ASDとADDの凸凹結婚生活、正反対だから面白い!?わが家の場合

ASDとADDの凸凹結婚生活、正反対だから面白い!?わが家の場合のタイトル画像

実は私、去年結婚しました。自分は人づき合いも好きじゃないし人と一緒に生活するのもストレスを感じるので、一生結婚しないんだろうなと思ってきました。ところが、そんな私でも心が楽になれる相手が見つかり、結婚に至ったのです。

今回は、「自分ルール」がはっきりし過ぎているASD(自閉症スペクトラム障害)の私と、細かいことは気にしないADD(注意欠陥障害)の妻との結婚生活についてご紹介します。

凸庵(とつあん)
12685 View

発達障害の診断は、結婚の妨げになるのか?

そもそも私が発達障害の診断を受けようと思ったのは、数年前に当時まだ交際中だった妻がADD(注意欠陥障害)の診断を受けたことがきっかけでした。

妻は以前から、どれだけ準備しても忘れ物やうっかりが多かったり、ギリギリになるまでなかなか着手できなかったりで、私から見ても「努力ではどうにもならないさまざまな困難があるんだな」と感じていました。

そのため、妻からADDという診断を受けたと聞いたときも、驚きはなく、「しんどいところがあったら、自分が代わりにやるなり、やり方を工夫する相談に乗ったりするから言ってねー」と伝えたくらいでした。

その後、私もADHD(注意欠陥・多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム障害)という診断を受けました。妻にそれを話したところ、冷静に「やっぱりそうなんだ。感覚過敏とかあったりするの?」という話になりました。

つき合いが長かったこともありますが、日々、いろいろなことを話し合っていた私たちにとって、「診断」は関係を揺るがすようなものにはなりませんでした。実際、結婚するにあたって、改めて話し合うことも特にありませんでした。

ただ、診断を受けたことは、お互いのことをより考えるきっかけにはなりました。私が他の人も同じように感じているのだろうと思っていたことは、特性ゆえに感じていた困難だったことがわかったり、お互いが得意なことと苦手なことを知ったりすることができたのです。

異なる発達障害のある夫婦の日常生活は…?

そんなこんなで結婚した私たち夫婦の日常生活を人に話すと、笑ってもらったり驚かれることがよくあります。

ASD要素が強い私とADDの妻という私たちが日常生活でどんな生活をしているのかちょっとご紹介しようと思います。肩の力を抜いて読んでいただければ幸いです。

足の裏が気になる私とまったく気にしない妻

私は家の中を裸足で歩いていて、足の裏に砂粒や何かがつくと、とても気になってしまいます。そのくせ家の中では絶対に靴下をはきたくないので、裸足で過ごすことはやめられません。

足の裏に何かくっついたときには、違和感を感じた方の足が床につかないように、片足で跳ねながらゴミ箱のある場所まで移動してゴミをはらいます。家の中をケンケンして移動する私を見ると妻は笑いを堪えられない様子で「何やってるの?」と聞いてきます。

私は足の裏の違和感を説明しながら、せっせと通って来たところを掃除をするのがいつもの流れです。妻は私と違い、そんなことはまったく気にしないタイプ。ケンケンしているところを目撃されるたびに、笑われています。

ほんとにちょっとしたことなのですが、自分は他の人とここまで感じ方が違うものなのかと思い知らされました。

次々とものを捨ててしまう私とものをとっておきたい妻

この間の年末に、実家に帰省する準備をしていたときのことです。妻が困った様子で家の中をうろうろしていました。どうしたのか聞くと、「外泊用にとっておいた化粧品の試供品が全然見つからない!」と慌てていました。

私にはその試供品に心当たりがありました。というより、私がそれを捨てた張本人でした。何ヶ月も使われずにそのままだったので、使う予定がないと思ってしまったのです。悪気はなかったのですが、「あれは先月捨てたよ」と話すと、ちょっと気まずい雰囲気に…。

ものが多いということは、私にとってはそれだけで情報が増えて疲れてきてしまいます。そのため、必要なもの以外はこまめに捨てています。以前からの習慣だったので、つい妻のものも「使われていないものは不要なもの」と思って捨ててしまったのでした。まさか、妻にとっては必要なものだったとは。

「言わなくてもわかるだろう」という思いがお互いのどこかにあったのか、結果、うまくかみ合いませんでした。

それからは私も反省し、家の中を整理するときは、必ず妻に確認するようにして、むやみにものを捨ててしまわないよう気をつけています。お互いが困らないためのちょっとした意識づけです。

家から出ない私と外出が好きな妻

私は視覚・聴覚の過敏があるせいか、かなりのインドア派です。なので休日も、必要がなければずっと家の中にいます。一方妻は、外で活動するのが好きなタイプなので、ことあるごとに私と外出しようと誘ってくれます。

日によっては外に出たくないので断ることもあるのですが、妻が誘ってくれたからこそ、私ひとりでは行くことはなかったであろうイベントや興味深いお店を知ることができました。

特に、定期的に大きい展示場で開催されるアクセサリーやハンドメイドの即売会などは、初めて行ったときの衝撃が忘れられません。精巧につくられたアクセサリーや完全に自分の趣味でつくったと思われるマニアックな作品など、とてもディープな世界が広がっていて、興味深い体験になりました。

正直、誘われたときには、あまり乗り気ではありませんでした。どんなに楽しくても、しんどさはあります。会場は人もものも多いし、いろいろなところから音はするしで、いるだけでものすごく疲れてしまいます。

でも、こうして引っ張り出してくれたことで、自分の世界を広げてもらえたのは感謝しています。

一人ひとり違う人間、本来それは当たり前のこと。違うから、補い合える

こんな風に、全くタイプが違う私たち夫婦ですが、だからこそ一緒にいてとても楽しいと感じます。この間は、カーテンの柄を選ぶときに、妻が気に入ったものでも「柄が細かいからチラチラしてやだ」などと言って、悩ませてしまいましたが…。

素直に自分のことを言葉で伝え合い、お互いに助け合って生活することができています。

結婚しない人生を選んでいたとしても、私ひとりでは生きづらさを取り除くことは難しかったかもしれません。妻も妻で苦手なことがあります。そんなふたりでも、協力していけば、お互いの生きづらさをうまくフォローして、もっと生きやすくなると結婚後の生活から感じています。
ADD(注意欠陥障害)とは?ADHD(注意欠陥・多動性障害)との違いは何?ADDの症状、特性ならではの治療法をご紹介します!のタイトル画像

関連記事

ADD(注意欠陥障害)とは?ADHD(注意欠陥・多動性障害)との違いは何?ADDの症状、特性ならではの治療法をご紹介します!

ADHDの恋愛・結婚|ADHD特性ならではの魅力と恋愛での困りごと、 その解決方法をご紹介!のタイトル画像

関連記事

ADHDの恋愛・結婚|ADHD特性ならではの魅力と恋愛での困りごと、 その解決方法をご紹介!

私が自閉症の息子を冠婚葬祭に出席させたいと願う理由。初めての結婚式を経験して…のタイトル画像

関連記事

私が自閉症の息子を冠婚葬祭に出席させたいと願う理由。初めての結婚式を経験して…

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。