困ったときに自分から聞けない・困ったことを説明できない

困ったときや何か分からないときにお子さんから発信がないときは、お子さんが言いづらい場合や、不安や緊張で固まってしまっている場合があります。大人側がフォローをしてお子さんが安心して困りごとを伝えられるようにしましょう。

11177 view

困った時に助けを求めたり、相談できることは大人になってからも、最も大切なコミュニケーションスキルです。
まずは、困った時に助けてもらってよかったという経験を増やし、自分から聞けるようにするための動機づけを高めていきましょう。
お子さんが困っているときに、再回りして「困っている」という状況を口に出して一緒に確認しましょう
困っているときに、「相談する」という方法を知らないのかな…?と思ったらの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
困っているときに、「相談する」という方法を知らないのかな…?と思ったらの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
先回りして「◯◯くんは、ーーで困っているんだね」などと状況を汲み取り言葉にしましょう。

今後「ーーで困ってるから、やって」などお子さんが他者に相談するときのフレーズや、状況説明のフレーズに繋がっていくので、積極的に耳に入れていくことが大切です。

お子さんが「うん」と困っていることを共有してくれたら「教えてくれてありがとう、そういうときは『やって』だよ」などと簡単な相談・要求のフレーズを伝えましょう。

最初から自分で助けを求めることを課さずに「こうすればいいんだ!」とわかる、「相談・要求すると助かる」という経験をしていくことが大切です。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >