解ができる。

■困っていたこと
・プリント学習タイプの塾に通っていたけれど、鉛筆を握る力や手首の力が弱いために「書くこと」に困難があり、疲れてしまい、プリント量をこなせなかった。
・家庭教師と母親の教え方が違うと混乱し、かんしゃくを起こして勉強ができなかった。

■現在の様子(保護者の声)
すららを始めてからは、「書く」必要がないことで勉強のハードルがぐっと下がり、びっくりするほど安定して勉強に取り組めています。

また、理解の根っことなる部分をしっかり教えてくれるので、スモールステップで丁寧に進めていけます。重要なポイントはハイライトしてくれるので理解しやすく、どうしてもできなかったわり算の筆算も3桁以上になっても解けるようになりました。

すららコーチには、母親自身が支えられ、息子にも適切な対応ができています。また、すららには保護者ページもあり、子どもがいつ何を勉強したのかや、ドリルの正答率などを細かく見ることができます。毎日保護者用ページを確認するようにして、息子の学習内容をチェックし、勉強した日にはかならずほめるよう心がけています。きちんと見ている、寄り添っているという姿勢や、ほめることは、子どもの勉強への意欲を育むためにとても重要だと思っています。

低学年の単元からやり直し基礎を理解。ドリルをこなして解くスピードもアップ!小学6年生 ADHDのある女の子の場合

発達障害のある子どもの「できた!」を増やす勉強方法は?特性による苦手を徹底フォローできる教材って?の画像
Upload By 発達ナビ編集部
■お子さんの特性
ADHD(注意欠如・多動性障害)。通常学級在籍。言語性が高く、動作性が低い。

■困っていたこと
自習タイプの小規模塾に通っていたが、気が散ってしまい集中できなかった。主体的に自分で課題をすすめ、分からないところを先生に聞くというやり方が向いていなかった。

■現在の様子(保護者の声)
母親がそばで見守りながら、一人で学習しています。小学校高学年ですが、算数・国語は低学年の基礎的なところから始め、5年生の間に低学年の学習はほぼ終わらせました。わり算は苦手で、特に筆算は時間がかかりますが、何度もドリルを解いたおかげでだいぶ早くなりました。

学校の単元テストは、以前は30点ぐらいでしたが、今は60~70点取れるようになりました。作業スピードが遅く、時間切れで最後の問題までたどり着けなかったのが、今は最後まで解ききることができるようになったためです。

このまま勉強の癖をつけ、中学生までにはしっかり習慣づけたいと思っています

集中力がなく、家での勉強時間はゼロだった…!ADHDの小学6年生の男の子の場合

発達障害のある子どもの「できた!」を増やす勉強方法は?特性による苦手を徹底フォローできる教材って?の画像
Upload By 発達ナビ編集部
■お子さんの特性
ADHD。通常学級在籍。多動性が強く、勉強中にじっと座っていられなかった。また、ワーキングメモリーと処理速度が弱く、算数が特に苦手だった。

■困っていたこと
多動で落ち着いて勉強ができないため、家庭学習習慣がついておらず、算数のテストは10点を取るなど、基礎的な理解もできていなかった。

■現在の様子(保護者の声)
多動性が強いため、すららコーチのアドバイスで、講義は最小限とし、ドリル中心の学習にシフトしました。

成績があがることがモチベーションとなって大量の問題を解き、反復学習を続けたことで算数の解き方が身につき、さらにケアレスミスが激減。10点だった算数のテストで100点を連発するようになりました。

気になった方は、まずは資料請求や無料体験をしてみては?

発達障害のある子どもの「できた!」を増やす勉強方法は?特性による苦手を徹底フォローできる教材って?の画像
Upload By 発達ナビ編集部
国内外のさまざまな学校や塾などでも取り入れられている「すらら」は、勉強でつまずきやすい子どもたちのことを研究し、開発された教材です。自宅のPCやタブレットを使って取り組む、オンライン教材でもあります。

対応教科は、国語、算数(数学)、理科、社会、英語の5教科。小学校1年生~高校3年生までの学習内容を、無学年方式で受講することができます。

ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか?
※クリックすると、すららネットのページに遷移します。
イラスト:ひらたともみ

合わせて読みたい

発達ナビユーザーに聞いてみた。学年に左右されない『無学年式教材』の良さとは?のタイトル画像

関連記事

発達ナビユーザーに聞いてみた。学年に左右されない『無学年式教材』の良さとは?

不登校中に始めたオンライン学習。出席扱いの安心感と、毎日の学びから自信が生まれ再び登校できるようになるまで【発達ナビユーザーの声】 のタイトル画像

関連記事

不登校中に始めたオンライン学習。出席扱いの安心感と、毎日の学びから自信が生まれ再び登校できるようになるまで【発達ナビユーザーの声】

利用者40%が発達障害児の無学年式教材「すらら」保護者から絶大な支持を得ている「すららコーチ」も登場!【まなびフェスタレポート】のタイトル画像

関連記事

利用者40%が発達障害児の無学年式教材「すらら」保護者から絶大な支持を得ている「すららコーチ」も登場!【まなびフェスタレポート】

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビ編集部 さんが書いた記事

「障害がある孫には会いたくない」7年越しの帰省、パニックを起こした息子に祖父母は――発達ナビユーザー体験談のタイトル画像

「障害がある孫には会いたくない」7年越しの帰省、パニックを起こした息子に祖父母は――発達ナビユーザー体験談

【発達ナビではユーザーさんからの子育てエピソードを募集中!今回は「祖父母トラブル」についてのエピソードをご紹介します】 長男は現在小学2年...
自分と家族のこと
228004 view
2022/06/28 更新
「ぜったい発達障害!」思い込みが激しい義母、会うたびに娘への指摘が止まらず心が壊れそうになり…――【祖父母トラブル】発達ナビユーザー体験談のタイトル画像

「ぜったい発達障害!」思い込みが激しい義母、会うたびに娘への指摘が止まらず心が壊れそうになり…――【祖父母トラブル】発達ナビユーザー体験談

【発達ナビではユーザーさんからの子育てエピソードを募集中!今回は「祖父母トラブル」についてのエピソードをご紹介します。】 わが家の娘は現在...
自分と家族のこと
34320 view
2022/06/25 更新
発達特性がある大学生、支援に必要な「連携」をどうつくる?――中央大学教授・山科先生インタビューのタイトル画像

発達特性がある大学生、支援に必要な「連携」をどうつくる?――中央大学教授・山科先生インタビュー

中央大学では、このたび『キャンパスにおける発達障害学生支援の新たな展開(中央大学人文科研究所研究叢書)』をまとめました。 同研究チームの主...
進学・学校生活
2004 view
2022/06/22 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。