挨拶が自分からできない

せっかく近所の人に「おはよう」と言われても、うちの子はスルー…ちょっと気まずい。
そんなことありませんか?
合言葉を使って自然に挨拶ができるように練習しましょう。

6844 view

あいさつをテーマにした本はたくさんあります。
絵本を音読しながら、絵に描かれた状況を見てイメージと一緒に覚えてみましょう。
絵本を読みながら、挨拶の場面でお子さんに語りかけてみましょう
あいさつって何?どうやってやるの?を教えていきたいときの工夫は…の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
絵本を見ながら「ひよこくんおはよう、Aくんもおはよう」などとお子さんに語り掛けてみましょう。

言葉のマネができたら「上手に言えたね」と褒めてからページをめくるようにしましょう。
あいさつって何?どうやってやるの?を教えていきたいときの工夫は…の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
あいさつ いもとようこ著・イラスト 絵本を読んだ後に、ごっこ遊びなどで挨拶の場面を取り入れてみましょう 「ひよこくんもおはよう、って言ってたね」と絵本のシーンをヒントにするのも良いでしょう。

「挨拶は?」と促すよりも「おはよう、は?」など具体的なフレーズで促す方が良いでしょう。
ワンポイント
大人が「ありがとう」というお手本を見せる場合には、とびきりの笑顔で言ってみたり、「ごめんね」のときには申し訳ない顔をしてみたり、表情や声のトーンも合わせてお手本をしてみると、お子さんはより覚えやすくなるでしょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 公認心理師 専門行動療法士 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >