放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり

ディードジュニア札幌

近隣駅: 元町駅、新道東駅 / 〒065-0023 北海道札幌市東区北23条東16丁目1番19号
電話で聞く場合はこちら 050-3138-6279

障害種別 発達障害 身体障害 知的障害
受け入れ年齢 小学生 中学生 高校生
専門スタッフ 保育士・幼稚園教諭 特別支援学校教諭 児童指導員
支援プログラム ソーシャルスキルトレーニング(SST) 学習支援 個別療育

地下鉄元町駅3番出口から徒歩30秒。青い看板が目印です。
実生活や進学・就職に役立つプログラムを豊富にご用意。「自分は何をやってももうまくいかない気がする」という方、大丈夫です。スタッフが皆さまと、共に歩み、共に悩み、共に学んでいきます。ほっこり、ゆったりな空間で皆さまの来所をお待ちしております。

支援のこだわり

プログラム内容
deed juniorは「未来につながる成長体験を」をコンセプトに、小学生~18歳前後の発達障がいの方でご自身の特性を生かしたい方、不登校の方などを対象として、就職や進路実現の準備をサポートする放課後等デイサービスです。「生きる力」につながる3つの力、「はたらく」「くらす」「つくる」の力を伸ばす豊富なプログラムを準備。また、グループ会社でのさまざまな就業体験もできます。一人ひとりの個性や希望に沿って、将来の方向性やそのために必要なことを一緒に見つけ、自分自身で考えながらチャレンジを積み重ねていくことを目指します。スタッフや仲間、学校や社会とつながりながら、成長し合い、自立をめざせる場です。
ディードジュニア札幌/プログラム内容
スタッフの専門性・育成環境
●スタッフ
常勤スタッフ4名
北大生スタッフ7名

学校教員や経営者、海外で働いた経験のあるスタッフ、スポーツ指導のプロフェッショナルなどなど...、人生経験も様々な個性豊かなスタッフ達です。
子どもから大人まで、お互いの個性を尊重し合い、共に学び合うことが私たちのモットーです。


●育成環境
グループ会社全体の勉強会を実施。社外の研修への積極的な参加。
ディードジュニア札幌/スタッフの専門性・育成環境
電話で聞く場合はこちら 050-3138-6279

利用者の声

現在、利用者の声はありません。

ブログ

ブログをもっと見る

在籍する専門スタッフ

保育士・幼稚園教諭 児童指導員 特別支援学校教諭
スタッフ紹介
市川
【出身】
埼玉県

【好きなこと・好きなもの】
キッチンに立つこと・お笑いを観ること・ホームセンター・文房具屋さん・コーヒー・納豆

【経歴】
 高校まで埼玉県で過ごし、東京の大学に進みました。大学院で人文科学の研究をしながら、関東の学童保育、東北被災地での教育支援に携わってきました。
 北海道の魅力、札幌の暮らし方、流行りのゲーム、学校の楽しいこと、嫌なこと、秘密なこと…、日々みなさんから教わりながら勉強する毎日です。明るく楽しい時間も、じっと思い悩む時間も、大切にしていきたいと考えています。

A. Takekawa
【出身地】
北海道

【好きなこと・好きなもの】
幼少の頃から好き嫌いがなかったことからか、海外に住んでからも食に困ったことはなく、体重は常に右肩上がりでした。
最近はNetflixの国内外の食に関するドキュメンタリーを観るのが楽しみです。
小さい頃から、日向ぼっこが好きで、ポカポカの陽射しはもちろんですが、夏場のジリジリした感じも大好きです。

【経歴】
23歳の時に日本を飛び出し、台湾へ。仕事をしながら、台湾から中国の華南地方に移り、10年以上住んでいました。どんなときでも、感謝の気持ちと笑顔を忘れないことが私のモットーです。

前田
【出身地】
大阪府

【好きなこと・好きなもの】
音楽鑑賞、読書、身体を動かすこと

【経 歴】
会社員と競技選手・指導に従事。大学競技の指導、幼稚園で幼児教育を学び、ディードサポート(株)へ入社。現在、大学院で心理学を勉強しながら、大学競技を指導。

田崎 
【出身地】
東京都

【時間があれば】
美術巡り、散歩、書道、おもしろいモノ・コト探し。読書。

【大切なこと】
正直、正義。地産地消のごはんとお酒で健康第一。

【経歴】
仕事:テレビ局、金融、出版、NPO、航空、運輸等を経て教育業界(大学教員)へ。
人材育成・キャリア研究に携わり「働く・学ぶ」の理論と実践をつなげる毎日を送る。
現在、北海道教育委員会産業教育審議会委員。
学業:教員養成大学卒、北海道大学大学院教育学院博士課程(教育学・職業キャリア教育論)修了。小・中・高・特別支援学校教員免許。
今:ひとり一人の人生に寄り添い「笑い、悩み」と少し「支援」中。

イラスト作成:炭水カブツォーネ
【作成中】

丹田 ≪①好きなこと ②好きな言葉 ③朝ごはん ④譲れないこと ⑤皆さんに一言≫
①【ゆっくり動く。ゆっくり食べる。ゆっくり過ごす。】
牛を眺めるのが小さいころから好きでした。一日中眺めていても飽きません。前世は牛だったのかも知れません。
他には、雲を眺めることにも幸せを感じます。
雨の日に窓からぼーっと外を眺めているのも癒されます。
②【人生無駄なし】
③【味噌汁必須】
④【タートルネック】
⑤小学校・中学校での教員経験があります。一人ひとりには計り知れない良さや可能性があることをたくさんの子ども達に学びました。小さくとも新しい一歩やきっかけになるような歩みが一緒にできたらと考えています。
素敵な出会いをお待ちしております。

代表 ≪①好きなこと ②好きな言葉 ③朝ごはん ④譲れないこと ⑤皆さんに一言≫
三人兄弟の末っ子。怒られている二人の兄を見て、どうすれば怒られないかを習得。「相手の喜ぶことをする」が身につき、それが心地よい性格になる。自分のためではなく、相手のために行動することが好き。でも突き詰めると「自分のため」なのかも知れません…。
②【繁栄原則】
正直・誠実・感謝・奉仕・謙虚・良心
③【パンとコーヒー】
④【綺麗なトイレ】
⑤命尽きるまで携われる仕事を模索していく中で、この仕事にたどり着ました。老害にならないように柔軟な発想を心がけています。これからの時代を担う方々の力になることができればと考えています。新しい風を待っています。

施設からひとこと

将来、何をしたいのかよくわからない方、何をやってもうまくいかない気がする方へ
deed juniorでは、たくさんのプログラムを用意しています。「とりあえず」で大丈夫なので、一緒に色々と挑戦してみませんか??ここでは安心して失敗していただいて大丈夫!!『どうして失敗したのか?どうしたらいいのか?次はこうしてやってみよう』の流れを大事にします。失敗を繰り返して学んだことは一生の宝物です。スタッフ一同が皆さまの背中を支えながら一緒に歩んでいきます。

※たくさんのプログラムについてはHPを参照して下さい ➡ https://d-junior.com/

地図

〒065-0023 北海道札幌市東区北23条東16丁目1番19号
ディードジュニア札幌の地図
お問合せ受付時間
11:00 ~ 19:00
11:00 ~ 19:00
11:00 ~ 19:00
11:00 ~ 19:00
11:00 ~ 19:00
10:00 ~ 16:00
祝日
長期休暇 10:00 ~ 18:00
備考 2022年1月現在です。
※ 療育時間は、直接事業所にお問合せください

施設詳細情報

住所 〒065-0023
北海道札幌市東区北23条東16丁目1番19号
URL https://d-junior.com/
電話番号 050-3138-6279
近隣駅 元町駅・新道東駅・環状通東駅・東区役所前駅・栄町駅
障害種別 発達障害・身体障害・知的障害
受け入れ年齢 小学生・中学生・高校生
専門スタッフ 保育士・幼稚園教諭・特別支援学校教諭・児童指導員
支援プログラム ソーシャルスキルトレーニング(SST)・学習支援・個別療育
送迎サポート 外出時に同伴者が必要な場合、または本人が自力での通所に自信がない場合は、公共交通機関や車両での送迎サポートを行っております。

詳細はご相談下さい。
料金 ご利用料金の他に、プログラムによっては実習費や教材費が別途必要となります。保護者様の収入に応じてご利用料金は異なります。札幌市の場合、生活保護受給世帯・市民税非課税世帯は負担金0円、課税世帯は月額4,600円まで(年収900万円以上の世帯は月額37,200円まで)です。
現在の利用者
(年齢別)
小学生:4名
中学生:7名
高校生:9名
【2022年7月現在の空き状況】
 ・ご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。
 ・体験や見学も随時、受け付けております。
電話で聞く場合はこちら 050-3138-6279
施設アイコン

この施設の近くにある施設


掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。