1つの遊びにすぐ飽きてしまう 2cdc1cb3a12b7fa8b1571313dcc200fa629e18e5 l

すぐに遊びに飽きて、違うことをしている場合もありますよね。

子どもは遊びを通して集団のやりとりやルールなど実に多くのことを学びます。

少しずつお子さんが同じ遊びを続けられる工夫を紹介します。

2138 view

「ここでは、この遊び」という風に、場所で遊びを取り決めておくと、注意が散漫なり、次々遊びに手を付けてしまうことを防ぎます。

また、「遊びを変える時には場所をかえる」と、切り替えの練習にもつながっていきます。
1 お子さんの遊び場所を3つほど決めましょう 1つは床に寝ころんで、
1つは床に座って机で遊ぶ
1つは椅子に座って高い机で遊ぶ、

など、遊びの内容だけでなく、お子さんがとる姿勢に違いがあるとよいでしょう。
2 場所ごとにどんな遊びをするか決めておきましょう
場所ごとに遊び活動を決めておこう!の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
床の上ではパズル、机は色塗り、椅子と机では積み木、など場所ごとに遊びを変えましょう。

3 お子さんに「どこで遊ぶ?」ときいて、好きなおもちゃのある場所に行ってもらいましょう
場所ごとに遊び活動を決めておこう!の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
4 何度か決められた場所での遊びに慣れてきたら、提案してみましょう
場所ごとに遊び活動を決めておこう!の画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
大人の方から「次は、床で遊ぼう!」などと提案します。
One point icon ワンポイント
いろいろなものに興味があることは良いことです。 1つの遊びを無理やり集中させてやるのではなく、どこまで遊んだらおしまいになるかを伝えつつ、違う遊びをしたいときにはそのように自分で伝えることを学んでいきましょう。
Tedate icon ほかの工夫
Kansyu icon 監修者
Cc6f6ede7b271915dba0f43119e441804a648724 s
野口あきな 先生
インクルーシブ教育研究者 LITALICOジュニア スーパーバイザー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
『幼稚園・保育園』TOPへ戻る >