単語は言えるけど文章にならない

「ママ」や「ごはん」などの単語は話せるようになったけれど、文章にして伝えることが難しい場合もありますよね。

言える言葉の数を増やしながら、少しずつ長くしていくことが大切です。

13405 view

文章のパーツとなる単語をたくさん覚えていきましょう。

使える単語が増えてきたら、「いちご、バナナ」のように一度に2、3個の単語を並べて言えると、文章に近づいていきます。
1 お子さんが言える単語の絵カードやアイテムを2つ並べて提示します
単語でのやりたりは慣れてきたけど、会話の語数が増えていかないな…そんなときに出来る工夫は?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「いちご」「バナナ」2つを用意し、
「◎◎くん、これなに?」と聞きながら一つずつ指でさしましょう。

2 大人が1つひとつ指さしながら、「いちご」「バナナ」と続けて言う見本をしてみましょう
単語でのやりたりは慣れてきたけど、会話の語数が増えていかないな…そんなときに出来る工夫は?の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
この時、指と言葉を同じタイミングにすると、
お子さんは「1つひとつ言えばいいんだな」と理解がしやすいでしょう。
3 お子さんが自分で言えるように、挑戦してみましょう
単語でのやりたりは慣れてきたけど、会話の語数が増えていかないな…そんなときに出来る工夫は?の画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「これなに?」と聞いたあとに
大人はすかさずアイテムを1つひとつ指さしましょう。

お子さんが大人の指さしに合わせて「いちご」、「バナナ」と言えたときは「2つも上手に言えたね!」ときちんと褒めてあげましょう。

また、お子さんが言い出せないときは、「いち…?」など出だしはサポートしてあげましょう。
ワンポイント
この練習では、お子さんが日頃から無理なく使用できている単語だけを使いましょう。 また、トレーニングになりすぎないよう、 おままごとやお店やさんごっこなど遊びの中で取り入れてあげましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >