合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについて

合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについてのタイトル画像

2016年4月施行の「障害者差別解消法」により、一人ひとりの困りごとに合わせた「合理的配慮」の提供が行政・事業者に義務化されます。この記事では、合理的配慮の定義や考え方、具体的な事例を確認しつつ、障害のある方と周りの方々がどのように対話・協力をしていくべきかについてもご説明します。

D990b2a3ff09b474cc2076fa88ef2e5412399a25 l
133924 View
目次 1. みんな違って当たり前? 2. 合理的配慮とは?

1. みんな違って当たり前?

人はひとりひとり違った個性を持っています。どんな人々も個性を尊重され、過ごしやすい世の中になれば理想ですが、特定の個性や心身の症状を持っている人にとって生きづらい状況がまだまだ残っているのが社会の現状です。

そんな現状を変えていくために重要なのが、「合理的配慮」という考え方です。たとえ障害のある方であっても、適切な配慮を受けることができれば、自分の力をより発揮しやすくなり、日常生活や社会生活を営むことが出来るようになります。

日本で2016年4月1日から施行される「障害者差別解消法」によって義務付けが進む「合理的配慮」、その考え方と具体例、進め方を確認していきましょう

2. 合理的配慮とは?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

さわ さん
2017/02/04 23:12
私は当事者です。この間、友人に自分の伝えたい事を上手く伝えられなかったので、紙に書いて渡したら(筆談のつもりで)、どうして喋れるのに話さないんだ!と、言われてしまいました。
私は、カミングアウトの必要を感じないので、言っていません。
その方は発達障害ではありません。
あと私は相手に対して、こういうふうにしてもらいたい、と言った事はありません。
同じ発達障害の方に、こういうふうにしてもらいたい、と言われても上手く(きちんと)対応出来るかわかりません。
同じ発達障害でも色んな違いがあるからです。
そんなこんなでも、社会や世間は、普通に私達に「平等」や「普通」を要求してきます。
障害という言葉を無くして、変えた言葉にしよう、という動きもありますが、
変えた所で治るものでないのであって。
障害を障がい、と変えているのも同じ事で「はったつしょうがい」自体は、在り続ける訳です。

touko さん
2017/01/14 18:17
続きです。(2/2)
発達障害に特化したコミュニケーションの支援があればあればいいのにと思って。自治体に相談しても要約筆記や手話しか出来ないと言われました。こういったコミュニケーション支援が欲しいと具体的に伝えることが難しく断念しました。言えばやってくれるに違いないと期待してお願いしているなか、出来ないと聞くと落胆してストレスにもなるので次お願いするとまたストレスになる気がしてお願いすることを躊躇してしまっているのが現在です。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

『発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。』(LITALICO・新著のご案内)のタイトル画像

『発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。』(LITALICO・新著のご案内)

発達ナビの運営会社である株式会社LITALICOの代表、長谷川敦弥の新著『発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。』が発売...
発達障害のこと
21458view
2016/12/12 更新
ICF(国際生活機能分類)とは?ICFの考え方からその活用法まで、分かりやすくご紹介します!のタイトル画像

ICF(国際生活機能分類)とは?ICFの考え方からその活用法まで、分かりやすくご紹介します!

ICF(国際生活機能分類)とは、人間の「生活機能」と「障害」を判断するための「分類」の方法を示したものです。人間の生活を障害の有無のみでは...
発達障害のこと
14672view
2017/01/31 更新
障害者差別解消法とは?制定の目的や対象、支援体制などについてのタイトル画像

障害者差別解消法とは?制定の目的や対象、支援体制などについて

個々のニーズに合わせた「合理的配慮」という言葉を最近耳にしたという方がいるかもしれません。その「合理的配慮」を法的に定めたのが2016年4...
身のまわりのこと
7619view
2016/10/02 更新
「文字が書けない」ことは、息子の人生にとって何の障害になるのだろうかのタイトル画像

「文字が書けない」ことは、息子の人生にとって何の障害になるのだろうか

発達障害のある我が家の息子は、文字を書くことに困難がある「ディスグラフィア」という学習障害の診断を受けています。最初はとにかく「書けるよう...
発達障害のこと
16828view
2016/10/09 更新
手帳がなくても使える福祉サービス、しっていますか?のタイトル画像

手帳がなくても使える福祉サービス、しっていますか?

療育手帳や精神障害者福祉手帳に該当しないお子さんでも、受給者証を持つことで受けられる福祉サービスがいくつかあります。放課後等デイサービスを...
発達障害のこと
84438view
2016/02/22 更新

この記事を書いた人

鈴木悠平(発達ナビ編集長) さんが書いた記事

『発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。』(LITALICO・新著のご案内)のタイトル画像

『発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。』(LITALICO・新著のご案内)

発達ナビの運営会社である株式会社LITALICOの代表、長谷川敦弥の新著『発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。』が発売...
発達障害のこと
21458view
2016/12/12 更新
発達障害児童のための通級指導教師の増員に向けた署名キャンペーン、その背景は?のタイトル画像

発達障害児童のための通級指導教師の増員に向けた署名キャンペーン、その背景は?

先日、発達障害児童のための専門的な教員を増やすための、文部科学省に向けた署名キャンペーンがインターネット上でスタートしました。このコラムで...
進学・学校生活
29804view
2016/10/13 更新
モデル・栗原類、「発達障害(ADD)って、隠してたつもりはなかったんですけど笑」のタイトル画像

モデル・栗原類、「発達障害(ADD)って、隠してたつもりはなかったんですけど笑」

発達障害のひとつADD(注意欠陥障害)であることを公表し、自叙伝『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』を出版された栗原類さん。苦手...
発達障害のこと
113845view
2016/10/06 更新
「人生は徒競走ではなくマラソン」NHK発達障害特集へ寄せられた声のタイトル画像

「人生は徒競走ではなくマラソン」NHK発達障害特集へ寄せられた声

6/22(水)、NHKの「あさイチ」という番組の特集で、子どもの発達障害について取り上げられました。地上波の朝番組で発達障害が取り上げられ...
発達障害のこと
24121view
2016/06/25 更新
障害のある子の「個別カルテ」ってどういうこと?文科省に聞いてみたのタイトル画像

障害のある子の「個別カルテ」ってどういうこと?文科省に聞いてみた

障害のある子どもに対して、小学校から高校まで一貫した支援ができるよう、進学先の学校へも引き継げる「個別カルテ(仮称)」の作成を学校に義務付...
発達障害のこと
18416view
2016/06/02 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。