着替えに時間がかかる、出来るのになかなか自分から取り組まない

「着替えに時間がかかって今朝も幼稚園バスを逃してしまった……。」ということはありませんか?
1人で服を脱ぎ着することはできるけれど、「モチベーションがない」「集中できない」などで、なかなか着替えが進まないこともあると思います。
そんな時に、着替えをスムーズに行うための工夫をご紹介します。

18937 view

着替えはお子さんにとってつまらない動作になっているかもしれません。

着替えて次に何をするのか、など最初に伝えてあげましょう。
1 着替えの次の出来事を伝えてあげましょう
「着替えるのは面倒、つまらない…」もしかしてそんな風に感じてるのかな?と思ったらの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ただ「着替えて!」ではなく、
「着替えて公園にいこう!」など次の予定を伝えてあげましょう。
ほかの工夫
監修者
高畑 脩平 先生
白鳳短期大学 リハビリテーション学専攻 作業療法学課程 講師 奈良教育大学特別支援教育研究センター 研究員 奈良県障害者総合支援センター 作業療法士
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『身辺自立』TOPへ戻る >