10. 就労における合理的配慮

働く場面における合理的配慮としては、事業者は、採用応募者や従業員に対して、以下の3つの観点から合理的配慮を行うことが求められます。

 ①採用/応募に関する配慮
  例) 募集内容を音声等で提供する、面接に就労移行支援などの支援機関職員等の同席を認める
 ②作業/職場環境への配慮
  例) 図示やメモで業務を分かりやすく整理する、サングラスやイヤホン着用を認める
 ③福利厚生/研修待遇などに関する配慮
  例) 出退勤時刻・休暇・休憩に関し、通院・体調に配慮する。研修に手話通訳を設ける。

働く場面や業務内容に応じて、具体的な配慮の内容は多種多様です。厚生労働省が職場における合理的配慮の指針を発表し、その中に具体例も掲載されているので参考にしてみてください。
■就労移行支援とは?
就労移行支援とは、ビジネスマナーやコミュニケーショントレーニングといった働くための基礎知識や能力を身に着ける職業訓練、職場探しや就職活動の支援など、就職まで一貫してサポートが受けられる福祉サービスです。

就職に不安をかかえている方向けに支援を行っており、就職活動をする際には、適切な合理的配慮の申し出ができるようなサポートもしています。必要に応じて、職員に面接同行をしてもらうことも可能です。

就労移行支援事業所を探す際には、複数の事業所を掲載した検索サイトなども参考にすることができます。
参考:LITALICO仕事ナビ 全国の就労移行支援事業所
https://snabi.jp/ikou
参考: 厚生労働省、「雇用の分野における障害者と障害者でない者との均等な機会若しくは待遇の確保又は障害者である労働者の有する能力の有効な発揮の支障となっている事情を改善するために事業主が講ずべき措置に関する指針」
https://goo.gl/0mfruJ
働く場面における合理的配慮を考える上で重要なポイントは、配慮を受ける本人が力を発揮し、活き活きと働き続けるためには何が必要か、を考えることです。障害のある方が適切な配慮を受けて活躍することができれば、一緒に働く人々や、雇用主である事業者にとっても働きやすい環境が実現するはずです。

11. 誰もが過ごしやすい社会を目指して

障害のある方に対する「合理的配慮」について、その背景や考え方、具体例を紹介してきました。今一度振り返りたい大切なポイントは、「障害」とは、その人と周りの環境との相互作用の中で生まれるということです。そして、その「障害」を解消するための「合理的配慮」も、障害のある方本人と、周りの人々や環境との関係によって変わってきます。

一人ひとりの個性を尊重しながら、人や場面に応じて、個別具体的に合理的配慮を考えていくこと。粘り強く、地道な対話や工夫が必要ですが、その先には、障害のあるなしにかかわらず誰もが過ごしやすい社会があるはずです。

2016年4月1日からの「障害者差別解消法」の施行によって、ますます注目が深まる「合理的配慮」、あなたもぜひ身近な人と一緒に考えてみてください。
まだ知らない人も多い「合理的配慮」を社会の当たり前にするにはのタイトル画像

まだ知らない人も多い「合理的配慮」を社会の当たり前にするには

4月からはじまる合理的配慮の義務化。学校と連携するコツは?のタイトル画像

4月からはじまる合理的配慮の義務化。学校と連携するコツは?

Twitterで集まった、みなさんの「合理的配慮」エピソードを一挙紹介!のタイトル画像

Twitterで集まった、みなさんの「合理的配慮」エピソードを一挙紹介!

障害福祉サービスとは?介護保険との違いは?支援の対象者、申請の手続き、審査基準、利用費を解説!のタイトル画像

障害福祉サービスとは?介護保険との違いは?支援の対象者、申請の手続き、審査基準、利用費を解説!

参考

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/law_h25-65.html
障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律 概要 
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/pdf/law_h25-65_gaiyo.pdf
障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai/kihonhoushin/honbun.html
合理的配慮 具体例データ集 「合理的配慮サーチ」
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/jirei/
障害者の権利に関する条約
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000018093.pdf
“Nothing About Us Without Us” (私たちのことを、私たち抜きに決めないで) の著者、デビッド・ワーナー氏に聞く
https://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/conf/091026_seminar/david_werner.html
文部科学省所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1364725.htm
インクルーシブ教育システム構築支援データベース インクルDB
https://inclusive.nise.go.jp/
国立特別支援教育総合研究所 発達障害教育情報センター
http://icedd_new.nise.go.jp/
近藤武夫 「障害のある人への合理的配慮とは」
https://maho-prj.org/2014PRJ/seminar/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E9%85%8D%E6%85%AE.pdf
合理的配慮への ICT 活用推進プロジェクト
https://www.microsoft.com/ja-jp/education/default.aspx
DO-IT School
https://doit-japan.org/program/school/
厚生労働省 障害者差別解消指針
https://goo.gl/WUC4eD
厚生労働省 合理的配慮指針
http://goo.gl/YpRBnv
改正障害者雇用促進法に基づく障害者差別禁止・合理的配慮に関する Q&A
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000123072.pdf


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。